「呼吸が浅い」について

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

メダカの水槽にヒーターを入れたんですが、メダカ達がとても活発に動き出しました。

私としては、水槽の掃除のために手をつっこむのが楽になって良いです。

それから、明日、メルマガ配信日です。

Q&Aは下記です。

1.なんでもQ&A

Q1 奇跡の連続は日頃の行いが起こすの?

Q2 前進ガバイ呼吸法をすれば優柔不断は治りますか?

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

私は前進ガバイ呼吸法という変なネーミングの呼吸法を教えてるわけですが、当然ながら、お客さんの相談の中で一番多いのが、「呼吸」についてです。

次に多いのが「気力を上げたい」ということでしょうか。

呼吸というのは、私たちが生きるために必要なことであり、寝ていてもやり続けています。

寝ていても呼吸をしているのは、自律神経の働きによって行われています。

他にも血液循環だったり、消化だったり、発汗、体温調整などが自律神経によって制御されています。

私たちは緊張したり、リラックスしたり、状態の変化によって、体温が上がったり、呼吸が浅くなったりするわけですが、これは身体が身体を保とうとする調整なわけで、これは全て自律神経によって制御されています。

で、この調整が正常じゃない状態が自律神経失調症なんですね。

そう考えると、呼吸が浅いとか、低体温とか、汗を異常にかきすぎるとか、そういうのは自律神経の働きがおかしいということなり、そういう症状は自律神経の働きを正常にすると治まるということになります。

で、自律神経系の中で唯一、自分でコントロールできるのが「呼吸」なんですね。

例えば、緊張していると身体が硬くなったり、心拍数が上がるわけですが、そういうときに深呼吸をすると落ち着きます。

これは呼吸を意識的に深くすることによって、自律神経をコントロールしようとしているわけです。

ですから、呼吸を意識的にやるというのは、「自律神経を整える」ということになり、前進ガバイ呼吸法をやるというのは、「自律神経を整える」ということにもなります。

冒頭に「呼吸が浅い」という相談が多いと書きましたが、呼吸が浅くなるのは、緊張状態(ストレス状態)のときで、呼吸が浅いということは緊張の多い生活をしていることが多いためにそうなっている場合がほとんどです。

この緊張状態が起こるのは、仕事がたいへんだったり、人間関係で揉めていたり、いろいろあるわけですが、そういう生活を繰り返しているうちに、呼吸が浅い状態が常態化してしまってるんですね。

おいしかったですが、辛すぎて、頭がチクチクしました。

また、身体的に言えば、緊張しているとき、つまり呼吸が浅いときというのは、重心が上がってしまっていることがほとんどです。

重心が上がるというのは、地に足がついていない状態、スピリチュアル系で言うところのグラウンディングができていない状態です。

ですから、呼吸が浅いと指摘を受ける人は、グラウンディングができてないという指摘とセットみたいになっています。

最初は緊張したことで、重心が上がって、呼吸が浅くなるんですが、それが常態化している人は、重心上がってしまってることが常態化して、呼吸が浅いままになっている人がいます。

そういう人は重心を下げれば呼吸が深くなる場合が多いです。

重心については、スポーツや武術やってる人は重心コントロールができたりもしますので、そういう人は重心をただ下げれば良いですし、ヨガや太極拳など気持ち良くなることをすれば、重心下がったりもします。

「呼吸を深くする」というのは、結局は「落ち着いた状態になるために、できることをしましょう」ってことで、太極拳などができる人はそれをすれば良いですし、呼吸法を知ってる人はそれをすれば良いですし、重心のコントロールができる人は重心を下げれば良いということになります。

そのときどきでやれることが違ってきますので、やれることをやれば良いということです。

ただ、別の見方で言えば、呼吸一つ整えるにも、緊張状態を減らすことが必要になり、つまりそれは日常から変えていく必要もあるということにもなります。

ですから、呼吸を深くするというのも、奥深いものがあり、「あなたは呼吸浅いから深くした方が良いよ」なんて、簡単にアドバイスするような話でもないと思います。

ですので、「呼吸が浅い」ことを改善したいなら、根本的なところからちゃんとやった方が良いですし、ちゃんとやるつもりが無ければ、気にしないか、前進ガバイ呼吸法を見よう見まねでやったり、気持ち良くなる運動でもやるぐらいでいいと思います。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ

--------
記事の更新通知とメルマガを読みたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

コメント

  1. 雪すごいですね より:

    大造さん、こんばんは^^

    呼吸って、浅くなりがちですよね。
    私もそうでしたが、改善してると思います。

    昔は、恋をしたときは・・・(←ここ爆笑ポイントです^^)
    喜びとともに、大きな深呼吸を
    勝手に身体がしていたものでした・・・^^

    • D造 より:

      雪すごいですねさん

      コメントあざす!!
      呼吸は浅くなりがちですよね。
      記事にも書いてますが、世間がこれだけ緊張多いとしょうがないですね。

      >昔は、恋をしたときは・・・(←ここ爆笑ポイントです^^)

      ぶほほほほ。
      鬼笑いしときました!!