【2018年版】不平不満を持たずに仕事をするために新年早々できること

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

昨日、スーパーで新年セールの牛肉のステーキ肉を買ったら、スジが凄くて半分ぐらい食べれませんでした。

今朝は胃が痛いです。

自宅で肉を食べるなら、豚肉か鶏肉がハズレが少ない気がします。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

私の新年の仕事は今日からの予定だったのですが、お客さんのキャンセルが出て、明日からになりました。

昨年は12月30日まで仕事でしたので、3日間の休みの予定が4日となりました。

サラリーマンしているころというのは、休みが多い方がうれしかったのですが、今は休むと収入が減り、そして、遊んで出費が多く出るので、休みは少ない方がうれしいです。

ですので、今でこそ、週1回休んでますが、開業して2年は年末年始に2日だけ休んで毎日働いていました。

私はサラリーマンをしていたころは、ブラック企業な働き方はあまりしていませんでした。

身体壊すほど働いていたこともあるのですが、自分の意志でそうしていたので、ブラック企業ではありませんでした。

ですが、今現在の年間の労働時間は、サラリーマンしていたころの倍以上になっている気がします。

ですから、仕事の拘束時間は今の方が遙かに多く、飲みに行く時間なんてほとんど無くて、肉体的な疲労感も今の方が圧倒的に多いのですが、なのに、今の方が働いてる感は少ないし、いろんな意味で自由を感じていて楽です。

私のお客さんの中には、専業主婦で子育てをして、そこから就職活動をして働き始めたり、逆に個人経営をしていたけれど、資金繰りがキツくなり、それを整理して就職した人などがいます。

そういう人たちは働き始めて、仕事と家事がたいへんだったとしても充実していると言い、資金繰りの心配より楽だと言ってます。

私も含めて、上記のようなお客さんは、「自分が選択して働いている」という実感があるので、たいへんなことをしていても、「自分が選んだことだから」と思えて不満を持ちようが無く、充実感を感じているんだと思います。

ですから、仕事をする中での精神的なストレスというのは、ブラック企業などの労働環境よりも、働く人の精神状態に起因する部分が大きいんだろうなぁと実感しています。

働く人の全ての人が入社試験をするときには、面接官に必死に面接を受けて、内定出たときは喜んだはずなんですね。

ただ、人というのは時間と共にいろいろ忘れてしまうんですね。

自分が選択して今の状態があったとしても、段々と「自分が選択して今がある」ということを忘れちゃうんですよ。

ですから、上記の主婦だった方や資金繰りの心配から脱するため働いた人も1年ぐらい経ったら、人間関係の愚痴を言い始めました。

結局、「自分が選択して働いてる」ことをすっかり忘れて、「他人に言われて、仕方なくやっている」という「やらされている感」、つまり被害者意識を持つようになり、ちょっとしたたいへんさだったり、イヤだという気分を他人のせいにし始めて不満が出始めるんですね。

で、これは私の実感からなんですが、雇われの状態で「自分が選択して働いてる」という実感を持ちながら働くのは難しいんだろうと感じています。

恐らく「疲れて休みたい」と思ってるときに、上司にたいへん仕事を命令されたり、個人的な予定があるときに急な仕事が入ってキャンセルしたり、そういうのの積み重ねで「やらされてる感」を持つようになるんだろうと思います。

これは夫婦関係の中でも同様で、夫婦生活の不平不満を言う人は「やらされてる感」を持ってますよね。

和歌山ラーメン。昔は好きな味でしたが、最近はきついかも、、、。

私の知人でアルバイト生活を長くしていた人がいるのですが、その人は仕事が終わると会社には私物を一切置かずに全て持ち帰っていたそうです。

会社の人が不思議になって、上司になぜそうするのか聞かれ、「イヤになったらいつでも会社に来なくても済むから」と答えていたそうです。

ですが、仕事がかなりできるから、アルバイトなのに、役職付きの名刺を渡されてやりたいようにやらせてもらっていたそうです。

私の場合はサラリーマンをしていたときは、常に「うちの会社に来ないか」と誘ってもらえる状況がありました。

ですから、私は「いつでも辞めてやる」と思っていたので、納得いかないときは社長にハッキリと意見してましたし、私のプライベートな予定が入ってるときにキャンセルせざるを得ないような命令をされたときには、よっぽどの緊急な仕事でなければ、基本的には断り、断ることを注意されたら、「じゃあ、辞めます」と言ってました。

大体が定時近い時間から、命令するような態度で残業を言う上司というのは、仕事の段取りができない無能上司で、しかもその内容は大した仕事じゃないんですよ。

できる上司というのは状況を正しく認識するから、緊急なら協力をお願いしたいと思うし、自分のミスなら申し訳ない気分になり、いずれにしても急な残業を言うときは部下にお願いするような態度をしてきますよ。

そんなわけで、会社のことで不平不満が出るのは、「自分が選択している」ということを忘れて被害者意識を持つからです。

ですが、雇われの状態になると、「自分が選択している」という気持ちを持ち続けるのは難しいように思います。

また、企業経営をすると、自分が雇った部下のせいにする人が多いですし、企業経営でも難しいと思います。

ですので、「自分が選択している」と実感しながら不満を働くには、個人事業主をする方が良いです。

まぁ、個人事業主は不満はないですが、その分不安が生じますけどね。

ということで、個人事業主をするのが難しいという人は、今すぐに辞められる状態で働くのが良いと思います。

そのために、どこでも雇ってもらえるような実力を付けましょう!!

実力を付けるには、今勤める会社の中で「自分が一番会社に貢献している」と思えるほどに本気で働けば実力が付きます。

というか、「自分が一番会社に貢献している」と思えるほどに働けば、その時点で不満は一旦無くなります、、、。

ですが!!まず2018年の仕事始めで皆さんにオススメしたいのは、

職場に一切の私物を置かずに帰宅する!!

です。

これは今すぐできますよ!!

というか、企業経営をする社長さんは会社でこれを徹底してはいかがでしょうか?

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ

--------
記事の更新通知とメルマガを読みたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!