あとから「相談しなきゃ良かった」ってことにならないようにするために、、、

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

東京は昨晩、雨が降ったようで、今朝の空は久しぶりにスッキリしています。

こういう日が毎日、続くと良いのに、、、。

それから、明日、メルマガの配信日です。

今回は質問が4件あります。

Q1 マッサージをしても効かない、どうしたら良い?

Q2 思考脳から感覚脳に切り替えるには何をすれば良い?

Q3 感覚脳を鍛える読み物や映像はある?

Q4 人に接するとき相手に合わせてしまっている気がする、D造は人に接するときにどうしてるの?

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

過去記事で「質問」に関して書いています。

ホントに解決を求める質問と不安や心配から来る質問

答えが近いときに良い質問・疑問が生まれる件

質問や相談するのって実は難しいです。

まず質問するだけでも勇気が要ります。

そして、何より聞きたいことを聞き出す質問ができるかどうか、これはホントに難しいです。

上記の過去記事にも書いていますが、不安や心配などのネガティブな感情から生まれた質問というのは、そもそも質問になっていないケースが多いです。

ネガティブな感情というのは、思考脳を使っている状態なんですね。

思考脳というのは、過去の経験や知識などを記憶している脳のことを言ってるんですが、思考脳を使っている状態というのは、過去の情報を検索するように物事を認識している状態なんですね。

ですから、思考脳を使った状態での「考える」は「過去の経験や知識の検索」となり、考えてるようで考えられてません。

で、思考脳の中にない情報を認識すると思考脳はエラー反応を起こすのですが、そのエラー反応が不安や心配などのネガティブな感情なんですね。

そうなるとネガティブな感情から生まれる質問、つまり思考脳からの質問の場合、思考脳が納得する回答であれば納得できるのですが、納得できない回答だとさらにネガティブな感情を生むだけとなります。

上記にも書きました通り、思考脳は過去の経験や知識を記憶している脳なわけで、思考脳が納得する回答、つまり思考脳がエラーを起こさない回答というのは、既にその人が知ってる回答のみとなり、適切な回答だったとしても、その人が知らない回答だとエラー反応が起こります。

友人などに相談されて、何を言っても「でも~、でも~」と返ってきて、結局はその人の中に最初から答えが用意してあったなんてことがありますが、それは思考脳からの質問で、自分が用意している答え以外はエラー反応が起こるので、「でも~、でも~」となるんですね。

贅沢な感じのするラーメンですね。見た目同様においしかったです。

そうなると思考脳からの質問に、私が答えるときというのは、正しい答えではなく、その人が言って欲しいだろうことをくみ取って、それを踏まえて回答して納得させつつ、それっぽいことを言うことになります。

どういう感じかというと、例えば、「○○をするには何をすれば良いでしょうか?」って質問があったとします。

本当の答えを言うなら、

メールでちょっとアドバイスしてわかるような方法はありません。

どうしても何とかしたければ、ガバイセッションをお申込みください。

となります。

ですが、くみ取るようにして回答するとするなら、

まず、□□からやってみてはいかがでしょうか。

でも、それだと××な面で、難しかもしれません。

そういう場合はガバイセッションをお申込みください。

となります。

参考までにですが、前進ガバイメルマガは週刊メルマガなわけですが、その内容は読者の方から頂いた質問に回答するQ&Aとブログ記事のグルメ写真のお店の紹介となっています。

会員登録していていただくと過去のメルマガが読めます。

私が一つ一つの質問に「これは不安や心配からの質問」なんてジャッジすると質問してくださった方が辛くなると思いますので控えますが、見て頂くと「不安や心配からの質問」と「ホントに答えを求めようとしている質問」との違いがわかると思います。

じゃあ、どうやって質問すれば良いのかということになりますが、本当は「感覚脳を使って質問しましょう!」というのが答えになります。

ですから、上記の質問が感覚脳を使うトレーニングをしているお客さんから来たとしたら、

感覚脳を使って質問し直してください。

という回答となります。

ですが、多くの人は感覚脳なんて言われてもよくわからないんですね。

そういう人は落ち着いて、明るい気分で質問したり、相談すると良いと思います。

ですので、まず自分が明るい気分なのか、ネガティブな気分なのかを確認してください。

明るい気分の人はそのまま質問に入って良いと思います。

ですが、ネガティブな気分の場合は前進ガバイ呼吸法をやって落ち着いてください。

そして、落ち着いてからで質問を考えると良いと思います。

で、なぜこうやってわざわざ書いているかというと、「ちゃんと質問しろ!」と言いたいのでは無く、私のメルマガへの質問ならまだ良いのですが、日常の会社だったり、夫婦、友人関係の中で、そういう質問や相談をしていると、あとから「あー、言わなきゃ良かった」なんて墓穴を掘ることになる場合が多々あるからです。

ホントに慎重に事を進めるなら、落ち着いて質問を考えて、数日寝かせてから質問を振り返って、それでも質問したければ質問するぐらいの感じが良いです。

私が過去に一緒に働いたことがある人で上司に相談したつもりが問題発言として扱われて、それがきっかけで辞めることになった人を何人か見たことがあります。

そんなわけで、とにかく落ち着いて行動しましょ~!!

どうやったら落ち着けるかわからん人は前進ガバイ呼吸法をやってください~。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ

--------
記事の更新通知とメルマガを読みたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!