鬼型人間か餓鬼型人間か、言動から見極めるのは難しい件

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

年内いつまで仕事をしようか迷い中です。

とりあえず30日まで予約はいただいています。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

人型人間、餓鬼型人間などについて、この1年半ぐらいずーっと考察しまして、同時に私自身も鬼型人間から人型人間への切り替えをしておりました。

ここ最近は人型人間状態をキープできるようになったのですが、そのせいか、やたらと人に絡まれることが増えました。

ここ半年ぐらい、電車で文句を言われたり、道を歩いていたら後ろからいかれたおっちゃんに怒鳴られたり、これまでそんなことは無かったのにビックリしています。

人型人間というのは外に圧を発しないために優しく見えてしまうんですが、私の場合、態度は鬼型人間のときのようにオラオラしたままで、発するエネルギーが優しいから、ショボいバカな奴に見えて絡まれてしまうのではないかと思っています。

ただ、切り替えたところで、まだまだ不安定な状態でして、イラッとしたり、ビックリしたときには瞬間で鬼型人間MAX状態になります。

ですから、絡まれて、イラッとしたら鬼型人間に瞬間に変わってしまうのですが、そうすると絡んできた人が急にビビり始めて、目を合わさず去って行きます。

昔、イラッとして振り返ったときの顔が背筋が凍るような怖さがあると言われたことがあるんですが、恐らく、絡まれて思わず相手を見てしまったときに、私が鬼の形相をしているんだと思います。

鬼型人間と餓鬼型人間というのは、行動だけ見ていると似ています。

鬼型人間は主に圧力、すなわちパワーで物事を押し切ろうとします。

餓鬼型人間はつり上げて事を動かしていきます。

例えば、騒いでる子どもを注意するときに

鬼型人間の場合→うるさい!

餓鬼型人間の場合→うるさい!そんなことしたら明日からどこにも連れて行かないからね。

となります。

他にもセミナーなどの告知で言うと

鬼型人間の場合→自分を高めましょう!

餓鬼型人間の場合量子力学の引き寄せの理論を理解して、お金を引き寄せる力を手に入れましょう!

こんな感じの違いになります。

量子力学の大先生は教科書通りです。

鬼型人間の場合、圧力で子どもの行動を制止しようとし、餓鬼型人間は脅しというか、罪悪感を煽るようにし、相手が弱るような言い方をします。

セミナーの場合であれば、お金や美容、健康、人間関係など、多くの人が持つコンプレックスにつけ込むようなやり方をします。

ただ、これは例として、そうだと言ってるだけで、実際は言葉というよりも、圧力をかけるときに発せられるエネルギー(波動)の質の違いがポイントになります。

鬼型人間は、きれいにただ圧力をかけるだけなのに対し、餓鬼型人間の場合、濁っているというか、ノイズがあるようなエネルギー(波動)を発します。

ノイズのあるエネルギー(波動)というのは、他人に歪みをもたらし、弱体化させるんですね。

そのときに重心が上に上がるような質であるために、このような圧力のかけ方を「吊り上げ」と言っています。

ですので、「うるさい!」と鬼型人間のような言い方をしていても、吊り上げている場合があります。

ガバイ活動の基準としては、他人を弱体化する行為はNGとしていますので、「吊り上げ」は現金いや厳禁、圧力はOKとしています。

ただ、圧力というのは、ビックリするというか、人によっては恐怖を感じることがあります。

そのために私がアドバイスをする際に、圧力が強いと、話の中身が本質的であったとしても、恐怖を感じてしまう場合があるんですね。

そうなるとゾンビ型人間や奴隷型人間は、恐怖を感じると思考停止して、感情的になってしまう傾向にあり、酷い場合は、生命の危機のように感じてしまって、餓鬼型人間化してしまう可能性もあるんです。

しかし、多くの人を巻き込んで活動する場合には、圧力、パワーが必要となりますので、一部鬼型人間の能力があった方が良いです。

ですので、私がほふく前進ガバイ塾や前進ガバイ塾などで、お客さんをまとめて動かして行くには、鬼型人間の能力が要所要所で使います。

よって、私の場合は、人型人間に切り替えて、鬼型人間の能力を抑えてしまうのでは無く、ハイブリット、つまり両刀遣いを目指しています。

ひさしぶりに納豆チーズカレー!急いでるときに良いです。

鬼型人間と餓鬼型人間の行動の見極めというのはホントに難しいところがあります。

鬼型人間の圧力が出るとビックリして思わず恐怖反応を出してしまうような人は見分けられません。

この恐怖反応というのも、昨日の「日頃のクセは考え方を変えるだけで無く、身体のクセも抜かないとなかなか変えられない」の記事に例として書いた「上司に声をかけられると不快感を感じる」と似たような話です。

圧力を感じたら恐怖を感じてしまう観念と身体のクセがあって、否応なしに反応してしまうので、見極め処ではないということなんですね。

ですから、ホントの意味で見分けられるようになるには、思考・観念を整理して、身体のクセを抜かなければならないということになります。

私のお客さんの傾向を見ていると、前進ガバイ塾のお客さんは圧力の使い手のような人たちが多いので、私が鬼型ジョークを言うと爆笑しますが、前進チカット会やほふく前進ガバイ塾のお客さんはドン引きします。

ですので、どちらかというと、前進チカット会やほふく前進ガバイ塾のお客さんの方が鬼型人間と餓鬼型人間の見極めが苦手かもしれません。

人型人間や餓鬼型人間の話については、エニアグラムのようにハッキリと分類できるようなものではありません。

全ての人に人型人間や鬼型人間的な要素があり、また餓鬼型人間的な要素もあります。

その中でどの傾向が強いかということになり、また、時と場合によって、どれかの要素が強く出てしまったり変化します。

現在の私は、人型人間から鬼型人間への切り替えは一瞬です。

ですので、道で「おい!お前!」と絡まれて、振り返ったときには鬼型人間になっています。

ですが、鬼型人間から人型人間への切り替えはもたつきます。

一瞬で仮面ライダーに変身できるけど、変身コスチュームを脱ぐのにもたついてしまう感じでしょうか。

私はビックリするようなことがあっても鬼型人間で対応できてしまうので、餓鬼型人間になるタイミングがないという感じなだけで、極端な状況に追い込まれてしまうと、餓鬼型人間になってしまうかもしれません。

そんなわけで、今日は餓鬼型人間と鬼型人間の見極め的な話を書きましたが、一番大事なのは自分がどのような状態かということです。

自分の状態がわかるようなれば、他人の状態がわかるようになりますし、他人の状態を見極められないということは自分の状態がわかっていないということです。

ですので、自分が今どういう状態なのか、自分を見るようにした方が良いと思います。

私は常に自分の状態をチェックしていまして、特に自分が腰に付けてるベルトが仮面ライダー電王の変身ベルトと間違えてないか、いつもチェックしています。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ

--------
記事の更新通知とメルマガを読みたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!