どこの業界も搾取が横行してるけど、こればっかりはどうしようもない件

D造です。

昨日、水槽はキレイにしました。

感覚脳を使うと意外と平気でしたね。

メダカ冬眠中で、あんまりどいてくれなくて困りました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ガバイセッションのお客さんというのは、いろんな職業の方がいらっしゃいます。

大手企業に勤める方、派遣社員のOL、警備員、介護職、社長さん、美容師、主婦、整体の先生などです。

ですので、いろんな業界の話を聞くわけですが、どこの業界もひどいもんだなぁと思います。

 

先日、美容師のお客さんの話を聞いたら、10年ぐらい美容師をして、一人で100万円以上の売上をあげているのに、大学生の新卒ぐらいの給料しかもらってないそうです。

で、雇い主のオーナーはあまりお店に出てこなくて、良い給料をもらってるそうなんですね。

ですから、餓鬼オーナーがいるような店はさっさと辞めて、自分でお店をやるようにアドバイスしました。

 

聞くと、どこも似たような感じで、業界では当たり前の風潮なんだそうです。

ただ、奴隷のように働かされるスタッフが耐えきれず、いっぺんに辞めてしまって、閉店するお店もあるんだそうです。

スタッフには長く働いてもらった方が安定して良いわけですから、長い目で見たら、例えば、固定給を20万円ぐらいにして、歩合で支払って、100万円も売上げるなら40万円ぐらいもらえるようにしてあげれば良いと思うんです。

そうすればスタッフは辞めずに長く働いてくれるはずなんですね。

ですから、そんな話をしたら、その美容師のお客さんは「そんな発想はなかった」と言ってました。

 

私が過去に勤めた会社で、ワンマン経営の会社はどこもそんな傾向がありました。

社長は3,000万円もらってるのに、末端のスタッフは300万円で、ひーひー言いながら生活して、夜中まで働かされてました。

実際、大した仕事をしていなければ低賃金でもしょうがないと思うのですが、低賃金で働く人は現場の仕事をして、意外と要の仕事をしていたりします。

社長はリスクを背負ってるから、それだけの収入を得るのは当然だという人もいるのですが、リスクを背負ってるなら、贅沢な生活をせずにリスクを減らすことをすれば良いわけで、自分が贅沢な生活をするための口実として、そう言ってるとしか思えないんですね。

 

サイゼのブロッコリーパスタ!!激ウマでした!

 

つい最近もとある治療院(ほふく前進ガバイ塾の先生じゃない)で、頼まれて私が人を紹介したんですが、最低賃金以下で紹介の人を雇い、自分は自由にお金を使う大先生もいました。

それじゃ搾取行為になるからダメだと言ったんですが、理解できなかったようで、ですが、紹介した人が自分の修行になるからそれでも良いとおっしゃるので働くことになったんですね。

結局、この大先生は自分の都合が悪くなって、紹介した人をやめさせてました。

 

先日の「モノの価値=所有価値+使用価値」の記事で、使用価値が本来の価値だと書きました。

全社員がそれぞれに生み出した使用価値に対して、報酬は支払われるべきなんですね。

ですが、社長自体が餓鬼型人間だったりするから、「リスクがあるから」とか「自分は責任を負ってる」とか、所有価値を高めるようなことをして、搾取しようとするんですね。

 

そうなると奴隷傾向の弱いスタッフ、つまり優秀なスタッフから辞めていくんですね。

ですから、長い目で見たときに搾取せず、循環するようなやり方の方が経営は安定するはずなんですが、それがわからないみたいなんですね。

経営者は搾取するのが当然であるかのような風潮もありますしね。

 

で、こういう実態があったとしても、これは働く側の人が会社を変えることは、かなり難易度が高く不可能に近いです。

餓鬼型人間というのは、目先の搾取しか考えられない状態で、搾取して当然だと思ってますので、搾取している自覚がなかったりします。

ですので、自分が働く会社の社長が餓鬼型人間だと思うなら、他の会社で働くか、自立した方が良いです。

 

スタッフを雇っている経営者は搾取行為は辞めた方が良いです。

お客さんの中に、スタッフからの搾取行為をやめたら、人手不足と言われる業界なのに良いスタッフが集って、過去最高益をあげた会社もあります。

 

そんなわけで、現状、餓鬼型人間が得をするような社会になっているところがあるので、どうしようもない面があるのですが、搾取をされたくなければ、実力を付ける意外にありません。

実力をつけましょう!!