心身の歪みを戻すには

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

再びメルマガの質問が枯渇してきてますので、メルマガ会員の方はご質問ください!!

あとメルマガのサンプルページのサンプルメルマガを新しくしました。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

ここ数日、歪みについて書いています。

「歪みを戻す」については、「歪んだらとりあえず状態を戻す」という側面と、上記の「歪まないように根本から原因を解決する」という2つがあります。

昨日の記事では、主に後者の「歪まないように根本から原因を解決する」について、身体と思考の歪みグセを改善していかなければ、解決できないと書きました。

この「歪まないように根本から原因を解決する」については、自力では無理です。

私自身も当然ながら歪む原因は持っていまして、軽いものは自分で解消できますが、やっぱり人にやってもらっています。

で、「歪まないように根本から原因を解決する」というのも大切なんですが、日常は「歪んだらとりあえず状態を戻す」というのをやっていかないとなんですね。

ですので、お客さんには「歪んだらとりあえず状態を戻す」というのを口酸っぱく言ってます。

「歪んだらとりあえず状態を戻す」には、まず「歪みに気付く」ということをして、そのあとに「歪みを戻す」ということになります。

「歪みを戻す」というのは、気付いてしまうだけである程度戻ります。

歪みに気付くというのは、感覚脳を使ってる状態でもあり、感覚脳を使っている状態だとある程度、勝手に身体が整うんですね。

自転車でバランスを崩しても、すぐに立て直してしまうような感じです。

ですが、歪みに気付かなければ、歪みを戻そうとすることさえできません。

歪みに気付くというのは、歪んだときに息苦しくなったり、身体に違和感を感じるような微妙な変化が起こるので、それを認識するということなんですが、先にも書きましたが、それを認識するにも感覚脳が必要になります。

で、何が難しいかというと、歪んでしまったら、焦ったり、落ち込んだり、怒ったり、感情的になって客観的でなくなるんですね。

そうなってしまうと、「自分が歪んだことを認識する」という行為をすることを、そもそも忘れてしまうんですね。

ですから、「歪みを戻す」ことより、「歪みに気付く」ことが難しいですし、重要なポイントになります。

インドカレーはサグパニーカレーが最高ですね。

例えば、ガバイセッションで歪みを認識できる状態にまでなってるお客さんがいるのですが、そういうお客さんでさえも、ちょっとしたことで歪んでしまったら、焦っちゃって、なかなか治そうとしなかったりするんですね。

ですから、「歪んでますよ」って教えてあげたりもするんですが、「歪んでません!」なんて言い出しちゃったり、指摘されたことで、さらに歪んじゃったり、たいへんになることが多いです。

で、歪みに気付くには、「呼吸で自分の状態を整える、、、」の記事に書きました、身体の中心のエネルギーライン(軸)がないとそもそも無理です。

ワークみたいな形で、歪んだ状態と歪んでない状態を比較するように体験してもらえば、歪みがどういう感触かはわかるんですが、日常で歪むときは、不意打ちのように歪んでしまって、そのときに気付かないんですよ。

エネルギーライン(軸)があるというのは、粘土の人形にしなる棒を刺すようなものです。

しなる棒が刺さった粘土の人形を曲げると、もとに戻ろうとするわけですが、それはエネルギーラインが元の状態を記憶してて、戻ろうとするわけです。

エネルギーラインが元の状態がわかってるから、今は曲がってるとわかるわけですね。

ところが、エネルギーラインがないというのは、軸のない粘土の人形みたいなもので、粘土が元の状態を記憶してないから、曲がったら曲がったままで元の状態を記憶してないから曲がったこともわからないんですね。

そんなわけで、ここ数日、歪みについて書いてきましたが、この歪みについては、「じゃあ、どうすれば良いのか?」と簡単にブログで説明できるような解決策がありません。

ですから、この歪みの記事は、多くの人が読んだところで、「へー、そうなんだ」ぐらいの何の役にも立たない記事ですね。

軸をわかってる人に教えてもらうか、自力で修羅の道を走り抜けるぐらいしかないと思います。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!