餓鬼行為を受けて、いちいちブレないためには、、、

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

今日は午前中で仕事終わって明日まで世界平和貢献活動をします。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

餓鬼型人間というのは、相手を弱体化するようなことをして、事を推し進めようとします。

逆に鬼型人間というのは、自分を強くして、事を推し進めようとします。

どちらにしても、優位な状況になって、力で事を推し進めようとするわけで、餓鬼型人間と鬼型人間の見分けが難しいところがあります。

例えば、あなたが上司に提案をしたとします。

上司が餓鬼型人間だったとしたら、「根回しができてない」とか、「お前は生意気だ」と論点をすり替えたり、「お前は誰に口を利いてるんだ!」みたいな感じで恫喝したり、「やっても良いけど、失敗したらわかってるよな」的な脅しをして、相手が「すみません」って謝りたくなるような状況を作って、事を進めます。

上司が鬼型人間だったら、「ダメなもんはダメ!」と突き返したり、「わかった、とにかくやれ!」とシンプルな対応をします。

相手を弱体化するというのは、相手の能力を下げる行為であり、生きる力を奪う行為です。

そんな行為は何があってもやる必要が無いことでから、私は1度でも相手を弱体化するような餓鬼行為をする人は一切信用しません。

ですから、ガバイセッションでも相手を弱体化させるような餓鬼行為をする人がいるのですが、そういう人は厳しく接します。

ちなみに、逆に自分を強くして、力で推し進めるのはやっても良いと思っています。

ただ、この餓鬼型人間の弱体化行為というのは、ホントに巧妙で、多くの人がやられてしまいます。

ある新任の社長が会社の一部の部門の改革を提案をしたら、部下に「そんな話は聞いていない、そんなことをしたら組織がおかしくなる、そんなことをするなら私は辞めます、事前に根回しをするのが常識ですよ」的な感じで、部下に反対されたそうです。

もし私が社長なら、「ではぜひ辞めてください!」と辞めてもらうのですが、その社長は「自分がもっと実績を上げて、発言権を上げることをしなければいけない」と思って引き下がったらしいんですね。

社長は会社にとって改革が必要だと思ったからやろうとしたのであって、部下がその改革の内容が間違っていると思うのであれば、そこを指摘すれば良いだけです。

ですが、「私は辞めます」と脅すようなことを言ったり、「常識ですよ」と相手の罪悪感をかき立てるようなことを言って、論点をすり替え、社長が困る、つまり弱体化するような餓鬼行為をしたわけです。

こんな部下は他でもそういうことをやってますし、速攻でクビにすべきだと思います。

ただ、餓鬼行為をした部下が問題でもありますが、一方で、「社長なんだからそんな話なんかひっくり返せよ!」というのもあります。

ですから、社長がショボいのも問題でもあるんですよね。

実際に実績を上げて発言権が上がるのかと言えば、その部下は社長が実績がないからそう言ってるわけではなく、自分の立場や権力を守るために、そう言ってるだけなんですよね。

ですから、社長がどれだけ実績を上げたって、結局は同じような言動しますから、社長の実績は関係が無いんです。

魚ガッツリのラーメン!!青森にスーパーガッツリのラーメンがあるらしいので食べてみたい!!

こういうやりとりは夫婦や友人関係の間でも行われています。

夫婦であれば、奥さんが旦那さんの子どもと離れたくないという気持ちを逆手にとって、子どもを連れて家を出るような言動を旦那さんに見せつけて、旦那さんをコントロールしようとしたり、逆に旦那さんが奥さんを恫喝して、恐怖で抑えつけようとしたりします。

友人関係では、「あなたのせいで私はこんなに傷ついたの」と罪悪感をかき立てるようなことをしたりします。

餓鬼行為に対しては、毅然とした態度を取るしかありません。

上記の社長の話では、実績を上げることより、「辞めてもらって良いですよ」って態度を見せれば良いですし、「子どもを連れて出て行くよ」と言われれば、「どうぞ今すぐに出て行きなさい」と言えば良いです。

恫喝の場合は、恫喝して返すか、さっさと逃げるか、友人の「あなたのせいで」と言うなら、「そりゃたいへんだったね」と、それだけで終わりにほっとくような対応になります。

で、毅然とした態度を取るには、感覚脳を使うということになるのですが、もう少し言えば、先日の「呼吸で自分の状態を整える、、、」の記事で書いたエネルギーライン(軸みたいなやつ)をとらえている状態で行動するということになります。

エネルギーラインが捉えられていれば、それが船のイカリのような役割になって、ギリギリのところでつなぎ止めてくれるんですね。

実際、このエネルギーラインを捉えられるようになったお客さんがいて、そのお客さんも目の前で起こることに揺さぶられなくなったと言っていました。

ホントは他人を弱体化させるようなことをする餓鬼型人間がいなくなれば良いんですけど、いなくはならないので、自分が影響を受けないようにするしかないですね。

いずれにしても、ほとんどの人がエネルギーラインが何のことかわからないと思いますが、そういう方は前進ガバイ呼吸法でもやっていってください。

○前進ガバイ呼吸法

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!