【お知らせ】6月16日(土)に「ただ押す」体験会を開きます。
DAIZOくん
DAIZOくん
【お知らせ】(2018/05/24更新)
ガバイセッションはお客さんがいっぱいになりましたので、ガバイのポテンシャルをお持ちの方のみ新規受付けをしています。
「我こそはガバイのポテンシャルを持ち主だ!」という方で、受講をご希望の方は、お手数ですが、お申込みフォームに受講動機をご記入の上お申し込みください。
ガバイセッションのお申込み→コチラ

気力が上がり、思考脳を使うようになると他人がショボく、バカに見えてしまうことがある件

D造です。

今日はメルマガの配信日です。

最近、質問が少ないので、ぜひ質問をください!!

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

毎月お客さん限定でセミナーをやっているんですが、このセミナーはガバイセッションをしばらく受けてくださってる方に声をかけています。

結果として、そこに集ってくださる方はガバイセッションを1年以上受けてくださってる方が多いのですが、さすがに前進ガバイ呼吸法を実践してる方だけあって、独特の安定感を持った方ばかりで、迫力を感じます。

過去に中小企業経営をしているおっちゃんが集る会だったり、バリバリのビジネスマンが集る会で、セミナーをしたことがあるのですが、そういったセミナーよりも迫力があります。

 

前進ガバイ呼吸法を実践していると気力が上がります。

そして、感覚脳を使うようになっていくと、感覚が上がって、より多くの情報を処理できるようになり、思考力も上がります。

ですから、主婦の方でも、バリバリのビジネスマンの男性よりも気力も思考力が高くなることがよくあります。

 

ですが、本人は自分がそうなっていることに気付いていなかったりします。

そうなると何が起こるかというと、結婚している女性であれば、軽く旦那さんに言ったつもりなのに、旦那さんが萎縮し始めたり、会社で上司や同僚に軽く言ったつもりが重く受止められてしまって、思った以上に大事になってしまうことがあります。

また、それまで頼もしく感じていた旦那さんや上司がショボく感じたり、「こんな簡単なこともわからないのか?」みたいな感じで、頭が悪く感じてしまうようになったりします。

例えて言うなら、友達と超能力ショーを見に行って、みんなは超能力を信じて「超能力はすごい!」って会話で盛り上がってるけど、自分だけがカラクリがわかってしまって、盛り上がってる友達が頭悪く見えてしまう感じです。

そんな感じですので、「上司(もしくは旦那さん)がバカ過ぎてどうしたら良いのか?」とか、「上司(もしくは旦那さん)が私に萎縮しちゃってどうしたら良いのか?」と、そんな相談をよく受けます。

 

サグパニールカレーはサイコー!!

 

多くの人が考えてるようで考えてないんですね。

問題が起こって、感情的になってしまい、感情的になることで思考力が下がってしまって、考えてもしょうがないことをグルグルと思い浮かべてるだけで、それで考えてると思ってるんですね。

ですが、気力が上がり感覚脳を使うようになると、問題の本質をとらえられるようになり、何が問題なのか見抜いたようになってしまうんですね。

そうなると考えてもしょうがないことでグルグル考えるようなことが減っていき、段々と世間の人が一喜一憂するようなことでは、そうならなくなるんです。

 

そんな感じですから、結婚している女性に対しては気の毒になることがあって、それまで頼もしいと思って選んだ旦那さんがショボく感じたり、間抜けに見えてしまって、下記の画像のようになるときがあるみたいなんですね。

ですから、そういうお客さんには力のセーブの仕方と旦那さんの転がし方を教えることになります。

 

 

あ、そうそう、気力が上がって、感覚脳を使うようになると、若さみたいなものが出てくるんですね。

で、なんだかキレイになったように見えて、独特の魅力みたいなのが出るんですよ。

ですから、モテるようになったって方も多いです。

それは良いことですね。

ってことで、ちょっとぐらい良いことを言っておかないと、感覚脳を使えるようになることがダメなことに映ってしまうので、良いことを書いておきました。

 

そんなわけで、自力で感覚脳を使えるようにしていくのは無理ですが、気力アップに関しては前進ガバイ呼吸法をやればある程度できます。

ですので、ぜひ前進ガバイ呼吸法をやってみてください~。

 

○前進ガバイ呼吸法

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに横隔膜を上げ(お腹が凹む)、息を吐くときに横隔膜を下げる(お腹が膨らむ)逆腹式呼吸がベースとなっています。 ですので、3つの基本となる呼吸法の息の吸い方はどれも同じで、横隔膜を上に上げなら息を吸います。

 

コメント