モノの価値=所有価値+使用価値

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

ダウンジャケットを探して回ってるのですが、中綿ジャケットが主流になっているのか、町のジーンズショップにはタウンジャケットがあまり売ってませんね。

電車に乗って買いに行かないといけなそうです。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

昨日、「お金の観念はきつい!!」という記事を書きました。

金曜日にほふく前進ガバイ塾で、お金の観念に触れることをしたら、たいへんだったわけですが、その余波というか、影響がまだ残っていまして、いろいろとほっとけないと言うか、ちゃんと処理しておかなければということで、昨晩は夜中まで考察することとなりました。

人が持つ「お金」に関しての価値観、観念というのは、いろいろ複雑で、闇が多いというか、つっこんで考えるとどっと疲れます。

お金と同時に考えていかないといけないのは、お金は物と交換するための道具なわけですから、お金のこととを考えるとモノの価値とは何かという話になります。

で、本質的な価値を見抜くことができなければ、結果としてぼったくられたようになります。

私は過去にアパレルメーカーで働いていたことがあったのですが、業界の裏側というか、工場だったり生産背景を知ったことで、モノの価値、質を見るようになりました。

まぁ、商売ですから、常識的に見れば、しょうが無いことなのかもしれませんが、高級ブランドの商品と格安の商品が同じ工場で作られているのに値段が1桁違っていたり、ほぼ同じ商品なのに、ワッペンがブランドかノンブランドかってだけで、値段が倍になってることもありました。

ですから、世の中で販売されてるモノの値段というのは、実際のモノの価値にブランド料が乗っかっていたりします。

モノの価値というのは、使用価値と所有価値があり、使用価値というのは、モノを実際に使ってみて、どれだけの結果を生み出すかで決まるわけです。

ですが、ブランドが付いていると、そのモノを所有する人の優越感が満たされたり、安心感を得られたり、気分的な満足が得られたりするわけです。

これはブランドロゴに「優越感を満たす」、つまり社会的ステータスを提供する機能と「このブランドだから間違いない」みたいな安心感を提供する機能があって、これが所有価値なわけです。

で、所有価値というのは、気分という思考脳から生まれる感情を満たすわけですから、思考脳的な評価から生まれる価値となります。

例えば、「金色」や「黄色」の財布を使えば金運が上がると言われてたりします。

ですから、そういう財布を持ったら、お金が増えるなら、使用価値が高いということになります。

ちなみに私はプラダの黄金の財布を持ったことがありますが、やたら目立ってしまい、また使いにくくてダメでした。

そうなると、大概の場合は、そういう財布を持ったところで何も変わらず、「これで金運が上がりそう!」という気分は満たされるわけです。

そうなると所有価値は高いということになります。

私の場合は、黄金の財布を使っても、お金は全く貯まらず、むしろ高い財布を買って出費が増え、不便ですぐに持ちたくなくなってしまったため、結果としてお金が減っただけですから、私にとって所有価値も使用価値も低かったということになります。

回転寿司でラーメン!!意外とうまい!

この世の中は使用価値は低いのに、所有価値が高いものが多いです。

高級品の場合、大して質は良くないのに、高かったりしますから、それはブランド料がガッツリと金額に乗せられているということで、所有価値だけが高いように思います。

ブランド品は100万円の値段だけど、実際は数万円の使用価値しかないものが多いです。

商売を長くやっていくなら、使用価値を高めることをすべきだと私は思います。

例えば、整体の先生だったとしたら、使用価値で勝負しないといけないわけです。

つまり、整体の先生の使用価値というのは、患者さんを治せるかどうかですから、腕で勝負すべきなんですね。

ですが、使用価値ではなく、所有価値を上げることを指導する集客コンサルタントを入れて、集客をがんばっちゃってる方も多いです。

で、世間の患者さんは使用価値の見極めができず、所有価値を見て判断しがちですから、所有価値を上げると治療できない先生の院が繁盛してしまうこともあります。

そうなると、今度は先生自身も本来は腕、つまり使用価値を上げていかないといけないのに、集客が成功したら、自分が認められた勘違いして、使用価値を上げることを怠るんですね。

あっ!、決して立川大先生のことを言ってるわけではありませんよ。

立川大先生は所有価値を上げることを必死にがんばってらっしゃいますが、挨拶が観念であることをご指導くださるような方です。

私は施術は体験していませんし、全くわからないのですが、使用価値は高いに違いないと日本の景気回復以上に期待しています。

話はそれましたが、モノを見るときには所有価値ではなく、使用価値を見るクセをつけるのが大切です。

ただ、使用価値を見るのは意外と難しいです。

実際、使用価値の見方は説明のしようがありません。

いろんなモノを見て、そのモノがどのようにして作られたのかを知ったりすることからだと思います。

そして、買うときに「なんとなく買った」という思考停止的な買い物をやめて、なぜそれを選んだのかを説明できるような状態で買うようにしていけば良いと思います。

なお、ガバイTシャツは仕入値が3800円です。

高っ!!って言われます。

ガバイのネーミングが所有価値を下げてるという良い例ですね。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!