繊細さが求められる仕事をしている人はちょっとしたことで調子が狂う件

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

去年、ダウンジャケットを処分し、真冬用の防寒着を持っていないので、今年は買わないといけないのですが、まだ買いに行ってません。

仮面ライダー電王のベルトがあるので、気持ちは熱いのですが、やっぱり現実は厳しく、今朝のように寒くなると気持ちが熱いだけではどうにもなりませんね。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

和食の職人さんだったり、伝統工芸の職人さんだったり、工事現場の職人さんだったり、いろんな職人の方がいますが、細かい精度が求められる仕事をする人というのは、その人が持っているエネルギーの質(波動)が微細になります。

お酒を飲んで大騒ぎしたり、いつも怒ったり、性格が厳しくて、荒い人に見えても、仕事をするときには、状態を変えて、細かい仕事をしているので、持ってるエネルギーの質が微細だったりします。

ですので、その人が持つエネルギーの質というのは、印象とは違っていたりします。

微細なエネルギーの質を持つ人というのは、些細な変化を感じ取ることができます。

例えば、和食の料理人だったら、魚をさばくときに魚の身の筋繊維を瞬間に捉えて、筋繊維の向きに合わせて包丁を入れ、包丁の刃先で筋繊維の変化を捉えながら切ったりするそうですが、そういう細かさです。

逆に言えば、そういう職人さんというのは、細かい変化を捉えられなければ、仕事ができなくなるわけですから、捉えられる状態が必要になります。

「私は繊細なの」みたいなことを言うか細い女性がいたりしますが、こういう人は単純にメンタルが弱いだけで、全く繊細ではなく、かなりがさつだったりします。

また、神経質で細かいことをごちゃごちゃ言う人がいますが、そういう人も目に見えるものだけを捉えてるだけだったりして、繊細ではなかったりします。

細かい変化を捉えるには、集中力が必要ですし、それなりの強さが必要になりますから、ホントの意味で繊細な人は強さがあったりします。

で、日頃の過ごし方が繊細さに影響を与えます。

怒ったり、イライラしたり、感情の波が激しいかったり、また、人を煽るようなことをすると、持つエネルギーの波動が荒くなります。

そうなると繊細さが失われます。

日頃怒鳴り散らしてるのに、繊細な仕事をする職人さんというのは、荒れた状態を気持ちを切り替えて、瞬間に整えていたりするから繊細な仕事ができるんですが、でも、そんなことをしているとやはり負荷はあります。

ですから、できるだけ荒れないような過ごし方が大切になります。

蒙古タンメンはうまい!!時々食べたくなります。

この荒れないような過ごし方というのは、感情を激しくは揺らさないようにするとか、自分の行動の仕方もそうですが、活動する環境だったり、人間関係も大切だったりします。

例えば、職人さんが営業活動のためにブログを書きたいと思って、Webマーケティングコンサルタントに教わるとします。

で、コンサルタントが「ブログをたくさんの人に読んでもらうためには、多少の煽りは必要だ」というスタンスだったとして、そういう人にブログの書き方を教わると煽り系の記事を書くことになるんですね。

で、「人を煽る」という行為は、他人の感情を動かすような行為ですから、エネルギーの質が荒くなってしまうんですね。

ですから、コンサルタントに教わったように煽り記事を書いていると、記事を書いてる間は波動が荒くなるんですね。

そして、その荒くなったのを元に戻せれば良いのですが、戻せなかったら、荒いままとなり、荒いと繊細さが失われ、仕事に支障が出始めます。

そういうことがあるので、繊細さが求められる仕事をしている人というのは、関わる人だったり、場所を選ぶことが大切になります。

実際、整体の先生たちが参加してくださってるほふく前進ガバイ塾の場合、お店のウェブサイトを作り替える人には、そこらへんもアドバイスさせてもらっています。

先生たちは何もわかってなかったりするので、コンサルタントに言われたとおりに作って、かなり煽ったようなサイトを作っていたりするんですね。

煽るとお客さんが来るので、それはそれで良いんですが、ただ、それをやっていると荒いお客さんばかりが来たりするのと、煽りには慣れてしまうので、お客さんが1周しちゃうと来なくりますし、上記でも言ってるように治療にも影響が出ます。

ただ、1回でも煽ったり、波動が荒いことをしちゃうと、同じようなことをするときに煽ろうとしてしまったりクセが出てしまいます。

ですから、クセが着いてしまうとクセを抜かないといけないんですが、このクセを抜くのが一筋縄ではいかず、たいへんです。

そんなわけで、一般の人はそこまで神経質になる必要は無いのかもしれませんが、職人さんなど、繊細な何かをしている人は気をつけて欲しいと思います。

今までできていたのに、スランプのようになっている人とか、集中力がやたらと切れやすくなってしまった人は、自分のエネルギーの質が変わってしまっているかもしれません。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!