恋は盲目、、、浮き沈み激しい「好き」を繰り返すと信者になってしまう、、、

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

今日は夕方まで予定が空いてますので、ゆっくりする予定です。

最近、外がわちゃわちゃしてるので疲れますね。

こういうときはテレビを見ると余計に疲れます。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

昨日、「恋愛的な話、、、こうやって人のことを好きになる、、、」という記事を書きました。

恋愛の好き嫌いというのは、感情の起伏から生まれるものです。

感情が浮くときに人は開放感、高揚感を感じて、それを連続して感じるとクセになって、求めてしまう状態(執着した状態)になります。

DVを受ける人が、相手となかなか離れられないということがありますが、これもDVされてマイナスの状態から、謝られて「ゼロ」の状態に戻されることから、マイナスからゼロに上がることで、高揚感を感じたようになり、それを何度も繰り返されるうちに執着したようになります。

「悟った!」とか、見性体験をして開放感を味わったという人がいますが、これも同様のものだろうと思われます。

そういう体験をした人の話を聞いてると、必ず人生のどん底を味わってる状態から、何らかのきっかけでいきなり浮上したようになってますからね。

宗教団体だったり、スピリチュアル系のセミナーではこのような手法を使いますよね。

人のトラウマなどを見つめさせて、感情的にマイナスにして、ピアノの生演奏など、音楽を使って、感情を浮かして、高揚感を感じてるときに、「今のまま良いんだよ」なんて教祖や講演者が言っちゃうと、惚れたようになってしまうんですよね。

ですから、スピリチュアル系ビジネスをする人たちや教祖様は、相手のトラウマだったり、触れられたくないところにわざわざ触れて、落ち込ませるような状態を必ず作りますよね。

で、スピリチュアル系セミナーや宗教もそうですが、恋愛も含めて、そうやって執着してしまった人は、感情的になってしまってますから、相手がどんなにヒドいことをしてても気付かない状態になります。

「恋は盲目」ってやつですね。

そして、そんなときに執着してる人が否定されると感情的になって、否定している人を攻撃する行動を取ってしまいます。

見た目は最高ですが、、、味は、、、

スピリチュアル系の感情の上げ下げについては私も散々体験しました。

ヒーリングの先生、呼吸法の先生、某合気の先生などなど、、、。

ただ、私の場合、この感情の上げ下げの耐性があったので、のめり込むようなことはありませんでしたが、信者化してる人がいました。

ですから、先生に「おかしいよ」って指摘すると、信者が過剰反応するようなこともありました。

ですが、私も耐性があったとは言え、ヒーリングの先生とは付き合いが長くて、やっぱり影響は受けていたようで、そのクセが完全に抜けたのは付き合わなくなって10年近く経ってからで、つい最近のことです。

私の場合のクセというのは、そういう先生を前にすると、従順な状態になろうとして、思考力が下がり、不安がわいてくるような状態が出てくるんですが、その時にもう1人の自分がそれを客観的に見てて、自分の中に人格が2つあるような感じになる感じでした。

そうなってることに気付いてなかったので、指摘されるまでわからなかったので、10年近くかかってしまったんです。

ちなみに、ブラック企業の場合はこの逆をやるんですよね。

ミスしたときに注意や説教だったり、場合によっては降格などをして、やらかしたらお前の給料を減らしてやるからな!ってことをして、不安を煽ったようにして、働かせるんですよね。

そういうペナルティ的なものをちらつかせて、マイナス状態を作り、普通に給料を払ったり、飲み会などでゼロの状態にして(ガス抜き)、執着させるというやり方ですよね。

とにかく、一度そういうクセが着いてしまうと、自力でそれを取り去るのはほぼ不可能なんですが、上記のようなカラクリを理解することで、タネを知ってる手品にひっかからないのと一緒で、影響を受けにくくはなります。

そんなわけで、罠にひっかからないようにしてください。

ちなみに私のガバイセッションでも上記のようなやり方で依存させることができるのですが、私は上記をやりたくないので、セッションの中では、「セッションを受けるのはやめた方が良い」というアドバイスはしますが、「受けた方が良い」とか、「頻度を上げた方が良い」というアドバイスはしないことにしています。

ひどいときは、セッションの中で「セッションを継続した方が良いか?」と相談されると、メリットの話は全くせず、「ガバイセッションがどれだけ最悪なのか」を懇々と話をして、「それでもやりたかったらどうぞ!」ということが多いです。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!