恋愛的な話、、、こうやって人のことを好きになる、、、

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

iPhoneを修理交換して、2日が過ぎましたが、未だにSuicaが前iPhoneからの移動が上手くいってません。

Suicaが使えないときに限って、電車に乗らないといけないことが多くて、思いのほか、不便です。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

私は大学生のときに、モテなくて、ホントによくフラれました。

フラれたのはオラついてたからだと思います。

大学生のときの自分の写真を見てびっくりしました。

餓鬼型人間の傾向が入ってますよね。

大学3年生ぐらいです。

そうは言っても年単位で交際したこともあります。

思い返してみると、交際のきっかけは、好きだったのか、そうじゃなかったのか、よくわからない感じで付き合った人が長く続いたように思いました。

ただ、告白した人に対して、私自身は好きだと思っていたわけですけど、フラれたあとに我に返ると、ホントに好きだったのかと突き詰めるとよくわからないところがありました。

で、相手の人が付き合ってくれるかどうかは、好きかどうかで選ぶところがありますから、好きになってもらうことをしないと付き合ってもらえないわけです。

ですので、「人が好きになる」ってなんだろうかとずいぶん考えました。

以前にも書いたことですが、佐賀の小学校の同窓会があったときに、同級生(♀)が「小学校のときに好きだった」と言って、私の隣にずーっと座ってたんですね。

私はその子のことが大嫌いで、イヤな印象しか無かったんですが、そう言われて私はビックリしました。

で、同窓会の間、ずーっとベタベタされてて、私としては興味はなかったのですが、そんなに悪い気はしてませんでした。

そしたら、その子がベロベロに酔っちゃって、1次会が終わってお店の外に出たら、私に対して、自分が使ってる香水をふりかけてきて、コートに匂いがついてしまったんです。

そのあと、2次会に行ったら、その同級生はやっぱり横にいてベタベタされ、もちろん悪い気はせず、段々うれしい気もしてきて、その度に香水が匂ってたんですね。

結局、同窓会は何事もなく帰宅したんですが、その後、コートを着る度に、その女性とベタベタされてたときの悪くない気分を思い出すんですね。

そしたら、段々とその女性のことが好きになってしまったような気分になってしまったんです。

恐らく近くにいたなら私は連絡して、会いに行っただろうと思うのですが、当時は広島にいたので会いにはいかなかったんですね。

で、そのコートをクリーニングに出したら、匂いが無くなったわけですけど、そしたら、寂しい気持ちになってしまったんです。

そのときに「こうやったら人は好きになるのか!!」とわかりました。

結局、「好き」という気持ちは「高揚感から生まれる執着心」だと私は思うんですね。

高揚感を与えると気持ちが良いから、また味わいたいと思うんですね。

そして、それをちょくちょく味わってると、中毒みたいになって、飢えたようになるんです。

その飢えた感じが「好き」という気持ちだということです。

恋愛ドラマを冷静に見てると、まさに駆け引きのし合いで、執着心のぶつけ合いですよね。

ですから、人に好きになってもらいたいなら、高揚感を感じさせて、それをちょくちょく味合わせれば、「好きになってくれる」ということになります。

逆に「好きにならない」という人がいますが、上記の観点からすると、この高揚感が起こりにくい人か、異性コンプレックスがある人だったり、「恋愛なんて!」と見抜いたようになって、好きになることに興味がない人は好きになりません。

激辛のまぜそば。激辛過ぎて、ビックリしました。

人の高揚感というのもいろいろあるんですが、恋愛したいなら、恋愛的な高揚感が大切なんですね。

で、その恋愛的高揚感を起こすには何をすれば良いかというと、相手が持っている「これが素敵な恋愛」みたいな観念にふれるようなことをすれば良いんです。

だけど、相手に直接、恋愛の観念について聞いても、相手も答えようがないんですね。

じゃあ、どうすれば良いかというと、その人が中学生、高校生ぐらいのときに好きだったトレンディドラマ(主に恋愛系)の話を聞いてみると良いんです。

多くの人の恋愛観はテレビの刷り込みなんですよ。

で、そのトレンディドラマのワンシーンをプチ再現するようなことをすると相手に高揚感が起こります。

その高揚感を起こして、あとは毎日朝晩に短めのメッセでも入れていけば、ちょいちょい高揚感を相手に思い出させて、さらにまた会ったときにドラマのワンシーンをプチ再現して高揚感を起こすようなことをすれば、高揚感中毒になり、ほとんどの人が好きになってくれます。

私もそんなに実験はしてないのですが、5人ぐらいに試したら、5人ともそうなりました。

ただ、「好き」ということは執着心なわけです。

ですから、付き合ってしまったら、執着されるというのが難点です。

ですが、執着し合いが恋愛で、激しい執着心のぶつかり合いが大恋愛ですから、恋愛したい人には良いかもしれませんね。

こういうことを書くと、非人間的な感じがするかもしれませんが、恋愛に関して、意図的にやるか何も考えずにやるかの違いとしては、観念に囚われて無意識でやるか、観念を利用して、意識的にやるかの違いでしかありません。

「どんぐりの背比べ」ですね。

そんなわけで、恋愛や結婚に振り回されてる人は、1つの見方として参考にしていただけたらと思います。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!