物事がなかなかうまくいかない人の特徴

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

昨日、マキ様、リコ様の帰りが遅かったので、1人で武蔵小山の立ち飲み屋をハシゴしていました。

普段行かないところを歩いたんですが、いろいろお店を発見しました。

また、どっかに行って欲しいです。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

お客さんの中には、なかなか就職できなかったり、なかなか悪いところが治らなかったり、なかなか結婚できなかったり、なかなか子どもが産れなかったりする人と逆にすぐに就職したり、すぐに悪いところが治ったり、すぐに結婚したり、すぐに子どもを産んだりする人がいて、両極端です。

就職したいって言うから、細かくアドバイスして、やっと内定もらったのに、本人にとっては重要なのかもしれませんが、どうでも良いことで内定辞退したり、鬱やらパニック障害をはじめ、持病的な症状を持ってる人もあと少しで治ろうってときに、言うこと聞かなくなって、ぶり返すようなことをします。

結婚もそうで、結婚できそうになると相手の悪いところを見つけてつべこべ言い出して、結婚を先送りにするようなことを言いだし、子どもできない人は、疲れたとか、いろいろ言って、セックスをしない、、、。

上記のように内定辞退した人か結婚先送りにする人は1人ってわけじゃないんです。

「なかなか~できない」と悩んでる人は必ずそうなります。

そんな「なかなか~できない人」ってのは、もうお決まりの特徴があります。

それは、とにかくつべこべうるさい!!です。

逆に「すぐにできる人」ってのは、こっちが怖くなるぐらい素直です。

軽くオススメしたつもりなのに、すぐにやってくれたりします。

きついかもしれませんが、あえて繰り返します。

なかなか~できないと悩んでる人は、

とにかくつべこべうるさい!!

です。

チャンスが訪れたからと、チャンスを掴むためのアドバイスをしたら、私が無茶なことを言ってるかのように捉えて、四の五の、つべこべと反論し、私も聞く耳を持たない人には言ってもしょうがないから引くわけですが、そうすると大体チャンスを逃して、あとから後悔してます。

で、後悔してるから、あとから、素直じゃない姿勢を指摘すると、また四の五の、つべこべと言い出します。

結局は言うことを聞かないから、また同じ事を繰り返し、何ヶ月も毎週のセッションの度に同じ事を言うハメになります。

そうやって四の五のだったり、つべこべ言う人は思考脳を使ってる人です。

思考脳というのは、過去の経験や知識を司る脳なわけですが、思考脳ばかりを使ってる人というのは、自分で考えてるようで、過去の経験や知識から検索をしている状態なんですね。

で、検索できない、つまり、過去の経験や知識にないことに直面するとエラー反応が出るんです。

そのエラー反応がつべこべだったり、四の五のという態度に出るんですね。

これは何の料理かわからない、、、。思い出せません。

できないことができるようになるというのは、できなかった人ができる人に変わるということです。

つまり別人になるってことなんです。

で、できない人にとって、できる状態というのは未経験な状態なわけです。

そうなると思考脳を使ってる人に対して、できないことを、できるようになるアドバイスをすると、未経験なアドバイスとなり、つまりエラーの出るアドバイスですから、つべこべ、四の五のと必ず言います。

逆にできない状態をキープするようなやっても意味が無いことをアドバイスすると、「良いアドバイスをもらった!」って納得します。

ですから、つべこべ、四の五の言う人が納得する方法というのは、できない状態をキープする方法ですから、そういう人が納得する方法をやると、同じ「できない」を繰り返すことになります。

そうやって、「なかなかできない」になるんですよね。

昨日、今夜、誕生!音楽チャンプという番組を見てたんですが、この番組はオーディション番組で、厳しい審査員の前で歌って、厳しい審査を受けて、高得点な人が音楽チャンプになるという番組で、昨日は過去に売れてたけど今は売れてない歌手の人が出ていました。

で、審査員が厳しい意見を言うわけですが、素直に聞く人とつべこべが凄い人がいました。

昨日は19歳の演歌歌手のさくらまやさんが歌って、辛口審査員に質問されて、キレ気味で質問に答えずにつべこべ言ってましたが、売れるようになるための貴重なアドバイスなのに、それを受止めないわけですから、それだと売れない状態が続きますよね。

19歳であんな状態だとこれからもう無理だろうなぁと心配になりました。

つべこべ、四の五の言わない人ってのは、私のお客さんの中で10%もいない気がします。

恐らく私のところに来るお客さんというのは、世間に比べて前向きな方が多いように感じます。

ですから、世間で見るとつべこべ、四の五の言わない人は、5%程度かもしれませんね。

そう考えると、なかなかできない人は、就活したり、婚活したり、できるようになる努力をする前に、まずはつべこべ、四の五の言わない状態だったり、素直状態にならないとダメで、つまり感覚脳を使った状態になる必要があるということですね。

ただ、感覚脳を使うためにはトレーニングをする必要があるわけですが、トレーニングするにもつべこべ、四の五のが始まるわけですから、無間地獄になりそうでキリが無いすね。

もうキリが無いので、トレーニングなんて言ってないで、性根をたたき直すって感じが良いかもしれませんね。

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!

コメント

  1. ブレンディ より:

    変えたいと思って
    アドバイスを求めたはずなのに、
    実際に行動するとなると、恐怖を感じました。

    変化を楽しめるのが理想ではありますが、まずは

    恐怖を感じてでも、思い切って
    飛び込めるようになりたいです。

    • D造 より:

      ブレンディさん

      コメントありがとうございます。
      アドバイスについては恐怖を感じてもやるには、アドバイスをくれた人のことを信じて、「この人が言うなら間違いないだろう」とわからなくても飛び込むしかないです。
      変化を楽しむってのは、そういう場合もありますが、恐らくそれはないです。
      私も変化のときは、イヤだなぁってやってます。