新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

高学歴、エリートなど社会的にできる人ほど自分の枠を出れない件

D造です。

昨日、あと20分でお客さんがいらっしゃるようなタイミングで、小さい水槽のフィルターを交換するためにはずそうとしたら、うまく外せず、砂利の下に敷いてるフィルタが付いてきてしまって、水槽の砂利をひっくり返してしまい、水槽がぐっちゃぐちゃになり、最初からセットアップし直すような事態になってしまいました。

お客さんがいらっしゃる前だったんで、さすがにショックが大きかったです。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

どんな人でも自分の枠みたいなものを持っています。

この枠というのは、自分の知識、経験、能力などによって自分が認識している範囲みたいなものです。

自分の枠の中にあるものは、体験済みのことだったり、できることだったり、わかっていることであり、枠の外にあることが未経験なことだったり、できないことだったり、わからないことになります。

ですから、「成長」だったり、「何かを身につける」というのは、違う言い方をすると「自分の枠を拡げる」ということになります。

また「生き方を変える」というのは、「自分の枠を別の枠に変える」ということになります。

 

で、多くの人が自分の枠にこだわって、自分の枠から外に出ようとしません。

自分の枠の外に出ることに慣れてない人にとっては、外に出るのは怖いんですよね。

 

先日、治療の先生たちのためのほふく前進ガバイ塾を開きました。

このほふく前進ガバイ塾は、これから治療院を始めようとする駆け出しの先生から、お客さんがたくさんの凄腕の先生までいます。

で、その中でとある治療をやったんですが、そしたら、駆け出しの先生ができて、経験のある先生たちができませんでした。

これは先生たちにはショックだったろうと思います。

 

ほふく前進ガバイ塾は、感覚を使った治療ができるようになるための塾なんですが、感覚を使った治療というのは、テクニックを突き詰めた先になくて、別のものなんですね。

ですから、感覚を使った治療をするなら、今までのやり方にこだわっているとできないんです。

駆け出しの先生は自分でも「まだまだだ」という認識がありますし、治療の経験も少ないから「自分の枠」の認識が薄いというか、ほとんどないんです。

ですから、個人セッションをしていても、つべこべ言わずに、素直に受止めてくださるし、何を教えても、そのまんまやってくれるんです。

だから、できちゃうんですね。

 

ちょっと前に食べたお好み焼きですが、どこで食べたか思い出せない、、、

 

ほふく前進ガバイ塾やガバイセッションをしていて思うのは、高学歴、エリートだったり、先生と呼ばれるような仕事をしていたり、社会的にできる人ほど、吸収力が低いです。

高学歴、エリート、先生というのは、「自分はやってきた」って自負があるんですね。

そうなると、人の話を聞くという事ができませんし、自分の考えが常にあるので、自分の考えと違うものは排除してしまうんです。

ですから、言われたとおりにすることが全くできませんので、同じことを何度も言わないといけません。

 

ですが、主婦だったり、派遣の仕事をしているようなエリートじゃない人は、「自分はやってきた」って自負はもちろんなくて、むしろ「自分は何もできない」みたいに思ってたりするから、自分の枠がないんですね。

ですから、感覚の使い方を教えれば、素直に実践してくれますし、思考の仕方、物の見方を教えると、言われたとおりにやってみて、自分から間違ってないかを確認してくれたりしますし、わからないことは素直に質問してくださるんですね。

ある主婦の方なんて、ホントに言われたまんまやってくださってて、一気に感覚だったり思考力が上がってらっしゃって、スーパーエリートの旦那さんよりも思考力が上がってしまってるんですよ。

そういう人はとにかく早いんですよ。

 

ちなみに、私はガンコだと思われることが多いのですが、実はとても素直なんです。

自分の枠にこだわらないし、枠を何度も出てきたんで、枠を出るのが平気なので、教わったまんまやります。

ですから、ほふく前進ガバイ塾を始めた頃は、治療についてはド素人だったんですが、今では私が一番治療できようになってしまいました。

おかげで、先日もぎっくり腰にちょいちょいなって何年も悩んでる人に施術しましたが、10分ぐらいで歩けるようになってました。

 

そんなわけで、感覚と思考力を上げるには、学歴やエリートなんて関係ありません。

むしろそんなのは邪魔ですね。

子どもが一番、吸収力が高いので、子どもを見習った方が良いですよ~。

タイトルとURLをコピーしました