「たまたま」が起こる前に「たまたま」が起こった後のことは想像できない

D造です。

今度の日曜日に前進ガバイ塾を開くのですが、仲間内で散々議論して、当日の内容の方向性がやっと見えてきてるのですが、具体的な内容がまだでヒラメキ待ちです。

 

ガバイセッション(対面セッションのみ受付中)
ガバイセッションを3ヶ月ほど受講していただくと、「なんだか前より楽」と思える状態になります。 そうなりたい方はお申し込みください。 ただ、現在、お客さんがいっぱいですので「空き待ち」となります。 それでも宜しければ、お手数ですが、お申込みフォームにガバイセッションの受講理由をご記入いただきお申込みください。

 

私がこの仕事を始めたのが4年前で、呼吸法を教わり始めたのが6年ぐらい前じゃないかと思います。

で、10年前というのは、私が30歳で、スニーカーのネット通販やアパレルの仕事をしていたころです。

ですから、10年前の自分は呼吸法の存在も知りませんから、今の自分はどうやっても想像できません。

さらに言えば、5年前は呼吸法は教わっていますが、会社役員をして株式上場を目指していたような時期かと思いますので、まさかこんな仕事をするなんて思っていません。

 

前進ガバイ呼吸法というネーミングをつけたのが2015年11月です。

そうなると2年前の今頃はまだ、前進ガバイ呼吸法というネーミングさえ思い付いていません。

ですから、2年前の今頃の自分に、「前進ガバイ塾なんてやったらどう?」なんて言っても、「なんだ、そのふざけた塾は!!」って言ってると思います。

 

私が呼吸法に出会ったきっかけは、たまたま読んだ一般人のブログで呼吸法を教わったことを書いてて、気になって問い合わせたのがきっかけです。

そのブログはたまたまヘミシンクに興味があって、調べてたときに読んだブログです。

ヘミシンクを知ったのは、たまたま本屋さんに行って、2003年ぐらいにヘミシンクの本を発見したのがきっかけです。

そんな本を読むようになったのは、2002年ぐらいに当時働いていた会社の先輩が斉藤一人さんの本を机に置いてて、当時興味を持っていた自己啓発?精神世界?というジャンルの本の存在を知ったことがきっかけです。

精神世界に興味を持ったのは、たまたま紹介された密教の占いの先生を紹介されたことがきっかけです。

 

このチーズバーグは最強!!近所にお店があれば毎週行くから、五反田か武蔵小山にお店出して!!

 

密教の先生を紹介されたのは、当日付き合っていた彼女が精神的に病んでしまって、私がえらい目に遭ってて、それを見た知人が心配して、紹介してくれました。

その彼女と出会ったのは法政大学の同級生の紹介だったんですが、私が当時とある女性に3回も告白してふられて落ち込んでいたので、みんなで飲もうということで、その同級生が高校の仲間を集めてくれたのがきっかけでした。

法政大学に行ったのは、行きたい大学がなくて、たまたま本屋に行ったら、願書が置いてあって、大学の名前も聞いたことがあったし、選ぶのが面倒だったので受験しました。

 

ってことで、延々と続くのですが、私の現在はいろんな「たまたま」が重なって、現在になっています。

「たまたま」が起こる前は「たまたま」の後は全く想像できません。

 

個人セッションで、お客さんから「やりたいことがない」とか、「将来が不安だ」とかで、「何をしたら良いのか?」と相談をいただきます。

やりたいことがないんでしたら、現在知ってること、経験したことの中にはないんですよ。

将来が不安だからと、安定した生活を求めても、どうしたら安定するのかわからないんでしたら、現在知ってることや経験したことの中にはないんですよ。

だから、それらは全部、未体験の中にある可能性が高いんです。

 

何が言いたいかというと、未来のことは頭で考えてもしょうが無いということです。

ちょっとした「たまたま」が起こるまでは想像もできないんですよ

ですから、やれることとしては、「たまたま」が起こり易い状態を作るということです。

 

「たまたま」を起こり易くするには、やった方が良さそうなこと、気になることを、「たまたま」が期待できそうになくても、全部やってみるということです。

これしかないです。

 

そんなわけで、今日はお昼に少し時間あるので、不動前にあるお好み焼きの食べ放題のお店が気になるので行ってみようと思います。

お好み焼きの食べ放題を食べてるときに、前進ガバイ塾の内容がひらめくかもしれませんね。

コメント