心配や不安を解消したいなら、まずはこれから

D造です。

昨日、どうせまた死ぬだろうと思ってメダカを50匹投入しました。

何匹のメダカを飼ったのかよくわからなくなってきました。

で、早速2匹死んでます、、、。

メダカに関しては、ホントに一喜一憂の毎日です。

いろいろ難しいですね。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私が今の仕事を始めたとき、呼吸法の先生と共同経営する形で始めました。

ですが、共同経営というのは、なかなかうまくいかないもので、3ヶ月程度で私から先生にお願いする形で一人でやることにしました。

先生には、「そうやって離れたやつでうまくいくやつなんていないぞ」なんて言われましたが、結果論ですが、先生は明らかに間違えていましたね。

まぁ、共同経営と言いながら、集客は私が全てやっていましたので、私は心の中で、「私の心配より自分の心配しなよ」と思っていました。

 

それは良いとして、ただやっぱり一人でやることを選ぶのはとても怖かったです。

その当時、お世話になった人たちにはホントに反対されました。

ですが、完全に独立したら、お客さんが倍になりまして、数ヶ月乗り切れば金銭的にはなんとかなることがわかる状態になりました。

ですから、すぐに独立したことは良かったとホントにそう思いました。

 

で、これは全体に目を向けたというか、引いて考えてるときは、「なんとかなるな」とは思ったのですが、お客さんの予約がない空いた時間のときは、10分起きぐらいに、「大丈夫!」と思ったり、「いや、やばい」と思ったり、コロコロ変わっていました。

「頭では大丈夫だとわかっていても、心配してしまう」感じです。

私の場合、独立したときにある程度のお金を用意はしていたのですが、「まさかこのタイミングで!」というような数十万円単位でお金が飛ぶようなことが重なりまして、半年は大丈夫だろうと思っていたお金が2ヶ月で無くなって、最後はクレジットカードでキャッシングして凌ぐような状態になりましたので、私の心配というのは金銭的なことでした。

 

ただ、金銭的な心配というのは、実際に計算して、何とかするしかないわけえです。

実際に計算すると数ヶ月後には大丈夫だというのはわかってましたし、今月来月というのは、クレジットカードのキャッシングで乗り切るしかないという算段がついていたんですね。

ですから、そういう意味では心配は無い状態だったんです。

なのに、お客さんの予約と予約の空いた時間に、計算して大丈夫だとわかっても、10分ぐらいすると、「本当に大丈夫なんだろうか」と心配が沸き起こるんですね。

 

最近、中華とトンカツ率たけぇ~!!

 

いい加減、同じことを繰り返すように心配してしまうからうんざりしてきまして、さすがに自分の何かがおかしいと思って、自分の状態を観察していたら、胸が苦しいことに気付いて、それを何とかしようとして偶然見つけたのが、下記の「胸のつまりを取る呼吸法」なんです。

ですから、この呼吸法と同じやり方を教えてる人がいたら、これはパクってます。

まぁ、パクってもらっても良いんですけど、、、。

 

不安、心配を引き起こす胸のつまりを取る呼吸法(一部修正しました)
D造です マンダラ手帳をいただきましたので、その活用方法を説明するセミナーに行ったんですが、隙の無いセミナーで質問ができず、結局今ひとつ使い方がわからないままです 不安、心配を引き起こす胸の苦しみ、重さはできるだけ解消しちゃいま...

実際、5秒止めるときにちょっとしたコツがあるので、私のようにスッキリとさせるには練習がいるのですが、それでもコツがわからなくても、しばらくやってるとスッキリするはずなんですね。

これは数百人単位でお客さんにも試してもらって、検証済みです。

 

お金の心配をしているときの自分の状態を冷静に見ていたら、サザエさん現象じゃないですけど、日曜日の夕方に起こるいやなきぶんと似てる感じの胸が凹むような重苦しい感じだったんです。

で、物理的にも胸が硬く、こってる感じがしたので、背伸びするような感じでスッキリさせられるんじゃないかと、いろいろやってたら、たまたま見付けたんです。

 

たまたま上記の呼吸法をして、そしたら、お金を心配をしようとしても、アホくさくなって心配できないんですね。

だけど、また数時間したら、心配が沸き起こって押しつぶされそうになってくるんですね。

そしたら、呼吸法をやると、またその心配が嘘みたいな感じになったんです。

 

で、この呼吸法の発見で、心配とか不安というのは、その人の状態からわいてくる苦しさみたいなものであって、それを勘違いして、目の前の出来事と結びつけてるだけだと思いました。

ですから、心配や不安なんて、その人の勘違いに過ぎないということですね。

疲れたときや体調が悪いときに、明るく元気に振る舞うのって難しいですよね。

それと同じです。

ですから、心配や不安だと思ってる問題がうまく解消しても、心配や悩みんでる状態があると、次の何かの出来事にこじつけるだけです。

ですから、まずは身体の状態を戻して、そのあとに勘違いや思い込みを治していかないといけないんです。

 

とにかく身体が不調だと気持ちは晴れません。

ですから、前進ガバイ呼吸法でもやって、まずは身体を整えてみてください。

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに横隔膜を上げ(お腹が凹む)、息を吐くときに横隔膜を下げる(お腹が膨らむ)逆腹式呼吸がベースとなっています。 ですので、3つの基本となる呼吸法の息の吸い方はどれも同じで、横隔膜を上に上げなら息を吸います。