新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

やりたいことを叶えようとするより、目の前の問題を解決した方が良い件

D造です。

昨日、ランチに激辛の麻婆麺を食べたましたら、大して辛くないと思ったんですが、夕方からお腹が痛くなり、未だに尻が熱いです。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

日々、いろんなお客さんが来てくださって、いろんな相談をいただきます。

ただ、その相談というのは、「お悩み」的なものは少なくて、下記のような「目の前の問題をどう解決するか」という話が多いです。

 

  • 収入を倍にしたい
  • やりたいことがないけど、現状に満足してなくて、やりたいことを見つけたい
  • 事業を拡大したい
  • 部下がトラブルを起こして、その対処法
  • 治療技術を上げたい
  • 瞑想効果を高めたい
  • 集中力を上げたい
  • 彼氏が欲しい
  • 相続の金銭トラブル
  • 子育てで子どもがわがままを言ったときにどう対応したら良いかわからない
  • ママ友がめんどくさいからどう対応すれば良いか
  • 問題なく離婚するにはどうすれば良いか
  • パニック障害や不眠症などの病んだメンタルをなんとかしたい
  • 感覚を上げたい
  • 自信をつけたい
  • いつも不安に押しつぶされそうでなんとかしたい

 

こんな感じでしょうか。

 

ブログではいつも厳しく書いてるつもりがないんですけど、そう感じてる方が多いようですが、ガバイセッション(個人レッスン)では厳しくというより、かなり具体的に話をしたりします。

例えば、転職先が決まって、最短で退職したいからと相談があれば、

 

  • 退職時に陥りがちなミスについて
  • 退職時に持っておくべき心がけ
  • 退職願をどういうタイミングで出し方が良いか
  • そのときにどういう伝え方をすれば良いか
  • 伝えたときに上司の反応パターンを予測して、そのパターンそれぞれに対して、どう返答すれば良いか
  • 引き継ぎ書を段階的に出して、こちらのペースで事を進めて行く
  • そのときの引き継ぎ書は、こんなのをまず出して、その次にこういうのを出した方が良い

 

とか、かなり細かく答えてます。

で、上記のように具体的な相談については具体的に答えられるんです。

ですが、「これからどう生きたら良いんだろうか」的なお悩みについては根本的なことから話をせざるを得ないです。

 

これが麻婆麺です。酸辣湯麺もおいしいらしいので今度食べてみます。でも激辛はやめときます。

 

多くの人が「自分はダメなやつだ」なんて思いながらも、どっかで「自分にはまだまだ可能性がある」と思ってたりするんですよね。

そのためか得たい結果というか、願望というか、それが現実と理想にギャップがあるというか、ズレてたりするんです。

 

スピリチュアル、自己啓発や心理学を中途半端に学んでる人は、さらにこじらせたようにややこしくなっていたりします。

あり得ないことを高望みしちゃってる感じになってる人が多いんですよね。

自称悟り体験者(別名:餓鬼型人間)の話だったり、願望実現だとか引き寄せの法則だとかの話を鵜呑みにして、不安などが一切なく、自信ややる気に満ちあふれた状態があるかのように錯覚したり、天からお金が振ってくるかのようなことを望んでたりするんですよね。

 

さらに言えば、実現したいことがあるんなら、それを実現するために、どうすれば良いか具体的な行動を起こしていかないといけないんですが、ごちゃごちゃと頭でこねくり回してるだけになっちゃってるんですよね。

そして、「何かを実現したいなら、時間をとらえることは絶対条件」の記事でも書いたように、今すぐに理想の状態になろうとしていたりするんです。

本当は落ち着いて、目の前にあることを見ていくと、高望みしたことより、もっとマシで、すぐに手に入る幸せみたいものがあるのに、そっちを無視して、蜃気楼を追いかけてる状態なんですよね。

 

充実感に溢れ、ピッカピカの人生なんてあり得ないですよ。

不安が一切ない状態なんて、頭がいかれた状態です。

私なんて、マッサージを受けるたびに「こんな身体初めて触りました!!」なんて言われるぐらいに身体がバッキバキに疲れてて、ですから常にあちこち辛く、ダルいです。

そして、今はこうやってお客さんが来てくださってますが、いつ来てくれなくなるかわからないわけで、来年の今頃、別のことをしてるかもしれないと思ってます。

ですから、やりたいことをやってはいますが、常に「たいへんだなぁ」と思うことはあっても、充実感を感じることはないです。

仕事が終わって、振り返ったときに、「あぁ、充実してたかもな」って思うぐらいです。

だけど、お客さんにそんな態度を見せると問題になるので、感じ良くしてるだけです。

 

多くの人が「辛い」、「寂しい」、「不安だ」とか、そんな感情に呑まれてることが問題なんです。

で、それはお腹が減ったら「腹減った」と感じたり、目黒川のそばを歩いて「くせぇ~!!」って思うようなもので、心身の状態が不健全で、「辛い」と思ったりするんです。

ですから、腹減ったと思ったら何かを食べるように、「辛い」、「寂しい」、「不安だ」と感じれば、状態を整えれば良いんです。

ただ、凝り固まった観念があって、辛いときに「状態を整える」という発想が浮かばないので、ガバイセッションを受けてもらっても年単位でやっと切り替えられるぐらいです。

 

とにかくやるべきことは、状態がおかしくなれば整えて、そして、目の前のことに対して、具体的に考えて行動を起こすだけです。

それができるようになれば、現実的な地に足がついたような願望というか、目標を抱けるようになります。

ですから、願望だったり、理想というのは、状態を整えて、具体的に考えて行動ができるようになってから考えた方が良いと思います。

それまでは、とりあえず目の前の問題を具体的に解決していきつつ、自分を整えることができるようになることに集中した方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました