新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

不安や心配から解放されるには

D造です。

今日はかなりパッツリ仕事です。

がんばります。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

世の中にはいろんな自分を整える方法があります。

自分を整えるというのは、心身を回復させるという言い方でも良いと思います。

例えば、道具を使って自分を揉んだり、サプリなどを飲んだり、マッサージを受けたり、最近では瞑想も一般的になってきました。

 

迷惑をかけてしまうので具体的には書けないのですが、企業に勤めているときに、ホントにいろんな目に遭いました。

過労で神経がおかしくなり、足の裏に釘が刺さったような激痛が起こり、松葉杖ついて出社していたこともあります。

自分のミスで訴えられそうになったり、夜中に怖い人に脅されたこともあります。

また、資金繰りが苦しくなって、銀行とゴリゴリの交渉をしないといけないこともありました。

そんなときは、心身共にホントにたいへんで、かといって、仕事をゆるめるわけにもいきませんので、自分を強くするというか、自分を整える方法をずーっと探していました。

 

で、自分のライフスタイルにあった自分を整える方法ってのが、またなかなか無いんですよ。

なんというか、自分を整えることに問題意識がある人もあんまりいないんですよ。

ですから、誰に聞いても、答えられる人いなかったんですよね。

 

例えば、マッサージを受けると身体が楽になります。

だからと言って、仕事で失敗して落ちこんだからと、すぐにマッサージを受けるなんてことができないんですね。

道具を使う方法があったとしたら、それも悪くないんですけど、でも、仕事で道具を使えないときには役に立ちません。

 

瞑想を毎朝やっていたこともあります。

瞑想すると気持ち良かったんですが、働いてると毎日時間を取るのもたいへんだし、朝瞑想して気持ち良くなっても、満員電車を降りるころには、良い感じな状態はどっかに行ってるんですよね。

かといって、会社で瞑想するにわけにもいきませんでした。

ひょっとしたら、瞑想は自分を整えるためというより、覚醒するためとか、悟るためのトレーニング方法なのかもしれませんが、私は仕事がうまくいけば良かったので、悟るよりも体調を整えることをしたかったので、瞑想もいまいちだと思いました。

 

 

この分厚いトンカツはたまらんとです。

 

私は5日だったか1週間だったか忘れましたが、断食をしたことがあるんですが、そのときに5日目ぐらいに空腹感と頭痛が同時にきまして、パニックになりました。

恐怖が襲ったというか、、、。

結局はハチミツをなめたらすぐに落ち着いたんですが、まさか空腹感でこんなにパニックになるとは思いもしませんでした。

 

で、私は「いつも空腹になってもなんともないのに、今回はなぜパニックになったのか」を考えてみたら、私たちが空腹になってもパニックにならないのは、「空腹になっても、すぐに食べれば回復する」というのを体感レベルで知っているからです。

それが「食べれない」という状況になれば、空腹を回復しようがないわけで、そうなるとパニックになるんですね。

 

ってことになると、私たちが日頃、不安や心配に押しつぶされそうになるのは、「目の前の問題を自力で解決できる」と思えないからなんです。

ですから、不安や心配に押しつぶされないようにするには、「問題を自力で解決できる」ということを知らないといけないんです。

ただ、ホントに疲れたり、風邪を引いてしんどいときは、出来事をネガティブに解釈しがちで、逆に身体が元気だったり、気分が明るいときは、出来事を明るく受止められたりします。

ですから、仕事で問題が起こったときに感じるたいへんさは、体調によって変わるということになりますから、まずは心身を整える

ことさえしておけば、最低限はなんとかなるように思います。

 

そんな観点から、いろいろ探して見つけたのが呼吸法なんですね。

呼吸法は道具も要らないし、手足が無くなったとしてもできますし、場所も選ばないし、生きてさえいればできることなんですね。

呼吸をやって「いつでも自分を整えられる」と知ることができれば、ちょっと体調が悪くなったって、不安にならずに済みます。

 

はっきり言いますが、呼吸法が完璧というわけではありません。

マッサージを受けて済むならマッサージを受ければ良いと思います。

呼吸法よりマッサージの方が良いことだってあります。

私が言いたいことはいろんな自分を整える方法を知って、最適な方法をやりながら、いつでもやれる方法も知っておけば、「いつでも自力で整えられる」と思えて安心だってことです。

多少の不安や心配も「腹減ったなぁ」ぐらいになるということです。

 

前進ガバイ呼吸法は下記に書いてます。

多少、やり方が違ってても、やってれば効果はあります。

そんなわけで、やってみてください。

 

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに身体を開き(胸が開き、お腹が自然に膨らむ)、息を吐くときに身体を閉じる(お腹が萎む)、腹式呼吸がベースとなっています。 目安として、1日に1回程度、合計10分強程度、実践してください。

 

タイトルとURLをコピーしました