ゾンビ型人間的なやりとり、、、

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

水槽に入れてる植物に数ヶ月前に必死に駆除した貝の卵をうんざりするぐらいの大量に発見しまして、水草を入れ替えすることにしました。

こういう貝をスネイルと呼ぶのですが、販売業者によっては、業者側の努力でこういうスネイルが発生しないように工夫して販売している業者もあるそうです。(業界にも詳しくなってきた)

どっちが自然かと言われれば、スネイルがいる方ですが、でもイヤですね。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

不安や恐怖などのネガティブ感情に一度囚われてしまうと、その感情から離れられなくなる人が多いです。

ネガティブ感情に囚われてしまうと、全ての人が思考力が極端に下がり、優しく手を差し伸べていたとしても、それが攻撃に見えてしまったり、まともな判断ができなくなります。

以前にも書いたことがあるのですが、ネガティブ感情に囚われてる人は、下記のようなやりとりになりがちです。

下記は手のひらを怪我している人と治療しようとする先生という設定です。

ケ:先生、手のひらを怪我しました。治療してください。

セ:手のひらを開いて見せてください。

ケ:痛くて開けません。

セ:でも、開いてくれないと見れないので、頑張って開いてください。

ケ:そんなこと言われても痛くて開けないので、どうやって開いたら良いんでしょうか?

セ:思いっきり開くしかありませんよ、がんばってください。

ケ:いや、そういうレベルじゃないんです。先生は私の気持ちをわかってくれないんですか?

セ:気持ちはわかりますが、わかったところで治療できないんです。だから開いてください。

ケ:私の気持ちをわかってくれないなんてヒドい!

セ:あなたは私に気持ちをわかってもらうためではなく、治療のためにいらっしゃったんですよね?私が気持ちをわかったところで意味ないですよ。

ケ:意味ない?それが先生の仕事じゃ無いんですか?そうやって正論を言って、責めないでください。

セ:いや、事実を言ってるだけですし、私はあなたが言ってることに返してるだけで、責めたい気持ちなんてありませんよ。

ケ:あ、私が全て悪いんですね。私だって、自分がこんな風になりたくてなったわけではないんです。みんなが私に全部押しつけてくるからこんな目に遭うんです。

セ:そういうことじゃなくて、早く治療しないと辛いですよね?

ケ:私だって、そんなこと言われなくてもわかってます。私は運が悪いんです。ずーっとこうなんです。

セ:いや、運は関係ないですよ。とりあえず、治療しましょうよ。

ケ:いや、私のことをわかってもらわないと話が前にいきません。前に過去世を見てもらったら、過去世が原因だってのもわかってます。こうならないようにするにはワクワクすることをするしかないんです。自分で気付くしか無いんです。

セ:気付かなくても治療はできますよ。スピリチュアルに傾倒し過ぎですよ。

ケ:批判するんですか?批判は良くないです。先生ももう少し内観した方が良いと思います。全ては一つだって自覚するしかないんです。全ては愛なんです。

セ:なら、好きにしたら良いですよ。

ケ:そうやって見放すんですね。それを何とかするのが先生の仕事じゃ無いんですか?

セ:・・・。

(エンドレスに続く)

こんなところでしょうかね。

私もこんなやりとりが、お客さんだけでなく、家族、友人とホントに多いです。

ドンドン論点がすり替わって、最終的には攻撃されたようになります。

カレーオンザエッグアンドカツ!!甘辛でうまかった!!

まぁ、友人や家族については、基本的にこんなやりとりになる前に相手にするのをやめます。

ですが、お客さんはそんなわけにはいきませんから、時間をかけて対応していくことになりますが、ほぼ全てのお客さんとレッスン開始から3ヶ月ぐらいで、こういうバトルが勃発します。

そして、半年ぐらいしたら、自分がバカなことを言っていたことに気付いて、そうなるとそこをなんとかしようって気になってくるようです。

私も以前はこういうやりとりはしていたんじゃないかと思います。

で、独立してからちょっとして、そう考えることは無くなったと思います。

独立してから、すぐに金銭的に窮地に追い込まれたんですが、そのときにいろんなせいにして、原因を全部切り捨てたんです。

まぁ、実際、切り捨てた人を振り返ってみたら、餓鬼型人間ばかりで間違いなかったんですけどね。

そしたら、誰かのせいにする人がいなくなっちゃって、自分で何とかしないといけなくなったんです。

そんな中で、記事に何度も書いてますが、苦しさが目の前の現象によるものではなく、「胸のつまり(圧迫)によるところが大きい」と気付いて、呼吸法を使ってなんとかしてみたら、現象は何も解決してないのに、苦しさがどっかに行ってしまったんです。

そして、その苦しさを何度か何とかしていたら、ネガティブ感情に囚われることが無くなりました。

いや、今でも時々、囚われることはあるんですが、すぐに切り離しができます。

で、上記のやりとりのように、ネガティブ感情に囚われてしまって、問題とする対象を間違えて、おかしな解決手段に頼ってる人が多いです。

ネガティブ感情に囚われてるときは正常な判断ができません。

ですので、ネガティブ感情に囚われていないときに信頼できる人を選定しておいて、ネガティブ感情に囚われたとしても、信頼できる人の言葉を強制的に信じるようにしていくしかないと思います。

ただ、信頼できる人の選定を間違えてる人も多くて、こうなると元も子もないんですが、その場合は痛い目にあって学習するしか無いんでしょうかね。

そんなわけで、ネガティブ感情に囚われてるときは正常な判断ができてないことを、まずは念頭に置きましょう!!

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!