とても恥ずかしがり屋で、恥をかきたくないから根拠が無い主張はしたくない件

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です。

突然ですが、昨日の記事のマグロとペンギンの動画を見ていたら、アクアリウムでも始めてみたくなってきまして、昨日、3冊ぐらい本を読みました、、、。

30cmキューブサイズならやれなくも無いなぁとわかりまして迷ってます。

今週はなぜか時間あるので、設置するにはチャンスと言えばチャンスなんですよね、、、。

基本的にやるつもりなんですが、生き物を飼うことになるので、ホントにやりきれるのかよく考えます。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

私は以前、出版が決まって、うまくやっていれば、2015年の暮れぐらいだったと思いますが、出版するようになっていました。

ですが、下記の記事にも書いている通り、出版を断りました。

価値は欲しい人にはあるけど、無い人にはない。そして、正しい価値は感情抜きにしないとわからない。
価値は欲しい人にはあるけど、無い人にはない。そして、正しい価値は感情抜きにしないとわからない。
で、以前からいただいていた出版の話を断ってしまいました。 ですので、出版の話は無くなりました。 やめた理由は、執筆する時間がないということ、時流が今じゃ無いと判断したこと、今、ボイトレやグループセッションを始めようとしていて、その立ち上げに専念したいなどです。

出版社さんに声をかけてもらいましたが断りました
出版社さんに声をかけてもらいましたが断りました
D造です。 今日は早朝散髪です。 昨日の記事はかなり渾身の記事というか、濃い内容の記事だと思います。 ここ...

私は、自分が書いた本に対して、

「これは良い本ですよ!ぜひ読んでください!」

と言って、売り出す気になれないんですよ、恥ずかしくて、、、。

例えば、本を読んだ人が「覚醒しまくった!」とか、「年収が倍になりました!」とか、そういう結果が出れば「良い本ですよ!」って言えると思います。

そういう結果もなく、「良い本ですよ!」って自分の本を宣伝するのはナルシスト的というか、自画自賛してるようでもあり、また商売っ気もあってイヤなんですよ。

良く「究極のホニャララを伝授します!」とか、「常識やぶりのホニャララ」みたいなキャッチコピーでセミナーやら講演会を販売していたりする人がいますが、そういうのを見ると私は引くんですよね。

すげぇメンタリティーだなぁって思います。

私はこのブログでは、「これが正しい!」という単なる価値観の押しつけは極力しないようにしています。

ひょっとしたらそういう風になっている部分もあるかもしれませんが、そうならないように気をつけています。

で、そうならないようにするためにやっていることとしては、自分が思ったこと、考えたことに関して、なぜそう思うのかの根拠を示すようにしています。

ですから、私が示す根拠の矛盾を指摘され、その通りだとわかれば、すぐに意見を変えます。

ブログを開設当初はそこまで根拠について意識していなかったですし、また経験によって、改めてわかったことがありますので、自分が過去記事に書いてる根拠の詰めの甘さを感じることもあって、過去記事は恥ずかしくて読みたくないです。

四川風のもつ鍋!豆腐かと思いきやレバーだったり、内臓盛りだくさんで食べるのつらかったです。味は良かったのですが、、、

ですから、私は主義主張だったり、信念めいたものはほとんどありません。

信念があるとするなら、「一度サボると継続が辛くなるからサボらない」とか、「やるからには前進しかない、やる前から後退を想定するなら、最初からやらならい」とか、自分の行動指針みたいなものはあります。

それらも経験則から積み上げた根拠があっての指針ですが、だからって他人に強いるつもりはありません。

それはなぜかというと、私はそうだけど、他の人は違うかもしれないからです。

仮に他の人にも当てはまるとするなら、そうなる根拠がなければ言わないことにしています。

「根拠」というのは、科学的実証でなくても良いです。

例えば、「これまで○○回ぐらいやってきたけど、いつも××になる。そうなる理由は△△だから」って言えれば良いと思っています。

そのときに「大学の教授が科学的に実証しているから間違いない!」って鵜呑みにすることはしません。

仮にものすごい教授が科学的に実証していたとしても、実際に取り入れてみて本当にそうなるのか検証して、自分なりの根拠を持たなければ自分の考えとして発言はしません。

そんな感じで私は根拠を大切にしています。

ですから、例えば新しい練習法を思い付いたとしたら、まずは自分で試して、そして、お客さんにも試してもらって検証するようにしています。

そして、20~30人に試してもらって検証できたものをブログに書くようにしています。

そんなわけですから、私が例えば本を出したとしたら、

良い本かどうかはわかりません。

一生懸命は書きました。

読んでもらってためになるかはわかりません。

ただ、買ってもらえたら嬉しいです!

みたいなことを言って宣伝することになると思います。

こんな感じだと自分の影響力では、本なんて大して売れるわけがないですよ。

とにかくどんなに画期的なことでも、同じように思い付いたり、できる人って、自分が知らないところに何人かいるはずなんですよ。

ですから、仮に私がどう考えても、世界初のような画期的な何かを思い付いたとしても、「究極の~」とか、「画期的な~」とか、「常識やぶりの~」というのは恥ずかしくて言わないです。

そういう意味では、「私は覚醒しました!」とか、「私は悟りました!」とか、「俺サイコー!」って口が裂けても言いたくないです。

そんなわけで、何が言いたいかというと、私は下記のようなことはしても、実は恥ずかしがり屋だってことです。

これがなれの果てです、、、。

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
現在、お客さんがいっぱいでして、新規募集はしておりません。
キャンセル待ちで宜しければ、お申込みくださいませ。
1ヶ月もお待ちにならずに受付できると思います!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

とても恥ずかしがり屋で、恥をかきたくないから根拠が無い主張はしたくない件
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!