餓鬼型人間がリーダーの組織は焼き畑農業的になりがちで、永続的な組織活動をするなら人型人間がリーダーである方が良い

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です。

先日、NHKでKinKi Kidsの特集をやっていて、良い歌を歌うなぁと思って、CDを借りてみたんですが、CDだとテレビほどの感動が無くて、微妙な気分になりました。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

昨日、人型人間、餓鬼型人間などについて体型的に説明してみました。

かなり労力をかけて書いたんですが、あんまりアクセスが増えなかったです。

まぁ、そんなもんですよね。

昨日のような記事を書くと、自分や他人が何型なのか判定したくなりますが、どの人もどの要素も持っていて、また、時と場合によって、強弱が変わったりもします。

ただ、基本的なスタンスとして、どの要素が強く出ているかという傾向があって、一部の人はある要素が極端だったりすることはあると思います。

また、こうやって分類すると、人型人間や鬼型人間が良いかのように思えてきますが、経済的に成功している人は餓鬼型人間であることが多く、人型人間だったり、鬼型人間は経済的に成功しているように見えなかったりします。

ですから、成功者になるというのは、餓鬼型人間になると言っても良いぐらいです。

もちろん成功者の全員が餓鬼型人間であるというわけでもありません。

経済的な成功者がなぜ餓鬼型人間である可能性が高いかというと、経済的に成功するというのは、その人のところに富が集中するということです。

集中するということは、そこに富が留まるということで、留まるということは循環していないということです。

そうなると人型人間や鬼型人間などの循環型の場合、富を生んでも循環させてしまうので富が集中しなくなってしまい、経済的に成功した状態になりにくいです。

そう考えると、富が集中している状態を作り出すのが上手なのは、餓鬼型人間となります。

例えば、企業の社長が循環型だったら、取引先も儲かるようにしたり、また社員が豊かになるようにします。

そのときに取引先や社員が循環型だったら、関係者でドンドン活動すれば、ドンドン循環して循環量が大きくなっていきます。

ですが、そこに一人でも搾取型がいると、その搾取型が独り占めし、循環しなくなって、循環型が疲弊してしまいますね。

ですから、複数の人が関わって活動するときに、搾取型が社長などのリーダーとなった場合、最終的にはリーダーが得するような形でリードするために、それに関わる人は生かさず殺さずのような形になって、豊かなるどころか、疲弊してしまう場合が多いです。

玉子好きにはたまらん親子丼です。

で、世の中を見ると、多くの企業が、この搾取型の場合が多いですよね。

社長がガッツリ給料をもらって、社員はしこたま働かされて、安月給、、、みたいなね。

ただ、社員も餓鬼だったり、ゾンビだったりするから、組織を維持するために、社長に富を集中させた方が組織が存続しやすいこともあるため、リーダーが循環型だったとしても、社長に富を集中させることになり、社長が高給であることがダメだとは言いにくく、むしろやむを得ない気もします。

組織活動に関わる人が疲弊してしまっては、いつか尻つぼみになってしまいます。

ですから、組織が永続的に残るには、組織のリーダーとそれに関わる人が全員循環型の人間であることが条件となります。

ただ、組織に関わる人全員が循環型であることが理想ではありますが、実際は難しいです。

そうなると、強制的に循環するようなルールや組織システムを作ることが大切になります。

で、そういうルールやシステムを作るには、搾取型人間にはできませんので、循環型人間である必要があり、さらには、鬼型人間では無く、人型人間の要素が強い人である必要があります。

それはなぜかというと、システムやルールを作るには、組織に関わる人が考えていることを理解して、それに合わせて形を作ること大切になりますので、パワーで解決しようとする鬼型人間には無理です。

ですから、循環する組織を作るには、リーダーが人型人間の要素が強い人がやるべきとなります。

そして、システムやルールができあがって、それに則ってプロジェクトを実行するにはパワー重視、つまり実行力のある鬼型人間が向いていると思います。

結局、何を目的として活動するかにもよりますが、餓鬼型人間がリーダーになると、それに関わる人は疲弊するわけですから、焼き畑農業的な組織運営になり、うまく言っても一時的なものとなりがちです。

ですから、永続的な組織活動を目指すなら、リーダーが人型人間であり、その構成員は鬼型人間や人型人間の循環型人間で構成することを目指すのが良いということになりますね。

ってことで、みんなで循環型人間を目指しましょう!!

では、さっそく、循環のための行為として、応援クリックをお願いします!!

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
個人レッスンがしばらくキャンセル待ちでしたが、あと1名様だけお申込みを受け付けます。
ご興味をお持ちの方はこのタイミングでぜひお申込みください!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

餓鬼型人間がリーダーの組織は焼き畑農業的になりがちで、永続的な組織活動をするなら人型人間がリーダーである方が良い
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!

コメント

  1. 矢鱈 愛子 より:

    はじめまして
    人気ブログランキングよりお邪魔しています
    興味深い内容ですね
    社長ばかり給料が高くて・・・と
    不満を持っていましたが
    ある意味解消されました

    応援ポチさせてください

    • D造 より:

      矢鱈愛子さん

      コメントありがとうございます。
      コメントが迷惑フィルタにひっかかってて、返信が遅くなりました。
      申し訳ありません。

      応援ポチありがとうございます。
      雇われの状態だと基本的に搾取されて終わりですよね、、、。