餓鬼型人間にならないようにするために気をつけるべきことは?

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です。

土曜日にとあるレッスン?を受けたため、土曜日の午後からお休みしましたら、そのしわ寄せが日曜日に来まして、日曜日(昨日)はたいへんだったのですが、レッスン効果か、昨日は余裕でした。

体力がついたというより、回復力が上がったような感じがします。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

さて、今日はメルマガ配信日です。

メルマガでは、ブログでは書きにくいことを書くというコンセプトでやってますので、基本的に皆さんにいただいた質問は全部答えるようにしています。

前回のメルマガでちょっとだけ答えにくい質問をいただいたのですが、そしたら、それが呼び水になって、別の人からさらに答えにくい質問をいただいています。

なお、このメルマガは当初、宣伝目的で始めたのですが、私が告知したいことが無いので、宣伝メールのようなものは結果として、ほとんど送っていません。

ですので、宣伝メールを送らなさすぎて、逆に宣伝メールを送るのが申し訳ない気がして、年に数回程度、毎週のメルマガの中でちょっとだけ宣伝させてもらってます。

そんな中で、下記のようなホットな質問をいただきました。

D造さん、こんにちは。

初めての質問をさせて頂きます。

この人いいな、と思った人が稼ぎ始めて、うまく行き始めると俺サイコー!系になるのを何人か見てきました。

また餓鬼によって知らず知らず本人も餓鬼化してるんじゃないか?というような人も最近います。

私も知らず知らず餓鬼にならないか、心配なのですが、D造さんは、餓鬼にならないのですか?

だとしたら、なぜそうならないのでしょうか?

餓鬼型人間、ゾンビ型人間については下記のカテゴリにまとめています。

こうやって見ると、餓鬼型人間について書き始めたのは1年ぐらい前からなんですね。

私が餓鬼になる可能性は有るか無いかで言うと有ります。

ただ、なる可能性は一般の人より低いと思います。

ゾンビ型人間、餓鬼型人間というのは、自分が生き残ること、すなわち自己防衛がベースになった発想をする人なわけですが、そうなってしまうのは、幼少期に親や学校教育ですり込まれたり、イジメがあったり、そういう体験によって、自己防衛せざるを得ず、それが観念化してしまったものが原因なんです。

学校教育もゾンビ型人間育成教育ですから、お受験をやらせるとゾンビ型人間になります。

で、そういう環境によって、ゾンビ型人間的要素を育成されるわけです。

そうなると餓鬼化しないようにするための根本的な解決は、自己防衛的な観念を取り除くことなんですよ。

で、大人になる中で、その観念が解消されてる人は良いんですが、多くの場合、そうではないんですね。

個人レッスンでは、そこを主眼においてやってる部分もあるんですが、根深いものがありまして、数年かけてもなかなかできません。

私の場合は、親が餓鬼型でも、ゾンビ型でもなく、人型人間だったんですね。

ですから、人型人間として育てられたんで、ゾンビ型人間的な要素が極めて低いんですね。

そういう意味で、私が餓鬼型人間になる可能性は低いんですよ。

久しぶりに二月堂の揚げ蕎麦あんかけを食べました!!うめーです。

でも、私が餓鬼化する可能性は低いと言っても、ゼロじゃないんです。

ですから、気をつけないといけません。

で、ゾンビ型人間の要素が低過ぎるのも問題で、低いと餓鬼化しにくい反面、ゾンビ型人間や餓鬼型人間の気持ちを理解できないんです。

それでは自分で餓鬼化しないように気をつけようがないので、自分が餓鬼型人間になりきって体験をし、それを考察することをしています。

ですから、食事をするときに餓鬼になりきり、その成果が毎日のブログ写真ですし、餓鬼型人間とわざと接触し、その体験をしっかり考察し、その結果を記事に書かせてもらっています。

餓鬼型人間について知ってもらうと、餓鬼化の抑制になりますからね。

ただ、この考察には時間がかかります。

「その間に何かあったらどうするんだ?」ということになるんですね。

ですから、私は私の回りに信頼できる人をおいて、自分の状態を確認するようにしています。

で、そのときの私の決まり事としては、その「信頼する人の意見は一度は必ず受け入れる」ということにしています。

私がどんなにやりたいと思っても、その信頼する人が反対したら、一度なぜ反対するのかを考えることにして、場合によっては、なぜ反対するのか議論してもらって、理解するようにしています。

反対意見を言われて、「自分でやるから大丈夫です」なんてことを言って拒否したら、終わりだと思っています。

実際、餓鬼化する人の特徴として、都合が悪いと思ったことを自分でやろうとしますしね。

そうなると、その信頼する人がおかしくなったら、私もおかしくなります。

ですから、そういう信頼できる人を複数人置いています。

で、信頼する人の見極めが大切になりますよね。

どういう基準で判断しているかというと、好き嫌いなどの個人的な都合ではなく、客観的な基準で物事を判断しているかどうかです。

私の場合、それを判断するためのテスト法みたいなものがありまして、それをやって合格して、その上で、時間をかけて付き合って判断しています。

テスト法は過去記事で書いてますが、あんまり書くと手の内がバレて、テストがテストじゃなくなるので書きません。

そんなわけで以上が回答になります。

ということで、いつも応援クリックありがとうございます。

今日も応援お願いします!!

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!