成功した!目標達成した!と思った瞬間に使う脳が変わって、それによって餓鬼型人間化する件

ランキングバナー
【ランキング参加中!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です。

昨日、世田谷若林にある「もみじ部屋」でマッサージを受けまして、過去最高に気持ち良かったんですが、そのあと身体の調子が良くて、急いで駅の階段を駆け下りたら、目測を誤りまして、足をねんざしてしまいました。

去年も整体を受けたその直後にねんざしたんですが、身体を整えたあとは身体の感覚が変わるから気をつけないとですね。

年齢的にも無理ができなくなってきてますから、今後は気をつけますです、、、ハイ、、、orz。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

これまでの記事の中で、思考脳、感覚脳、パワー脳などという言い方で脳の話をしていますが、実際は思考脳が大脳のことで、パワー脳は脳幹でなどいった感じで、実際に脳のどの部位のことを言ってるかってのはあるんですが、それをイチイチ書いたところで難しくなるだけですので、わかりやすく理解してもらうために、代名詞的にそのように置き換えて説明しています。

私も脳については、白い靄のおやっさんに教えてもらったり、また自分で勉強し、自分の体感、経験をふまえて、私なりの解釈を書いているだけで、脳についての専門的なことはよくわかっていません。

ですので、私が書いていることに関して、新しい視点だと言ってくださる方がいるんですが、私のオリジナルではありませんし、似たような話はインターネット上にもあります。

オリジナルがあるとするなら、思考脳、感覚脳、パワー脳という置き換えた説明の部分だけです。

観念というのは、過去の経験からできあがった経験則、思い込みのことを言います。

例えば、「寒いから服を着る」というの観念ですが、これは過去に寒い体験をして、そのときに親から寒いから服を着るように言われてできあがったものだったりします。

私の場合、小学校の頃は冬でも半袖・短パン少年でしたので、「寒いから服を着る」という観念が薄いんですね。

ですから、今でも自宅に帰るとTシャツとパンツでウロウロしているのですが、この時期になると「寒いなぁ」ってガタガタ震えてるときがありまして、そんなときにマキ様に「服でも着れば良いじゃん!」なんて言われて、「あぁ!そうか!」って気付いたりします。

で、この観念的なものを処理しているのが「思考脳」で、寒いと感じたそれは「感覚脳」の処理です。

かなり乱暴な説明になってしまうのですが、行動をしようとするときに、過去に経験したことを再現するような行動をするときは「思考脳」が中心となり、今この瞬間を感じ取って、それを何とかしようとするときは「感覚脳」を中心に使うことになります。

「パワー脳」というのは、「思考脳」、「感覚脳」を使うための電源と思ってください。

ココイチのカレーは特別おいしいわけではないんですが時々食べたくなる!!

ここから昨日の記事の続きのような話になるんですが、私たちがプロジェクトを新しく立ち上げようとするとき、過去に経験がないことですから、今、この瞬間に感じている耳や目などの五感からの情報を捉えて、試行錯誤をするわけですが、そのときは感覚脳をメイン使って処理しているんですね。

で、あらゆる情報を捉えて何とかしようとしていますから、それを処理しようとするだけのパワーも使っていて、そのパワーをパワー脳が支えている感じになります。

ですから、思考脳と感覚脳の処理では、使っているパワーの量が違っていて、感覚脳を使う方がたくさんのパワーを要します。

で、プロジェクトがうまくいって、「俺はできる!」と思った瞬間、これまで必死にやってきたプロジェクトが過去の出来事となり、これまでと同じようにプロジェクトを実行していたとしても、感覚脳処理ではなく、思考脳処理に変わるんですね。

思考脳をメインに使って、プロジェクトを実行しているときに、これまでと同じようなことが繰り返されればスムーズなんですが、イレギュラーなことが起これば、過去の経験を使ってイレギュラーな出来事を解決しようとしてしまいます。

イレギュラーなことが起こったときに感覚脳に切り替えられれば良いんですが、「よし!感覚脳に切り替えよう!」みたいな感じで切り替えられるものではなく、気持ちをプロジェクトを立ち上げたときのような状態にしないといけないんですね。

ただ、一度経験したことを初めて経験するかのような状態にするということですので、これは難しいんですね。

ですから、一度、思考脳処理に切り替わったら、感覚脳処理に切り替えるのって難しいです。

そうなると、思考脳処理は過去の経験を使って処理するわけですから、過去に経験したこと違うことが起こると、エラー反応が起こるんですね。

このエラー反応が不安や畏れとして認識することになります。

で、「不安や畏れを感じたときには、○○する」という観念があって、「○○する」をやってしまうんですね。

そのときに「不安や畏れを感じたときに○○する」の○○が、餓鬼行動だったりすると、思考脳で処理できないこと、すなわち不安や畏れを感じると、餓鬼行動をしてしまうんですね。

ですから、餓鬼化しないようにするには、

・餓鬼行動を起こしてしまう観念を整理しておく

・どんなときも思考脳ではなく、感覚脳を使う

ということが必要になります。

で、観念は過去の経験から生まれた経験則や思い込みなわけですが、私たちに大きく影響している過去の経験は、子どもの頃の親や学校の先生から得たものであることが多く、そういう大人達が餓鬼型人間やゾンビ型人間だったら、やっぱり餓鬼行動を起こしてしまう観念を植え付けられてるんです。

ですから、両親が餓鬼型人間やゾンビ型人間で無ければ、餓鬼化する可能性は低いです。

で、観念の整理というのは、たいへんな作業で、基本的には自力では不可能です。

餓鬼行動を起こしてしまう観念を整理するには、人型人間と関わって、小さいときに教わったようなことを、新しく学び直すようなことが必要になります。

また、「どんなときも思考脳ではなく感覚脳を使う」ということについては、これまでブログに書いてきたような生き方をするということであって、簡単に説明できるようなものではありません。

強いて言えば、前進ガバイ呼吸法でもやっていただいて状態を整えるようにするということと、あとは何か達成できても、自分を過信しないことでしょうか。

ですから、「俺サイコー!」なんて叫ぶのは論外で、餓鬼化するための呪文だと私は思いますね。

実際、私のレッスンのなかでも感覚脳を使うためのトレーニング的なことはやってはいますが、筋トレみたいなもので、身になるには年単位で時間がかかります。

ですから、自力でやるとたいへんかもしれませんが、気長に取り組むのが良いと思いますね。

そんなわけで、とりあえず状態を整えましょう!!

ってことで、本日も応援クリックお願いします!!

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
現在、お客さんがいっぱいでして、新規募集はしておりません。
キャンセル待ちで宜しければ、お申込みくださいませ。
1ヶ月もお待ちにならずに受付できると思います!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!