生きたいように生きるために必要な視点

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です。

私は来る者を選んで、去る者を追わない主義です。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

下記のような選択があった場合、あなたはどちらを選びますか?

・楽しいけど、得たい結果が得られない方法

・辛いけど、得たい結果が得られる方法

プロセスだけを見ると、辛いか楽しいかの選択となり、そうなると楽しい方法を選んだ方が良いに決まっています。

しかし、結果を見た場合、やっても結果が出ないんでしたら、それはやっても意味が無いということになります。

「楽しめること」を優先する人はプロセス重視、「得たい結果を得ること」を優先する人は結果重視です。

実際に私たちの日々の生活の中で目の前に現れる選択は、上記のようなわかりやすいものではありません。

「楽しくて、得たい結果が得られる方法」もあれば、「辛い上に得たい結果が得られない方法」もある場合だってあると思います。

あなたにとって、「楽しめること」と、「得たい結果を得ること」はどちらが優先順位高いですか?

感情的な選択をする人は、「楽しい=感情」ですから、楽しい部分にだけ反応して判断をする傾向にあります。

私は結果重視です。

得たい結果が得られないとわかってることは一切やりたくありませんので、楽しくても得たい結果が得られないとわかってるならやりません。

これを言うと冷たい合理主義者のように捉える人がいるんですが、それは違います。

例えば、「大晦日に家族と過ごして2時まで起きて、それから初日の出を見たい」とします。

この場合、

初日の出を見る=得たい結果

早起きする=プロセス

となります。

その場合、早起きは辛いわけですが、得たい結果が「初日の出を見る」ということでしたら、眠かろうが関係なく早く起きるというだけです。

プロセスを重視するというのは、「睡眠不足は辛いから行かない」ということになるということです。

「楽しいことをやることが正しい」みたいな話が氾濫し、世の中、少しおかしくなってるんじゃないかと最近思います。

私は「得たい結果が得られれば何でも良い」と思っていますので、得たい結果を得るまでのプロセスが苦しかろうが、楽しかろうがそんなことはどうでも良いです。

ただ、私は「楽しいことをやることが正しい」という主張は、自分がどんな結果を得たいかを考えるときに、「楽しい結果を得られるようにした方が良いよ」ということじゃないかと思います。

もう少し掘り下げれば、「楽しい結果を得られるなら、得るまでの道のりが苦しかろうが、楽しくやれるんじゃないか?」という投げかけなんじゃないでしょうか。

カツカレーの上に目玉焼きがのってます。溜まらん組み合わせでした!!

一時的な感情に流されて、結果として、得たい結果から遠ざかることはよくあります。

ですから、何かを選択するとき、すなわち、何かをしようとするときに、そのときの一時的な感情に振り回されず、本当にその選択が正しいのかをしっかり考えることが大切だと思います。

ただ、多くの人は、物事を考えるときどうしても感情が混ざり、近視眼的になって、目先のこと、つまり、これからやるべきプロセスだけを見てしまうことがよくあります。

もう少し言えば、「本当にその方法で結果が出るのか」という結果を予測するような視点ではなく、「どうやったら良いか」というプロセスだけを見てしまうということです。

上記でも言いましたが、私も何かをしようとするときに「イヤだなぁ」って思うことはよくあります。

ですが、「それをやったら、または、やらなかったらどんな結果が出るんだろうか?」と、イヤだという気持ちを一旦横に置いて考えています。

自分で考えてわからない場合は、人に聞きます。

ですから、私が何か行動を起こすときは、「恐らくこれをやれば結果が出るはずだ」という仮説を持って行動しています。

そうなると「なんとなくそれが良いと思って」なんて、思考停止的な行動を起こしません。

何かをしようとするときに、直感で「これをやるべきだ!」と思い付くことはよくあるんですが、そうやって直感で思い付いたとしても、本当にそれをやって得たい結果が得られるのだろうかと考えています。

私がレッスンでもお客さんにアドバイスするときは、この結果の部分を見て、アドバイスをするようにしています。

ただ、多くの人が結果ではなく、プロセスを見てしまって、意見が食い違うことがホントに多いです。

例えば、5人ぐらいのイベントしかやったことがない人がイベントをするとします。

そのイベントが5人ぐらい集めるイベントであれば、その人は自分がやったことがあるから、楽にやれます。

ところが、100人のイベントを成功するには、手段を選ばずにとにかくやれることは全部やるようにしていかなければできなかったりします。

そうなると、私からのアドバイスは「趣味の時間や睡眠時間を削って我慢して、イベント準備だけに集中して死ぬ気でやるしかないよね」となります。

そしたら、プロセスに目を向けてしまうお客さんは、私が無理難題を私が押しつけたり、ストイックさを要求しているように聞こえるようです。

こうなると、私がいくら説明しても、わかってもらえなくなることが多いです。

もしあなたがこれまでの人生を振り返ってみて、思うような人生を生きて来れなかったと思うなら、それは結果を見てなかった可能性が高いです。

ですから、そういう人は何か行動しようとする前に、それをすることで本当に得たい結果が得られるのかしっかり考えてみて欲しいですね。

ってことで、ここはプロセス重視でもなんでも良いので、応援クリックお願いします!!

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
個人レッスンがしばらくキャンセル待ちでしたが、あと1名様だけお申込みを受け付けます。
ご興味をお持ちの方はこのタイミングでぜひお申込みください!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

生きたいように生きるために必要な視点
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!