自称専門家、自称スペシャリスト、自称覚醒者、自称神様としゃべれる、、、どれもうさんくさいけど、そういう私もうさんくさい!!

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です。

今日はお客さんの予約が集中してしまって、12時間ノンストップの怒濤の一日になりそうです。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

この世の中にはいろんな専門家がいますよね。

専門家をgoo辞書で調べると

ある特定の学問・事柄を専門に研究・担当して、それに精通している人。エキスパート。

だそうです。

私は呼吸について研究しているという意味では研究しています。

ただ、それも客観的数値を持って研究していません。

私の場合、呼吸法の効果を自分だけでなく、お客さんにも同じ事をしてもらってそうなるから、「そうなる」と言っているだけで科学的根拠はありません。

ひょっとしたら、プラシーボ効果かなぁと思うときもよくありますが、ただ、体感としてやっぱり違うからそうとしか言いようが無い感じです。

ですから、私が「呼吸法をするとこうなるよ」という話のうさん臭さはどこまでも抜けません。

いつか科学的機器を使って、結果を測定してみたいところではあります。

そんなわけで、私は呼吸法を教える仕事を始めて、3年半ぐらいしているのですが、私は自分で「呼吸法の専門家です」なんて言うのは恥ずかしいです。

私が社会人になったのは1999年ですが、最初に入社した会社は、未上場のベンチャー企業に出資をして、株式上場の支援をするような投資会社でして、このような会社をベンチャーキャピタルと言い、私は成長しそうな企業を発掘する営業の仕事をしていました。

私が入社した当時というのは、インターネットバブルのど真ん中で、ちょうどその頃、ベンチャーキャピタルという言葉が使われるようになり、ベンチャーキャピタルの会社で働きながらも、ベンチャーキャピタルという言葉がかっこつけた横文字のようなムズ痒い印象があるぐらいの時期でした。

で、そのベンチャーキャピタル業をしている専門家を「ベンチャーキャピタリスト」というんですが、異業種交流会などで主催者が私を紹介してくださるときに、「ベンチャーキャピタリストの徳永さんです」みたいな感じで紹介されるときがあったんですね。

もうね、それが恥ずかしかったんですよ。

ベンチャーキャピタルの会社でたった数年の間、サラリーマンをして、そして、大した成果もあげてないのに、そんな肩書きなんて恥ずかしいですよ。

結局、私は社会人になって3年半ベンチャーキャピタル業界で働き、そのあと、5年ぐらいベンチャー企業で新規事業の立ち上げなどをして、そのあとまたベンチャーキャピタルの仕事をしたんですが、その時でさえも自分をベンチャーキャピタリストだと言われると恥ずかしかったです。

最近、お昼ご飯を食べる暇がなくて写真が撮れてない!!

スピリチュアル系の話というのは、私の呼吸法と同様に、うさん臭い話が多いですね。

ですから、そのうさん臭さを払拭するために、脳科学や量子力学などの科学を持ち出して、「自分がやってることは間違いないんだ」と言ってる自称専門家な人がいます。

そういう人たちの言う科学的根拠というのは、自分が実験をした結果ではなく、どっかから持ってきた論文の一部を引用して、しかも、曲解して、論文で伝えたいこととは違う意図にすり替え発信します。

そして、あたかも自分がその分野で詳しいかのような態度をします。

今、インターネットが発達して、どんな情報でもアクセスできる時代になりました。

ですから、1~2ヶ月、その分野のことを本気で調べまくってると、周囲の人よりその分野については詳しくなります。

そして、その分野のセミナーに行って、1年ぐらい勉強すると、それなりのことが語れるようになります。

最近では自称専門家の人が、指導者コースを用意して、そのコースを受講するだけで認定書のようなものが与えられ、何だかそれっぽいお墨付きを与えられたようになります。

ただ、お墨付きを渡した人が自称専門家ですから、何のことやらわかりませんよね。

そんな感じの自称専門家と似たような感じで、自称スペシャリストって言葉がありますが、それ以外にも、スピリチュアル系でなんだかよくわからない肩書き的なものは、覚醒者、チャネラー、ヒーラーだったりがありますよね。

実際、その道をホントに追求していると、その分野の奥深さだったり、たいへんさがわかると思います。

そして、その分野を本気で追求してる先輩方もいて、そういう人たちのたいへんさを見ていると、自分をそういった専門家として言うのは恥ずかしくなるはずなんですよね。

専門家と言える基準ってなんなんでしょうね。

言ったもんが勝ちなんでしょうかね。

私は小さいころから、水風呂に入り、星飛雄馬ばりに野球やらされたり、走らされたり、「鬼」として育てられたので、鬼のスペシャリストって言う資格はありそうですが、、、。

ということで、鬼退治いや、デタラメな輩を鬼が退治!!

応援ポチをお願いします!!

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
現在、お客さんがいっぱいでして、新規募集はしておりません。
キャンセル待ちで宜しければ、お申込みくださいませ。
1ヶ月もお待ちにならずに受付できると思います!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

自称専門家、自称スペシャリスト、自称覚醒者、自称神様としゃべれる、、、どれもうさんくさいけど、そういう私もうさんくさい!!
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!