グループレッスンの新規募集を終わりにします。

D造です。

昨日、白い靄のおやっさんの激痛エルボーを食らいました。

おかげで交感神経と副交感神経を刺激する呼吸法を発見しました。

しばらく自分でいろいろ試したり、お客さんにも試していただいて、検証したいと思います。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

グループレッスンの新規募集を終わりにします。

理由としては、今の五反田でスタジオでやっていくには、広さ的に狭くやりにくく、これ以上拡げられないというのが原因です。

今は5人ぐらいでいっぱいになってしまい、人数増やせないし、また、5人ぐらいだと来れない人が重なったときに個人レッスンみたいになって、やりにくいんです。

それと、個人レッスンについても、これ以上増やすと既存のお客さんの予約を受けられなくなってしまうので、お申込みも制限をかけます。

今日、グループ、個人レッスンともに、お申込みページを変更しますので、その作業が終わり次第、上記の通りにいたします。

どうぞよろしくお願いします。

 

まだまだ余裕はありませんが、こうやって生活できるようになって良かったと思います。

ホントにありがたいことです。

 

私は前進ガバイ呼吸法を教えるレッスンを始めて3年半ぐらいになります。

いろんなお客さんと出会い、いろんなことを考えさせてもらいました。

その中で、私がレッスンをするにあたって、ずーっと意識してきたことがあります。

それは

 

お客さんを私に長期的に依存させない

 

ということです。

 

依存とはgoo辞書によると、

 

他に頼って存在、または生活すること。

 

と書いてあります。

ですから、お客さんが長期的に、私に頼ったような状態、すがったような状態にならないようにしてきました。

もう少し言えば、「D造さんのレッスンを受けなくなると私はダメになってしまうかもしれない」という状態にならないようにしているということですね。

私は「自分がどうしたいか、自分で考えて、自分で決めて行動できる」、つまり、「主体的な生き方」ができるようになってもらいたいと思っていますので、それなのに私に依存してしまっては意味が有りませんからね。

 

ただ、お客さんにもいろんな方がいらっしゃって、トラブルが発生して余裕がなかったり、主体的に生きることができない状態の人がいます。

ですから、そういう人に対して依存しないように仕向けたら、何にも行動できなくなってしまう人がいますので、そういう人は一時的に依存していただいて、その上で行動を起こしてもらったり、現状を変えたりしてもらいながら、あるタイミングで自分で考えて動いてもらうようにしています。

 

依存させないようにするためには、お客さんに自分で納得してもらって、自分で決めてもらうようにしています。

これは依存が必要な状態のときでも、そこだけはそうしています。

そのために、延々と説明して、納得してもらったり、また、「決める」ためにどうすれば良いかというのも懇々と教え、何ヶ月もかかることもあります。

 

これ、朝ラーメンです。朝ラーは辛い!

これ、朝ラーメンです。朝ラーは辛い!

 

そういうのもあって、私はいつでも「私が正しい!」とは言わないようにしています。

だけど、「違うものは違う」と大声で言うようにしています。

「スピリチュアルメッセージなんてデタラメだろ!」とは言いますけどね。

ですから、ブログでも基本的に「私が正しい」とは言ってないはずです。

言ってたらごめんなさい、、、。

「私が正しい」的な内容になったときは、最後のところで、「私の言うことは信じちゃダメですよ」みたいな感じで書くにようにしています。

そういうのもあって、この本や映画やグッズをオススメもしないようにしています。

「D造が言ったから良いに違いない!」と鵜呑みにしがちにですからね。

 

そうそう、グループレッスンについては、体験レッスンを受けて頂いても、極力継続してレッスンを受けない方向に持って行ってます。

呼吸法のレクチャーを1度受けたら、「あとは自分でやってくださいね。そして足りなければ教わりにきてください」という感じです。

例えば、体験レッスンを受けて、その場で決めてもらうんじゃ無くて、家に帰ってから改めて申込みをしてもらうようにしたりしています。

「家に帰って冷静になっても、レッスンを受けたい人だけレッスンを受けてくださいね」という感じというんでしょうかね。

個人レッスンよりもグループレッスンは料金的にもハードルが低く、依存しやすいので、そのようにしてます。

 

私も10年ぐらい前に、依存していたつもりはなかったんですが、依存してしまっていたことがありました。

そのときというのは、依存した相手の人が「どう思うのだろうか」ということばかりを気にして、自分が何かを選択するときに、自分がどうしたいのかではなく、自分が依存している人がどう思うのかを考えて選択してしまってました。

だから、窮屈でしたし、自分らしさが薄れていきました。

ですが、その依存した人と離れることになったときは、最初怖かったですけど、離れてみたら異常な開放感を感じました。

そんな生き方じゃダメですね。

 

そんなわけで、「依存せず生きる」、「自分で考えて自分で決めて行動できる生き方」をするためには、まずは自分で自分の状態をある程度整えられることが大切だと思います。

ってことで、前進ガバイ呼吸法に興味がある人は、下記の説明を見て自分でやってみてください。

 

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに横隔膜を上げ(お腹が凹む)、息を吐くときに横隔膜を下げる(お腹が膨らむ)逆腹式呼吸がベースとなっています。 ですので、3つの基本となる呼吸法の息の吸い方はどれも同じで、横隔膜を上に上げなら息を吸います。

 

応援クリックがしたくて溜らない応援クリック依存症はありだと思います。

ぜひ応援クリックお願いします!