カヌーをしに奥日光行ってきましたが、カヌーは2時間ぐらいしかしませんでした。

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

寒いのは日光だけかと思ったら、東京も寒いですね。

10月9日と10日に旅好きなピストン高田さんと奥日光に行ってきました。

奥日光の旅日記はそのうちピストン高田さんが詳しく書かれると思うので、詳しいことはそちらを読んでいただくとして、今日は私の目線で今回の旅について書いていきます。

奥日光へ行ったのは、ピストン高田さんがカヌーを購入されて、カヌーに行こうと誘ってもらったのがきっかけです。

ただ、私は観光とアウトドアが面倒くさくて好きじゃないんです。

ですので、今回のお誘いは積極的ではなかったのですが、でもカヌーはやったことが無いし、日光も行ったことが無かったので、であれば、貴重な体験だと思ったのと、また、今後、前進ガバイ旅をやるにあたっての下見的な感じにも良いと思って行きました。

今回行った旅ルートは下記です。

○1日目

東京駅待ち合わせ→華厳の滝→竜頭の滝→戦場ヶ原→湯ノ湖(湯滝)→スパビレッジカマヤ、チェックイン→近所散歩→竜頭の滝

○2日目

菅沼→竜頭の滝→中禅寺湖→中禅寺湖付近の温泉に入る→帰宅

私が東京駅でレンタカーを借りて、6時30分に東京駅で待ち合わせだったんですが、ピストン高田さんが東京まで2時間ぐらい離れたところに引越をされ、そして、高田さんが車を持ってないペーパードライバーですので、自宅を4時過ぎに出て、東京駅までカヌーという大荷物を持って出てきてもらい、そんなことまでしてもらっての旅でした。

また、道中3時間ぐらいの道のりだったのですが、2人でいろんな話をして笑い過ぎてしまって、朝9時過ぎに華厳の滝に着いた頃には夕方のような気分になって、観光に興味がない私としては着いたら帰りたくなってしまいました。

で、現地についてから気付いたのですが、都内が暑かったので、私は短パンにビーチサンダルでバッグにパーカーだけ入れて出てきてしまい、現地着いて車を降りたら、気温が5度で、ダウンコート着てる人がいるのに、私は短パンにビーサン姿でした。

slproImg_201610111035370.jpg

華厳の滝、すごい迫力だったんですが、屋久島の雨で爆裂した滝を見ていたので、感動は薄かったです。

そんなスタートをきった旅で、道中もいろいろあったので、細かいことを書きたいのですが、3本ぐらいの記事になりそうで、ポイントだけ書いていきます。

で、上記の旅ルートを見て頂けるとわかるように、今回、竜頭の滝に3回も行きました。

華厳の滝のエネルギーを感じたあとに、対比として、竜頭の滝に行こうということになって行ったのですが、竜頭の滝はエネルギーが超バッドスポットだったんですよ。

ピストン高田さんと2人が同じように感じたんですが、よくこんなところを観光してるなぁって感じだったんですよ。

人のエネルギーでおかしくなってるときは、東京の地下鉄みたいな気持ち悪さなんですよ。

富士山はそんな感じだったんですが、竜頭の滝はちょっと違ってて、何と説明したら良いかわかりません。

slproImg_201610111035381.jpg

これがバッドな竜頭の滝。

で、何が原因なのか探って、調整できたらやってみようってことで、竜頭の滝の奥の方に行ったり、1時間ぐらい探検して、やばそうなところに入っていって調整したりしました。

まぁ、調整と言っても適当に腕を振り回してるだけなんですけど、不思議なもんで、良い感じになってきた気がしたんです。

だけど、やってもやってもキリが無い感じがして途中引き上げたんですね。

もうね、着いた頃には夕方みたいな気分になのに、さらに残業したような気分になって、この時点で、お昼過ぎだったんですが、クタクタになって、全てがめんどくさい気分になってしまったんです。

だから、戦場ヶ原なんて、歩きはしましたが、ただ歩いただけな感じでした。

だだっ広い湿原。走り回ってみたいです。

だだっ広い湿原。走り回ってみたいです。

でっかい木が倒れてました。近くで見ると迫力すごかったです。

でっかい木が倒れてました。近くで見ると迫力すごかったです。

戦場ヶ原のレストランで食事したんですが、レンジでチンしてパウチを開ける姿見えてしまい、ガッカリしました。

戦場ヶ原のレストランで食事したんですが、レンジでチンしてパウチを開ける姿見えてしまい、ガッカリしました。

この時点でカヌーやりに来たのに、カヌーやるのが本気でめんどくさい感じになってしまって、だけど、ピストン高田さんがせっかく持ってきてくれたので、渋々、湯ノ湖でカヌーに乗ることにして、1時間ぐらいかけて組み立てたんです。

で、水に入ろうとしたら、無知って怖いですね。

近所のお店の人が慌てて出てきちゃって、湯ノ湖はカヌーしちゃいけないところだったんです。

だから、結局、カヌーせずに片付けたんですよ。

そしたら、何だか気分がスッキリして、疲れまで取れた感じになったんですよ。

だから、湯ノ湖を一周して、ついでに湯の滝を見たんですが、つまんないことにどこもエネルギーが良いんですよ。

ただ、風がもの凄くて、私は短パンにパーカー1枚ですから寒くてしょうがなくて辛かったです。

ですので、さっさと引き上げて、旅館でゆっくりすることにしようってことになったんですね。

湯の滝、良い感じでしたよ。硫黄臭いけど。

湯の滝、良い感じでしたよ。硫黄臭いけど。

で、お風呂入って、夜ご飯を食べた後に、不完全燃焼感があったので、怖いスポットに行きたいねってことになって、近所を歩いて散策し、だけど、どこもエネルギーが悪くなくて良いんですよ。

だから、また竜頭の滝に行ったんですよ。

昼の感じだったら、夜はヤバイだろうって思ったんです。

そしたら、竜頭の滝も良い感じになっちゃってるんですよ。

真っ暗闇の中、おかしな写真が写るかもしれないって散々撮影したけど、おかしなものは何も写りませんでした。

だから、朝にまた気になって竜頭の滝に様子を見に行ったんですが、良い感じになってました。

翌朝の竜頭の滝。

翌朝の竜頭の滝。雰囲気の違いわかりますかね。

slproImg_201610111035397.jpg

昼間にやばかったところの夜の写真。

今回、適当にやった場の調整が効果があるのかわからないのですが、竜頭の滝を見ると効果がありそうで、効果があるならすごいことなので、五反田の調整をしてみようと思いました。

これで五反田が良くなれば、すごいことですよね。

で、他にも菅沼ってところにも行きました。

ここは日本で一番標高の高い湖で、そのせいで水の透明度が一番高い湖らしいんです。

ここでカヌーに乗りたかったのですが、湯ノ湖の経験があったので、電話で聞いたら、キャンプ宿泊者しかカヌーの持ち込みができないとのことでした。

ですので、湖を見にだけ行ってみようってことで行ったら、何とも言えない静かな湖で、私はキャンプやBBQなんて大嫌いなんですが、大嫌いな行為をしてまでも菅沼でキャンプをしてカヌーで散策してみたいと思うほどに良い場所でした。

いやー、ヒソヒソ話も聞こえてしまうんじゃないかって感じで、ホント静かで良かったです。

菅沼。ヒソヒソ話も聞こえてしまうんじゃないかって感じで、ホント静かで良かったです。

で、メインのカヌーを中禅寺湖で漕いだんですが、カヌーって怖いですね。

ボートと違って、水面に近いから、ちょっとの波で揺れるし、大したことの無い波が怖いんですよ。

そんな状態で中禅寺湖のど真ん中に漂うのは、心細いんですよね。

それに疲れるから漕ぎたくなくなったんですが、そうするといつまでも帰れないんですよ。

私はアウトドアなんて、わざわざお金を払って不便な想いをするということが全く理解できないのですが、でも、カヌーをしたおかげで、有り難い環境で生活させてもらってることを実感しましたよ。

時々不便な生活をするのは良いかも知れませんね。

中禅寺湖でのカヌーの写真を撮り忘れてたので、旅館の食事の写真です。

中禅寺湖でのカヌーの写真を撮り忘れてたので、旅館の食事の写真です。

そんなわけで、奥日光についてなんですが、ピストン高田さんと話をしていたのですが、都内から150kmぐらいの圏内で、奥日光はエネルギー的にめちゃくちゃ良いですね。

私もそんなにあちこちに行ったことが無いのですが、別格だと思います。

奥日光良いですよ

リコ様が楽しめるかはわかりませんが、今度、家族で行こうと思いました。

スパビレッジカマヤはかなり安くて、料理うまいし、温泉に良いし、超絶オススメです。

奥日光の定宿にしようと思いました。

いつ行くかわからないけど、、、。

追記・・・

ピストン高田さんにカヌーの写真をいただきました。

slproImg_201610111134260.jpg

あの霧の中につっこんできました。

slproImg_201610111134261.jpg

良い景色でした!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!