【お知らせ】6月16日(土)に「ただ押す」体験会を開きます。
DAIZOくん
DAIZOくん
【お知らせ】(2018/05/24更新)
ガバイセッションはお客さんがいっぱいになりましたので、ガバイのポテンシャルをお持ちの方のみ新規受付けをしています。
「我こそはガバイのポテンシャルを持ち主だ!」という方で、受講をご希望の方は、お手数ですが、お申込みフォームに受講動機をご記入の上お申し込みください。
ガバイセッションのお申込み→コチラ

感覚脳が使えるようになっても弱点を取られると一瞬で使えなくなる件

D造です。

昨日、8時間も寝てしまって、起きたら、寝過ぎたときみたいに体が痛いし、頭がフラフラしました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

感覚脳を使えるようになっても、弱点を取られると感覚脳が一瞬で使えなくなります。

私もつい最近、それを体験しました。

 

成功した後にそれまでと同じ事をしてるのに同じような結果が出なくなるのはなぜか」という記事を書きましたが、この記事で書いていることは、「成功した」と思った瞬間に、これまでやってたことが観念となってしまって、感覚脳で処理していたことを思考脳で処理してしまうように切り替わってしまうということで、これは感覚脳が使える状態でありながら、思考脳を使ってしまう状態です。

そうじゃなくて、感覚脳そのものが停止してしまって使えなくなる状態になることがあるということですね。

 

だから、弱点を取られないようにしないといけないんですが、こればっかりは、あの手この手があるので防ぎようが無いです。

ですから、弱点を取られる経験をしながら、その都度、復旧させて、免疫を作って、次から同じ手を食らわないようにしていくしかありません。

 

それよりも弱点のメンテナンスですよね。

メンテナンスをしてないと、弱点が機能しなくなります。

 

まぁ、多くの場合が、そもそも弱点が機能してないから感覚脳が使えないわけです。

そういう意味では、感覚脳が使えてない人には、弱点は関係がないのですが、それでもできればメンテナンスはした方が良くて感覚脳を使えるようになったら、メンテナンスが特に大切だってことです。

このメンテナンスに関しては、「これをすれば良い!」という特定の何かがあるわけではありません。

 

 

いつもと違う近所の中華料理屋でチャーハン頼んだらしょっぱかった!他の料理はおいしいのになぁ、、、。

いつもと違う近所の中華料理屋でチャーハン頼んだらしょっぱかった!他の料理はおいしいのになぁ、、、。

 

あんまり詳しく書くと、ピン!と来る人が弱点の取り方などがわかってしまうから書けないのですが、私は弱点の取り方を知ってるんですが、私は絶対にやりません。

そんなことまでして、良くなりたいとは思わないんです。

この感覚は自分の子どもを使って、金儲けしようと思わないのと一緒のような感覚です。

違う言い方をすれば、『心の中を覗かれている』事を前提として生きている人と、『心の中を隠し通せる』事を前提として生きている人がいて、前者の生き方を選んでいるという感じでしょうかね。

私の中ではあり得ないんですね。

私はそんなことするぐらいなら死んだ方がましだと思っています。

ただ、調子が悪くなると、そういう思いがニョキニョキと芽生えてくるんですが、「いやいや、そうじゃねーだろ」って、本質的な自分が思い留まらせるんです。

 

この弱点を取るのは、誰でもできるし、常日頃、やってるんです。

で、多くの人が無意識にやっていて、人によって程度の違いがあるぐらいで、極端にがばっとやる人と、チロチロとやる人がいるぐらいです。

私の知ってる人で、絶対に弱点を取らないのは、2人だけです。

 

そういうものだから、弱点を取られないように防ぐことより、メンテナンスが大切なんです。

本当の意味でのメンテナンスは、この弱点の存在を認識できないといけないんですが、私のお客さんで認識できている人は数人です。

だから、そういう意味ではかなり高度なことになってしまうので、とりあえず、「前進ガバイ呼吸法でもやりながら、あとはできる限り、自分が気持ち良くなることをしてください!」って感じです。

あとは弱点を取るような人とは付き合わないとかね、、、。

私の場合、前進ガバイ呼吸法をやって整えることが多いわけですが、それ以外にもやはり掃除をしたり、マッサージを受けたり、健康管理したりですかね。

 

今日の記事は「なんのこっちゃ?」って感じかもしれませんが、

 

とにかく自分を整えましょう!

 

ってことですね。

調子が良くなっても、怠らずに整えましょう!

コメント

  1. ピストン高田 より:

    いつもブログリンクを貼って下さりありがとうございます。
    お陰様で急激にアクセスが増える事態になっております。

    今まで様々な人達から弱点を取られて掛けていたので、染み入る内容です。
    思考を乗っ取るやり方や感化させるやり方も人それぞれなので、決まった対策がないのが厳しいですよね。

    D造さんが書かれているように、自己チェックやメンテナンスが重要なんですね・・・。

    弱点を完全に取られていない状態でも、思考の幅が狭くなったり、特定の感情が強くなったりと大変でした。
    しかもそれに対する知恵が無かった時期は、乗っ取りと言う概念自体を誰も教えてくれなかったので、長い年月に渡り心身の詰りや違和感を感じつつも、原因を特定する事が出来なかったのです。

    • D造 D造 より:

      ピストン高田さん

      最近、高田さんのブログは冴え渡ってますよね。
      石田さんのことは残念ですけど、石田さんも他人の弱点を無自覚にごっそり奪い取るタイプですよね。
      そして、奪い取れない相手にはびびったり、威嚇したりして、、、、

      弱点が弱くなると、思考が狭くなったり、私もありますよ。
      そのときにどれだけ持ちこたえるか、そこも人の器、志なのかなぁと最近思います。
      良い世の中にしたいですね。