感覚脳を使えるようになるには観念の整理が必要

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

台風10号は温帯低気圧になったそうですね。

被害は大丈夫だったでしょうか。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

最近、感覚脳を鍛えるというか、直接的に刺激を加えるというか、スイッチを入れるというか、そのような呼吸法を発見しました。

これについては、文字で説明ができない部分がありまして、ブログでは公開できないのですが、今、順次、お客さんに教えていってます。

ただ、感覚脳を使うにあたってわかってきたことですが、感覚脳を使うには、まず最初に「観念」の整理が必要だということです。

思考脳ばかりを使って生きてきた人に、強制的に感覚脳を使うことをすると、軽度の段階では精神的な拒否感が出てきて、さらに強制的に感覚脳を使わせる状態にすると、無理矢理に思考脳を使おうとしてしまいます。

精神的な拒否感というのは、違う言い方をすると、新しい価値観を知ったときに、無理矢理、自分がこれまで持っていた価値観や観念に当てはめようとして、だけど、当てはまらないと、拒絶反応を起こしてしまうクセを持っている人が起こしてしまうんですね。

ですから、そういう思考脳ばかりを使って生きてきた人に、感覚脳を使う呼吸法をやってもらうと、バッドな気分になったり、頭痛が起こります。

となると、感覚脳を使うために、前進ガバイ呼吸法をやって自分を整えつつ、観念の整理をして、新しい価値観を目にしても拒絶反応が起こらない状態を作っていく必要があります。

自動車で言うなら、観念の整理というのは、運転手の運転に関する心構えのトレーニングみたいなものです。

自動車を整備して、スピードが出るようになったら、事故が起こりやすくなるので、ちゃんと運転できるようになってもらう感じです。

この観念の整理というのは、1~2回ぐらいのレッスンで終わる人もいれば、1年以上かかる人もいます。

たくさん学んできた人ほど、この観念の整理に時間がかかり、主婦だったり、若い人ほど早かったりします。

ただ、観念の整理が早いことが良いとは限らなくて、結局、たくさん学んできた人は、社会を生き抜く力が強かったりするので、感覚脳を使えるようになるまで時間がかかっても、使えるようになってからが強かったりします。

そば最高です!!

そば最高です!!

この観念の整理というのは、感覚脳が使えるようになると、自力でできるようになるのですが、感覚脳が使えなければ自力でできません。

ここが難しいところですね。

なぜ感覚脳を使えない人が自力でできないかというと、感覚脳を使えないというのは、地図を持たずに知らない道を歩くようなものだからです

地図があれば、自分で調べて目的地に辿り着けますが、地図が無ければ、道がどうなっているかわからないために自力で解決できないのと一緒のような感じです。

だから、観念の整理というのは、地図を使う事に慣れてもらうようなものです。

個人レッスンではこの観念の整理をやっているんですが、お客さんサイドの日常をスムーズに生活してもらうためのアドバイスをしながら、その中で物事の見方、考え方を整理してもらう感じでやってます。

ただ、見方だったり、考え方というのは、「こうすればこうなる」というものではなくて、問題が起こったときに、答えを導き出す

ための物事の捉え方みたいなもので、違う言い方をすれば、問題が起こったときに、本質と照らし合わせて、物事を見ていけるようにするようなものです。

道徳とか、正義感とか、貞操観念とか、常識とか、そういったことは全てが観念であり、本質ではありません。

ですから、観念の整理をしていくときは本質的な話をするんですが、その人にとっては、最初は慣れないから抵抗してしまって、それが、説教を受けてるように感じられ、慣れてくると、非常識な話に聞こえたり、目からウロコが落ちるような話に聞こえたりします。

本当はこういうことを学校でやって欲しいんですが、学校の先生が観念だらけで観念の整理が必要だから、無理ですよね。

観念の整理は恐らく死ぬまでやり続けることだと思っています。

私も未だにやっています。

一番は本質的な人と話をすることです。

ただ、感覚脳を使えるようになると、何か出来事に出くわすと、観念な出来事に出くわすと独特の違和感として感じ取ったりするんで、その違和感を掘り下げると観念の整理が起こり、新しい視点が見つかったりします。

そんなわけで感覚脳を使うには観念の整理が必要なんですが、観念の整理には感覚脳が使える必要があるという、何ともあれな話ですが、まぁしょがないですね。

あ、そうだ、誰でも自力できる観念の整理がありました。

やった方が良さそうなことは、イヤでも、「エイヤー!」でやってしまうってことですね。

そしたら、観念が整理されることがあります。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!