ゾンビを鬼化、鬼を人化するトレーニング

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

昨日、夜中まで白い靄のおやっさんととあるワークをしていまして、新しい技を身につけました。

8月7日にお客さん限定セミナーを開いたんですが、思ったより好評で、次の開催を希望してくださる方が多いです。

ホントに良かったです。

今回、私のお客さんに集まって頂いて、白い靄のおやっさんとクリスタルボウルのジョンに演奏をしていただいたんです。

ですから、みなさん、「白い靄のおやっさんはすげー」とか、「あんなクリスタルボウルの演奏は初めて聞いた!」などと言ってくれてますが、誰一人として、「D造さんすごいね!」と言ってくれません。

さすがに、「いやいや、今回、全部仕切ってやったのは俺だぞ!!」とか、「そんな2人は俺のお客さんだからとやってくれたんだけど、その意味はわかるか?俺がすごいんだぞ!」と、さすがに言いたくなってしまうような事態になっております(笑)。

実は私はレッスンで、結構、すごいことを教えていると思っているんですが、私の性格に問題があるのですが、教えてることのすごさが演出されず、なかなかわかっていただけないんですよね。

というか、どこにも前進ガバイ呼吸法を教えてること以外は書いてませんからね。

実際やってることは、呼吸法のレッスンなのに、呼吸法のレッスンは半分もないですからね。

だから、通ってくださってるお客さんは、ほぼ8割は前進ガバイ呼吸法なんてどうでも良いと思ってらっしゃるという感じがします。

ということで、

今日は何がどうすごいのかを書きます!

と言いたいんですが、書けないんですね。

その部分って「わかる人にしかわからない」とか「わかる人が見たらわかる」的なモノなんですよね。

で、すごさは表現できないけど、どういう感じのことをしているのか書きます。

例え話ですので、話半分ぐらいで読んでみてください。

ゾンビ型人間の人は鬼化を、鬼型人間の人化するトレーニング

私が教えてることは、もちろん前進ガバイ呼吸法ですが、呼吸法を教えることを通じて、ゾンビ型人間の人は鬼化を、鬼型人間の人化するトレーニングをやっているんです。

ですから、レッスンは初心者クラスとか中級者クラスとなってはいますけど、これはもう形骸化していまして、本当はゾンビクラスとか、鬼クラスにしたいんですよね。

でもそうすると、「あー、あなたはゾンビね」、「あーあなたは鬼ね」って、お客さんをわけることになるんで、さすがにこれはまずいですよね。

ゾンビか鬼か、人かというのは、エゴが高いかどうか、感覚が使えるかなんですね。

  • ゾンビ型人間はエゴが高く、感覚も使えない状態
  • 鬼型人間はエゴが高く、感覚が使える状態
  • 人は、エゴが低く、感覚も使える状態

という感じです。

ゾンビ型人間が鬼化するトレーニング

ゾンビ型人間は感覚も使えず、エゴが高いので、エゴに支配されたような生き方をしています。

エゴというのは過去の経験だったり、学校で教わったことだったり、常識だったり、道徳だったり、そういうことです。

ですから、物事の判断が善悪だったり、過去にどうだったか、常識や道徳的に考えてどうだったかというのが、判断基準になり、権力とか、有名とか人気とかに弱いんですね。

クリスマスイブに一人で過ごして寂しくなるような人は、大概がゾンビ型人間ですね。

このゾンビ型人間の口癖は、

「頭ではわかってるんだけどできない」

です。

こう言ってしまうのは、結局、感覚が使えないから、その瞬間の状況を感じ取ることができず何がどうなってるのかわからないから、エゴを認識してしまって、それが全てだと思ってしまうんですよ。

で、感覚がないから、とっさに感情的な判断や言動が多く、「自分が無い」状態なんですね。

そして、「自由にしなさい」とか「好きにして良いよ」って言われると、自分が無いから、結果として考えられず、何をしたら良いかわからなくて、プチパニックになってしまうんですよ。

ですから「言われたことをやれば良い」という状態が好きで、優しく事細かに命令してくれる人を好きだったりしますし、「これをやればあなたも収入があがる!」的なインスタントなテクニックだったり、引き寄せの法則的なものが好きだったりします。

大盛りの野菜炒め。これでたしか680円です。

大盛りの野菜炒め。これでたしか680円です。

そんなゾンビ型人間の人のトレーニングは、「じゃあ、この1週間は○○をやってみますか?」みたいな感じで、何をすれば良いかを具体的に提示して、私が行動管理しながら、とにかく呼吸法をやってもらって、自分の状態を整えつつ、感覚を使えるようにトレーニングしていくことになります。

早い人は3ヶ月ぐらいで鬼化し始める人もいますが、長い人は数年かかって、少しだけ鬼の角(鬼の要素)が生え始めます。

鬼形人間が人化するトレーニング

鬼型人間というのは、感覚が使えるから、自分の考えや意見を持っていて、状況を見て、それがどういう状況なのか感じ取ることができるんですよ。

ただ、エゴが強いから、感じ取ったそれをどう行動したら良いのかなど、思考のベースがエゴなんですね。

ですから、自分がどうしたいかの意志はあるけど、道徳的だったり、常識的だったりして、権力だったり、高い地位だったり、お金を望みます。

そして、臨機応変な行動ができなかったりします。

経営者やリーダーの人がこういう状態の人が多いですよね。

だから、ゾンビ型人間の人が鬼要素が出てくると、自分の意見を言い出しますから、レッスン中に衝突することが増えてきます。

ただ、自分の意見だと思ってそれが、エゴ、すなわち、常識だったり、道徳がベースだと気付いてないから、そこは摩擦を起こしながら、気付かせることをしています。

ですから、「あなたが考えてることはエゴなんだ」と気付いてもらう作業になりますので、かなり疲れますし、お客さんからすれば禅問答をしているような気分になります。

別に喧嘩ごしみたいな口論にはならないんですが、エネルギー的には喧嘩を売られてるようになるんで、私もエネルギー的にぶっ飛ばします。

鬼型人間の人のレッスンは60分あったら、45分ぐらいをぶっ飛ばしに使う感じになりますが、ぶっ飛ばすと、急に素直に話を聞いてくれるようになります。

ぶっ飛んだら呼吸法をやって、整えて、帰って頂く感じです。

こんな感じです。

まぁ、このゾンビ型だったり、鬼型だったりってのは人の状態ですからね。

私もいつ鬼になってしまうかわかりません。

ですから、自分の状態管理をホントに気をつけています。

で、一度感覚の軸がぶれると、それを取り戻すのに早くて半年、酷い場合には数年かかります。

私の場合の気を付け方というのは、

やると決めたらいかなる理由があってもやりきる

というのがそれです。

その気をつけている姿が、第三者にはストイックさとして映るのかも知れません。

でも、目の前でバランスを崩す人をたくさん見てきたので、その怖さを知っているので、気をつけたいんですよね。

だから、自分では頑張ってるっていうより、潔癖な感じに近いですね。

比較するのはおこがましいですが、イチローがバットなどの道具を大事にしたり、生活パターンを崩さないのと一緒だと思います。

とにかく明日は我が身です。

しっかり生きます!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!