みんなが平等な社会って意外と厳しい

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

明後日から富士山登りますが、道具を何も用意していません。

果たして大丈夫なんでしょうか、、、。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

この世の中には、患者さんがいるからお医者さんやら看護婦さんの役割が生まれ、そういう方が生活できて、犯罪者がいるから警察の役割が生まれ、警察の仕事をする人が生活できてたりします。

これらは対(つい)ですから、患者さんや犯罪者を無くすには、お医者さんや警察を無くせば良いということになります。

こういう論理で考えて、武器を持つのをやめなければ、戦争は無くならないなんて、左よりな方がおっしゃることですよね。

私も極論としては、その通りだと思います。

ただ、こんなことは全人類がある一定以上の高い人間性を持っている場合に限っての話で、私は日本が武器を持たなかったら、どこの国かはわかりませんが、ガッツリ攻めてくると思います。

この瞬間から警察を無くすようなもので、日本国内見ても、犯罪があちこちで起こって警察が活躍する社会なわけですから、もしそうなったらかなり危ないわけで、日本が武器を持たないというのも危ないと思います。

ですから、現状、残念ですが、私は攻撃されたときにガッツリやり返す用意はした方が良いと思います。

シン・ゴジラを見て、改めてそう思いました。

世界を見ると、ゴジラみたいな理屈の通らない怪獣のような輩が攻めてくるなんてことはありますからね。

そのときに国連加盟国なのかはわかりませんが、他国が守ってくれるのかもしれませんが、そのときの他国の守り方って、日本にとって都合の良いやり方で守ってくれるかはわかりません。

シン・ゴジラはそういうのを考えさせられますよ。

豚丼にチーズかけてみたら意外といけた、、、

豚丼にチーズかけてみたら意外といけた、、、

会社には社長、部長、課長、平社員など、様々な立場の人がいます。

組織上は社長が偉いわけですけど、でも、平社員がいなくなったら、会社は回らなくなりますので、役割としてはどちらも大切です。

実際、トップセールスの営業成績を出す人は、その人が一人で成績を出したわけではなくて、商品を用意したり、管理部の人がいて、やれてることです。

ですから、トップセールスの営業マンが一人偉いわけではありません。

役割がそれぞれ違うわけで、誰でもできるような仕事をしているような人でも、その瞬間は必要な役割を担ったわけですから、そう考えるとある意味で全員が平等の給料をもらっても良いんじゃ無いかと言えそうです。

ただ、これが成り立つのは、例えば、オリンピックのサッカーチームみたいなもので、全員がそれなりの能力があって、チームのために頑張れる場合に成り立つ話ですね。

ある一定以上の能力、人間性を全員が持って、全員が一生懸命に働いて、リスクも全員が負えるような責任能力を持った人たちが集まって、活動する場合に限った話です。

でも、実際は社長は債務保証したり、何かあったら全責任を負わなければいけないわけで、責任だけ見ても平等ではありませんから、社長から平社員まで同じ給料になれば、かえって、不平等になります。

ですから、武器を持たないのも、給料が全員同じなのも、人間があるレベル以上の精神性を持ったら実現できるわけで、ある種の理想みたいなものです。

そう考えると武器を持たないのは理想論のキレイごとのあり得ない話のようにも感じます。

ただ、理想は追求していかないといつまで立ってもそうなりません。

となれば、私は自分の周りだけでも、そうしていきたいと思っています。

ですから、基本的には私と一緒に活動してくださる人には、基本的に収益は均等にするようにしています。

また、誰かにイベントに呼ばれたりすると、主催者ではなく、参加者の立場であっても、イベントが盛り上がるように協力したり、些細なことですが、飲み会であれば、積極的に集金を手伝ったり、皿を片付けたりしてはいます。

ただ、収益の均等については、私が活動の中心の場合は、本の一部で実現できていますが、イベントなどについては、独りよがり感を感じます。

私の活動で一部実現できているのは、そういった感覚がわかる人だけで活動する場合の話です。

そういう感覚がわかる人だけで活動するとイチイチこちらから言わなくても、自ら働きかけて、隙がなく、またクオリティが高いことをしてもらえます。

ですが、誰でもウェルカムでやってしまうと、どうしても受け身の人が出てきて、イチイチ指示しないといけなくなって、歯車があうような動きをしてもらえないんで難しいです。

ですから、どんなに能力があっても自分の都合を一番最後にして、仕事を全うできる人じゃ無いとムリですね。

仮に私が一般企業の社長で同様なことを実現しようと考えた場合、掃除をする人なども徹底的に厳選することになると思います。

例えば、トイレ掃除でも時給5000円のクオリティを出してもらえるような人を選ぶということですね。

そんなわけで、武器を持つことを反対したり、政府がすることにいろいろ反対するのは良いんですけど、同時に、家族や自分が勤める会社なり、近所のコミュニティなり、そういった社会との関わりの中で、自分の都合はそっちのけで、誠心誠意、他人が助かったり、喜ぶような関わり方をするべきだと思いますね。

そうじゃないといくら吠えても片手落ちですね。

ということで、近日、シン・ゴジラをまた見に行こうと思います。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!