うまく奢ると権力を掴めるし、下手に奢られると首根っこを捕まれる

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

今日はメルマガと動画の配信日ですね。

今日は一日予定がありまして、昨日のうちに全て予定を済ませてきました。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

私は社会人になって、20年弱になるわけですが、「お金を出す」側も「お金を引き受ける?」側も仕事をしたことがあります。

お金を引き受ける側というのは、世の中のほとんどの企業で、金融機関などから融資や出資を受ける側ということで、お金を出す側というのは、融資や出資をする側のことで、恐らく金融機関ぐらいしかないですよね。

ですから、出す側も引き受ける側も両方を経験できたことはホントに良かったと思います。

私はベンチャー企業に出資をして、株式上場の支援をするような仕事をしていたこともあったり、前職では管理部の責任者で銀行の窓口をしていましたが、両方を知っているので、金融機関がどんな情報を欲しがっているのか、そして、どんな情報を出しちゃいけないのかよくわかりました。

ですから、銀行に書類を提出するときには、銀行の稟議を回すときの書類は見たことがありませんが、どういうものかある程度想像できましたので、提出書類は稟議を回しやすくなるような内容にしていました。

で、お金を出資する仕事をしていたときに、口酸っぱく言われてたのが、「食事の支払い」についてでした。

ベンチャー企業に営業して、最終的には数千万円から億単位の金額を出資することになるんですが、その提案をしているときに、やはり社長と親しくなるんですよね。

そうなると、食事に行こうって話になって、そのときに「必ず割り勘にする」ように言われていました。

食事を奢る奢られることで、良い悪いは別にしてそういう関係ができあがってしまいます。

で、営業先の社長にご馳走になるというのは個人的なことなんですが、出資するのは私ではなく会社ですから、会社には私が奢られたかどうかなんて関係が無いことです。

で、出資を検討するときには、企業の成長性などを見て客観的に判断するわけですが、そのときにご馳走になると担当者としてやりにくくなるんですよね。

だから、営業先の社長は駆け引き無しで、社長に食事に誘って頂いて、私においしいものを食べさせてあげようと高級店に連れて行ってくれたりするんですが、だけど、私は絶対に割り勘ですから、入社したての安月給なのに自腹で支払っていました。

でも、ときどき空気的に割り勘にできないときもあって、そのときは後日、ほぼ同じぐらいの金額の本をお礼に送っていました。

これが私にとっては良い経験だったんですね。

奢ったり奢られることで生まれるパワーバランスというのがホントによくわかりました。

年齢のせいかもしれませんが、元々牛肉が苦手のため、焼き肉は数枚食べたら食べれなくなります。

年齢のせいかもしれませんが、元々牛肉が苦手のため、焼き肉は数枚食べたら食べれなくなります。

この奢る奢られることで生まれるパワーバランスって、思ったより強烈なんですよ。

上司と部下などでハッキリとした上下関係を作るには、上に立つ人が下の人にご馳走すると良いんですよ。

逆に部下に奢らなければ、良い上下関係は作れないと思った方が良いです。

ですから、上に立つ人は奢り方はホントに考えた方が良いです。

うまく奢ることで、権力を掴んで部下を支配できます。

だけど、器が小さい人は、このご馳走の仕方がせこいんですよね。

だから、私は私の上に立つ人の器を見るために、奢り方をしっかり見ていました。

私の過去の経験の中で、前職の社長はこの点はすごかったです。

女性社長だったんですが、社長もこのことを良く理解していて、ホントに奢り方が上手で、良い経験をさせてもらいました。

で、私はサラリーマンのときはそうでもなかったんですが、現在は基本的に主導権を握られたくないので、一部を除いては、基本的に奢ることはあっても奢られることがないようにしています。

ですから、お客さんから頂き物をすることが良くあるのですが、そのときは不自然にならないようにタイミングを計りながら、お返しをするようにしていて、必ず同等かそれ以上のお返しをして、チャラにするようにしています。

じゃないと、言うべきことが言いにくくなるからです。

逆に言えば、私が主導権を握りたいときは、相手にこれでもかってぐらい奢ります、

この「奢る」というのは、ご馳走するというだけでなく、お客さんを紹介したりする場合もあります。

例えば、私は転職エージェント会社の社長に私のお客さんを何人も紹介していたりするんですが、私は手数料をもらわないことにしています。

そうなると、エージェントの社長もやってもらってばかりでは気持ち悪くなって、次第に私はVIP扱いになってしまうんですね。

そしたら、「私からの紹介=VIPからの紹介」となって、私の紹介した方を特別扱いしてくれたり、何かあったときに無茶を聞いて貰えたりするんです。

そうなれば、私が紹介したお客さんに喜ばれますし、そこに大きなプラスの循環、Win-Winの関係ができるんですよ。

そんなわけですから、奢ってもらうとしがらみに巻き込まれるし、奢ると権力を握れるわけです。

こういうことはよくわかってる人がいて、ホントに上手な人は、上手に奢って、あとからバッサリ刈り取る人もいます。

ということで、奢ったり奢られるときは、安易に奢ってもらわないようにしましょう!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!