気や見えないエネルギーを感じる練習法

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

D造です。

Amazonでアイリスオーヤマの無水鍋を購入しまして、マキ様にそれで料理してもらっていますが、カレーやらご飯が最高においしいです。

海外品の5分の1ぐらいの値段ですが、これで充分ですね。

興味がある人はAmazonで「アイリスオーヤマ 無加水鍋」で検索してみてください。

最近、治療家さんがいらっしゃって、気の感じ方を教えることが増えています。

「気を感じる」にはそもそもの気を感じる能力すなわち「感度の問題」と、どれがそれかわかる「経験の問題」があります。

ということで、それぞれについて、気を感じるために私がやってきた練習法と日頃やっていることを書きます。

感度を上げる

日頃、前進ガバイ呼吸法をする

呼吸法を日頃からしっかりやる

やればやっただけ違います。

私はレッスン中にお客さんと一緒にやっていますので、呼吸法の時間で言えば5~6時間はやってると思います。

またブログを書きながらとか、歩きながらとか、常にやっています。

呼吸法をすることで、体全体のエネルギーの循環が良くなることで感度が上がり、安定します。

ただ、日常で呼吸法をするときは、一生懸命やるわけではなく、軽くやってます。

息の強さで言えば、日常の呼吸を少し強くしたぐらいの強さです。

前進ガバイ呼吸法をしながら、体の中の気の循環を感じる

息を吸うときに、気を吸って、吐くときに気を出しています。

ですので、私たちは、息を吸うときに右手からだったり、股のところから気を吸い、また、吐くときに左手から出したり、丹田だったり、胸から出ています。

ですから、呼吸法をしながらそれを体で感じましょう。

感じていくことで、感度が上がっていきます。

私はブログを書くときも、軽く呼吸法をしながら、自分の体の気の流れを感じながら書いています。

そのときの意識としては、自動車の運転をしているときみたいな感じに似ています。

自動車の運転をするときは、対向車だったり、ハンドル、アクセルだったり、道路の状況、信号だったり、いろんなことを同時にたくさん感じていますが、そのときみたいな感じです。

ですから、ブログを書きながら、呼吸法をして、キーボードを叩いているけど、そのときの指の感触を感じながら、手のひらの気を感じてますが、でも、意識しているけど、意識していないような感じです。

そうしていると感度は上がっていきます。

ブログを書きながらでも呼吸法をして、気の循環も感じられるように感覚(=自動車の運転をするときのような感覚)になれることも大切です。

じゃないと、人と話をしながらでも気を感じるということができるようになりません。

ただ、これはかなり高度ですので、一般の方はなかなかできないと思います。

時々無性に天下一品が食べたくなります。

時々無性に天下一品が食べたくなります。

初心者の方は、、、

気を感じることに慣れてない人は、気を感じても「違うんじゃないか?」という想いがわいてしまいます。

そういう人はいきなりはできないと思いますので、その場合はまず右の手のひらで感じる練習をしてください。

自分の丹田だったり、植物だったり、右手をかざしてみてください。

かざすときは、物体から20cmぐらい離してかざす方が良いです。

そのときに手のひらで感じるいつも違う感じのそれがそうです。

冷たいとか、熱いとか、ふわふわするとか、チリチリするとか、感じ方は人それぞれ違います。

何度も何度もやって、「右手で感じられることが当たり前」だと思えるようになるまでやりましょう。

気を感じるのが当たり前になってしまうのが、感じることを安定させます。

例えば、どんなに体調が悪くても、音楽だったり、音が聞こえたことを「気のせいじゃないか?」といちいち疑うことはないと思いますが、音が聞こえるのと同じぐらいに気を感じることが当たり前になることが大切です。

感じる経験をする

ワインや日本酒の味の違いは、最初からわかりませんが、たくさん飲んでいるとそのうち違いがわかるようになります。

それと一緒でとにかく数をこなすことが大切です。

また、例えば、アロマの匂いを嗅ぐときに、匂いを嗅いだら、勝手に何の匂いかわかります。

そんな感じで、気がわかるときは、どんな感じなのか、勝手にわかります。

ですから、感じたことを覚えようとする必要はありません。

いろんな気を感じまくりましょう。

いろんな気を感じたときに、感じた物体が何だったのか認識するようにする

ちょうとアロマのボトルの匂いをかいだら、ボトルのラベルを見て、何の匂いかを確認するようなものです。

手や体で感じて、「優しそうな女性だなぁ」とか、「疲れたサラリーマンだなぁ」とか、「イライラしてるおばさんだなぁ」とか、「ポトスはこんな感じかぁ」とか、「葉っぱが尖ってるのはこんな感じかぁ」とか、そんな感じで、感じた対象物をしっかり認識するようにしましょう。

そうすると知らないうちに覚えてて、植物の気を感じたときに、勝手に「イライラしてるおばさん」を思い出したりします。

感じるときに体で感じられる人は体でも手でも感じ、逆に手でしか感じられない人は手だけで良いです。

とにかく良いも悪いも感じまくりましょう。

電車なんて、いろんな人がいるので、感じる練習には持ってこいです。

ただ、電車の場合は、痴漢に間違えられないように気をつけてください。

治療家の場合

治療家の方の場合は、患者さんの体をスキャナーでスキャンするみたいに、右手でかざして、手のひらの感触を感じてみてください。

そのときに、悪い場所は、イヤな感じの独特な出方をしてます。

それを発見したら、多くの場合、その場所が悪いところですので、自分が持ってる治療技術で、その場所がどう悪いのかチェックして確認してみてください。

体で感じられない人は、手で感じるようにして、慣れてきたら、気を感じたときの体の感覚の変化を捉えていくと、体で捉えられるようになります。


そんなわけで感じまくりましょう。

こういうのって、職人技みたいなところがあるので、日頃の積み重ねが大事です。

ただ、感じられるようになったところで何に使うのでしょうね。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. みな より:

    大造さんこんにちは(・∀・)ノ

    メルマガ、毎日楽しみにしており楽しく読ませていただいています。

    いつもありがとうごさいます。(^o^)v
    暑そうですがお体お大事にして下さいё

    • D造 より:

      みなさん

      ありがとうございます!
      みなさんも夏バテにならないよう気をつけてくださいね!