原理原則に則れば大概のことはわかる

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

参院選が終わって落ち着くかと思ったら、今度は都議選なんですね。

早くガチャガチャした感じが落ち着いて欲しいです。

最近、ご紹介で治療家の方がお客さんで来てくださることが多く、私にとっても新しい刺激となり、新しい自分に気付かされてます。

物事を身につけるときに私は原理原則を掴むようにしているんですが、この原理原則の掴み方がまさか治療家の方に役に立つとは思いもしなかったって感じです。

というか、これまでこの原理原則の掴み方は誰でも当たり前にやってることだと思っていましたので、簡単に説明すればわかるだろうって思ってて、積極的に教えたことがなかったんですが、多くの人がわかってないことだと治療家の方と接していく中で知りました。

これは理系の人だったら当たり前に知ってることかなぁと思ったりするんですが、実際どうなんだろ、、、。

この原理原則の掴み方をするようになったのは、父親の下記の言葉がきっかけだと思っています。

「忘れないコツ」を教えようか?

覚えるから忘れる。

だから最初から覚えなければ忘れようがない。

覚えるんじゃなくて、理解しろ。

これを小学校2年生のときに言われました。

この言葉を聞いてから、覚えることをやめたら、小学3年生から国語と社会がアホくさくなって嫌いになってしまいました。

例えば、かけ算は足し算の延長、割り算は引き算の延長です。

これがわかれば、九九なんて忘れても足し算ができれば大丈夫です。

どういうことかというと、

例えば、2×3は「2を3回足す」という意味で、2+2+2という意味であり、足し算ができれば答えを導き出せます。

割り算の場合、6÷2は「6は2を何回引けますか?」という意味で、「1回目6-2で残り4、2回目4-2で残り2、3回目2-2で残り無し」って、3回2を引けるから答えは「3」なんですが、面倒ですが、こうやればかけ算割り算ができなくても、足し算引き算ができれば答えを出せます。

ですから、かけ算、割り算の原理原則を理解すれば、九九なんて覚えるのは無駄なことなんですが、学校ではこういうことを理解する前に覚えさせることをやらせますよね。

そんな感じですから、基本的に私は覚えるということをしません。

ですから、私は覚えた状態を長期的にキープするのが苦手なんです。

ですが、私は記憶力が良いと言われるんです。

でも、それは覚えてるからじゃなくて、理解しているからです。

slproImg_201607131024021.jpg

近所にイタリアンの食堂ができました。パスタの写真とランチセットで1000円です。かなりおいしいです。

slproImg_201607131024020.jpg

私はお客さんにいろんな相談を受けます。

ホント、ビックリするような相談を受けます。

「今度社長にプレゼンしないといけなくて、その場合どうしたら良いか?」みたいな質問もあれば、「旦那さん以外に好きな人がいて、旦那さんにばれないようにするにはどうすれば良いか?」とかね。

あとボイトレの先生に、「喉にひっかかるような声の出し方になっている人をどうやったらひっかけずに声を出せるようになるか?」とか、昨日なんて、治療家の方にYouTubeの動画を見せられて、その動画というのが、「松果体を使うようにすれば治療効果が上がる」みたいなことを説明している動画だったんですが、これはなんなのかと聞かれました。

そんな感じで、いろんな相談を頂いて、事前に備えようがないんですよ。

ですが、そういう問題も原理原則がわかってると、その原理原則に照らし合わせると答えに辿り着けるんです。

ただ、この原理原則というのは、感覚で掴んでるもので、言葉で説明した瞬間に原理原則ではなくなるようなものなんです。

で、私で言う「原理原則に照らし合わせる」ことを「叡智にアクセスする」なんて言ってるんじゃないかと私は思ったりしています。

この原理原則を掴むというのは、知らないことを知るというより、自分の中にある叡智みたいなものを原理原則として定義して、自分用に使い安くするという感覚なんです。

ですから、「かけ算は足し算の延長なんだ」ってのを知識的に知るというより、「それを感覚的にどういうことか掴む」と、叡智の一部が定義されたようになって、自分用の原理原則となって使えるようになるという感じなんです。

そのときの「それを感覚的にどういうことか掴む」というのが、私にとっては「理解する」ということなんです。

そうそう、最近、わかったことなんですが、この原理原則を掴むことが上手な人がいて、その掴み方に個性があるんですよ。

例えば、最近では合気スクールの先生が原理原則を掴むのがすごいんですよ。

で、その原理原則の掴み方は、先生のやり方を見ていると、私のやり方とほぼ同じなんですが、だけど、定義のされ方、捉え方がどうも違う感じなんですよ。

私の場合、論理的、言語的、知識的に掴むのが得意で、数学、物理な感じの捉え方なんですが、先生は感覚的、運動的、アート的な掴み方なんですよね。

もう少し言うと、原理原則を掴むと、先生の場合は最高のプレーヤーになり、私の場合はコーチもしくは評論家になるような違いなんです。

ですから、先生の場合は、短期間で合気の達人技を身につけてしまったり、写真をやれば、短期間で一流のプロカメラマンのような写真が撮れて、これはホントに凄いんですよ。

こういう違いが出てくるのは、性格とか好みの違いなんでしょうね。

そんなわけで、「原理原則を掴みましょう!」ってことなんですが、そんなこと言われてもわからないですよね。

この原理原則の掴み方は実は毎日書いてるんですけど、原理原則の掴み方を知ってる方にしかわからないんですよね。

ですが、あえて、最近、治療家の方が多いので、治療家の方が治療に役立つ原理原則の掴み方を明日の記事で書きます。

実際は言語化できるものじゃありませんので、言語化した時点で、原理原則の掴み方じゃなくなるんですが、50%ぐらいの正しさを目指して書きます。

骨が折れそうです、、、。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. ゆなりん より:

    こんにちは。
    がばい呼吸法興味ありますが、これって1カ月でできるようになる訳ではないのでしょうか?。
    個人差もあるでしょうがどれ位通えば会得出来ますか?

    • D造 より:

      ゆなりんさん

      コメントありがとうございます。
      興味を持ってくださってありがとうございます。
      説明が難しいのですが、ただ呼吸法をやりたいだけでしたら、下記ページを見てやっていただくだけで充分だと思います。
      感覚を高めていきたいとか、自分を高めていきたいという方がいらっしゃってて、長い方は2~3年通ってくださっている方もいます。
      ですので、会得みたいなものはなく、私自身も未だに新たな発見をしている最中です。

      ○呼吸法のやり方
      https://gabai59.net/howto/