ヒゲヅラの人は自己顕示欲の塊?

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

昨日、大学の友人のAyako Fujikiさんのコンサートにリコ様、マキ様を連れて行ってきたのですが、とても良かったです。

下記にリンクを貼りますが、ジャンル的にこういうのってなんと言って良いのかわかりませんが、ジョージウィンストンみたいな感じとか、映画とかCMで使われてそうな曲で、個人的にはとても好きでした。

コンサートのときにとても好きな曲があったのですが、曲名がわからずです。

余談ですが、バイオリンを弾いていた女性がAKB48の峯岸みなみさん(よりかわいかった)に似てて、気になってしょうが無かったです。

今日は思いっきり観念的な話を書きます。

「D造はそう思ってるんだなぁ」ぐらいの話半分で読んでください。

D造ワールド限定かもしれませんが私は「ヒゲを生やした人はダメだ」と宇宙の法則、絶対法則のように思っています。

私は最初に就職した会社はベンチャー企業に出資をして、株式上場を支援するのが会社だったんですが、最初に「ヒゲ社長、赤ネクタイ、ベンツはダメだ」って教わりました。

その会社の業界では、当時、「ヒゲ、赤ネクタイ、ベンツは自己顕示欲の現れだからダメだ」と言われていました。

そういう社長はある程度会社を大きくするかもしれないけど、自己顕示欲が邪魔して、上場できないと言われていて、だから、ヒゲを生やしてるだけで投資の審査が通りませんでした。

ですから、他の担当者は審査を通すために、社長にヒゲを剃るようにお願いしてる人もいました。

会社を大きくして、安定させるには、社会の公器(公共で役立つ存在)となっていかないといけなくなるわけですけど、自己顕示欲が強いと独り占めしちゃったりするってことなんですよね。

今は時代が変わって、ベンチャー企業でも上場できるようになってしまったので、社会が変わって、上場企業でもヒゲ社長はいると思いますから、現在は審査が通らないなんてことはないと思いますけどね。

ミドリとオレンジのインドカレー。すげーコントラストですよね。ルーが2人分ぐらいあって、シチュー飲んでるみたいでした。

ミドリとオレンジのインドカレー。すげーコントラストですよね。ルーが2人分ぐらいあって、シチュー飲んでるみたいでした。

で、この「ヒゲ社長はダメだ説」は私がいた業界以外でも、私が懇意にさせてもらって尊敬していた社長さんたちも言ってたんですよ。

そんなわけで、私はそれから「ヒゲ社長はダメだ」って思っているのですが、そのせいか、それからヒゲ社長に留まらず、ヒゲを生やしている人と関わるとロクなことにならなかったんですよ。

もちろんヒゲを生やしていない人でもダメな人はいるんですよ。

だけど、ヒゲヅラは漏れなくダメなんです。

過去にこの人は大丈夫かなぁって思うようなヒゲヅラの人もいたんですが、深く関わるとやっぱりダメなんですよね。

肝心なところで狂うんですよ。

ですから、私がこれまで関わってきた人でヒゲヅラで信頼関係が築けた人は一人もいないんですよ。

深く関わらなければ別に問題はないですが、利害絡む場合はヒゲヅラは避けます。

これは私がヒゲを生やすような人と性格が合わないだけかもしれませんから、D造ワールドにおいての宇宙の法則だと思っています。

ただ、実際は別にヒゲヅラを避けてるわけではなく、警戒してるぐらいなんですが、でも、私が信頼する人が紹介してくれる人はみんなしっかり剃ってるんですよね。

で、このヒゲの話は、私の周囲の人は同意してくれるんですよ。

不思議なもんで、私的にこの人違うなぁって思ってたりすると、その人の周りにヒゲヅラの人が多かったり、Facebookやブログでヒゲヅラの人の活動を応援してたりするんですよ。

だから、「ほら!またか!」ってなります。

最近で言えば、参院選で話題呼んでるヒゲヅラの人がいますが、この人ね、横揺れのエネルギーをガンガンに使うんですよ。

洗脳好きの鬼型人間の特徴ですよね。

そうなるとキラキラしたゾンビ型人間は横揺れのエネルギーが好きですからね。

感情的に煽られて、Facebookなんかでガンガンにシェアしまくってますよね。

そんなわけで、今日は観念的な話ですので、話半分ぐらいでお願いします。

個人的にはこの観念を破壊するために、この法則を打ち破るヒゲヅラの人にお会いしたいです。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. あさこ より:

    こんにちは。
    いつも楽しく読ませていただいてます。
    ヒゲヅラ説、大変面白いですね。

    ところで、このヒゲヅラ説に乗っかると某日本アニメの巨匠監督(元監督?)などヒゲがアイコンみたいなものですが、D造さんから見るとどう思われますか?

    インタビューとか見てると威圧的で怖い人で、上司になったらさぞ辛いだろうなー…と思っていたので、ちょっと尋ねてみたくなりました。

    また、ヒゲにも色々タイプがあると思うのですが、整えてるタイプや、チョビヒゲタイプ、濃すぎて1日青くなる様なタイプなどあると思うのです。そこに差はありますか?

    面白いテーマなので、ちょっと好奇心までにコメントさせていただきました。

    • D造 より:

      あさこさん

      コメントありがとうございます。
      そういう意味ではヒゲは生やす理由が大切なんですよ。
      そして、別にそうしたい人はそうすれば良いと思います。
      そういう態度が芸術を生む場合もありますしね。
      だから、どういうヒゲがどうというのはよくわかりません。

  2. 成田祐樹 より:

    面白かったです。
    某候補のくだりは「あーやっぱりそうなんだ」と思いました
     
    ところで、本人が「はい、自己顕示欲あります」って公言している場合って、どうなんでしょうね? 

    • D造 より:

      成田さん

      いつもありがとうございます。
      「自己顕示欲があります」ってのが自己顕示欲だったりしますしね。
      そういう意味ではこの記事を書いたこと自体も自己顕示欲の現れだったりします。
      友人関係であれば、自己顕示欲のある人はそれがキャラクターとして面白かったりするんですよね。
      ですから、どういう関係か、どういう状況の中でそれを見せるかということだと思います。