感覚脳というのは特殊能力ではなく、子どもの頃は普通に使っていたんです

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です。

本日は朝から散髪のため電車で1時間ほど揺られて、床屋のそばにいます。

最近、えぐるような話が多かったので、ライトな話を書きます。

と、思ったんですが、そう考えると書くことがないです。

最近は感覚脳の使い方を徐々にレッスン中に教えているのですが、使うにもレベルというか、いろんな段階があるんですが、簡単なレベルでしたら、すぐに皆さんが使えるようになってきてます。

そしたら、私が以前から言ってるスピリチュアル系にありがちな「微妙な上から目線の物言い」が何を言いたいかわかってくださる方が出てきました。

今まで「微妙な上から目線の物言い」について書くと、「お前だって上から目線だろ!」ってツッコみが入ってたのですが、私の場合は、一部の人に向けた、天から見下ろすような上から目線であって、「微妙」じゃ無いので、言いたい事と違うんですよね。

こういうニュアンスが伝わるようになってきたのはうれしいですね。

ビミョーな上から目線の文章ってなに?
ビミョーな上から目線の文章ってなに?
今日はどうでも良い、とりとめの無い話を書きます。 ブログをこうやって毎日書いてますが、かなりいろんなことを気にして書いているのですが、そのせいか、人の文章がとても気になります。 行間というんでしょうかね、文字の裏側にあるニュアンスみたいなものがよくわかるんですよ。

感覚がわかっていただけるようになると話が速くなるんですよ。

だからめっちゃ話がしやすいんです。

ニュアンスがよく伝わるんですよね。

今までニュアンスが伝わらなくて、そのニュアンスを伝えるのがたいへんだったんですよ。

そのニュアンスを伝えるだけで、いろんな言葉や例え話を使って、話をしないといけなくて、散々話をしても、あんまり伝わらないんですよね。

だから、わかってもらおうとしつこく説明していると、説教してるみたいになってしまって、話がややこしくなることもしばしばで、、、。

そうやって感覚が使えるようになると、人と話をしていても、なぜか言葉以上のことがわかったりするんですよ。

ですから、

・会社の部下と話をして、部下が何を言いたいのかよくわかるようになった

・思考が広がる感じがあって、物事を考えるときに、今まではループしていたけど、ループしなくなって、より考えられるようになった、考えるのが面白くなった

という感じのことをおっしゃったりします。

ひさしぶりに親子丼を食べました。激うまでした。

ひさしぶりに親子丼を食べました。激うまでした。

私が物事を考えるときの考え方というか、答えを導き出すときに、いろいろ視点を変えたり、物事をひっくり返して考えてみたり、自分に当てはめたり、他人に当てはめたりして考えているんですが、それがどういう感覚かわかっていただける方も出てきたんですよ。

別にひっくり返しているわけではないんですけど、言葉で言えば、そういう説明になるんですが、わかってもらえるんですよね。

あと、例えば、買い物をして物を選ぶときに、それを使ってるときのイメージをしながら、自分の気分を変えてみたりして、物を見てみると、その物が必要かどうかよくわかるんですよ。

で、自分がやりたいことを見つけるときも、この感覚がわからないと、多くの人が今の気分で判断するから選べないんですよ。

で、これらの感覚は、実際には言葉で説明しにくくて、だから、話をしながら、話の中にあるニュアンスを掴んでもらうしかないんですよね。

「この感覚」は、特殊能力でもなんでもなくて、小さいころに当たり前に使っていた感覚なんですよ。

それが、学校で勉強したり、大人になっていくうちに、使わなくなってしまった感覚なんですよね。

だから、感覚脳を使う脳トレは特殊能力の訓練でもなんでもなくて、退化した能力を復活させるようなものなんですよね。

ただ、使わなくなった感覚を戻すには、一朝一夕にはいかなくて、脳トレをしながら、そういう感覚を日頃使うようにしていくと、段々と使えるようになっていくものなんですよね。

だけど、そういう感覚脳が使えるようになっても、人生がうまくいくわけではありません。

自動車のドライブで言うなら、感覚脳が使えるというのは、自動車を整備して正常に走るようにするようなものなんです。

自動車が正常に走るようになっても、運転手が運転しなければ、自動車が勝手に走ってくれるわけではないんです。

だから、行動することが大切なのは変わらなくて、行動しなければ感覚脳が使えるようになっても使えてないのと一緒なんですよね。

この感覚脳の脳トレのやり方は、感覚脳が使えてる人からすればわかるんですが、使えてない人が使えてるかどうかの検証法がないので、やり方を説明してもできてるかどうかがわからないんですよ。

そうなるとやり方を書いても間違った形でできたつもりになってしまう可能性があるために書けません。

でも、いつかは書けるときがくるかもしれません。

そのときにすぐに脳トレがやれるようになるように、前進ガバイ呼吸法を日頃やってください。

早く知りたい方はレッスンを申し込んでください。

ちなみに今日(2016/06/23)現在、個人レッスンは平日の夜がいっぱいでして、平日の日中と土日はいくらか空きがあります。

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
個人レッスンがしばらくキャンセル待ちでしたが、あと1名様だけお申込みを受け付けます。
ご興味をお持ちの方はこのタイミングでぜひお申込みください!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

感覚脳というのは特殊能力ではなく、子どもの頃は普通に使っていたんです
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!