人にアドバイスをもらって実行するときにそのアドバイスのニュアンスごと実行できるかもポイント

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

クリスタルボウル関係で有名な友人がいて、昨日はその人と打合せをしまして、盛り上がり過ぎて、5時間かかってしまいました。

その友人はクリスタルボウルが今みたいにメジャーになる前からやってて、そこらの人が単なる癒やしとしてやってるのとは全く別次元なんですよ。

もうね、その友人の演奏は多くの人が想像するクリスタルボウルじゃないですよ。

ぶっ飛んでます。

どこまで話をして良いかわからないんですけど、その友人の生き方もぶっ飛んでて、そういうところがぬるくなくて、好きなんですよね。

こういう言い方をしてはあれですけど、癒やしでやってる奏者とはわけが違って、クリスタルボウルに命がけなんですよ。

で、昨日の打合せは、いろいろあってのことなんですが、脳の活性化にクリスタルボウルが使えるんじゃないかと思ってなんです。

ちなみに彼は天才脳です。

まだどうなるかわかりませんが、良い形にできたらなぁと思います。

ところで最近、脳の感覚を教えるようになってわかって来たことなんですが、転職だったり、婚活だったり、また、治療家の先生だったら、治療効果だったりで、すぐに結果を出せる人と出せない人がいて、それがなぜかわかってきました。

例えば、転職の仕方についてアドバイスをするんですが、全くやらない人は論外なんですが、言われたとおりに皆さんやるんですが、私が思ってたような結果が出る人と出ない人がいるんですよ。

それも感覚脳の違いなんだとわかりました。

例えば、料理をして、「塩を少々ふる」という行為があったときに、塩をふるにも程度があるわけです。

その振り方によって味が違ってくるんですが、そこの「少々」のニュアンスを拾えるかなんですよね。

で、ちょっとでもニュアンスを拾えると良いんですが、全く拾えてない人が多いんですよ。

言われたとおりにやって、私が思ったとおりの結果を出す人は、そのニュアンスも含めて、行動されるんですよね。

だから、出るんですよ。

このニュアンスを拾うのは、感覚脳を使えるかどうかなんですよね。

ちなみに、私はニュアンスを拾うのはできるんですが、おおざっぱなんですよ。

繊細さがない、、、。

その繊細さは身につけたいけど、1トンを量れる計量器で、0.1gを計測するようなもので、無理なんですよ。

1トンを量れる計量器というのは、計量するときの台を支えるバネ?が1トンに耐えられるほどに強いから、0.1gを載せてもピクリともしないわけですが、そんな感じなんです。

だけど、ある一定の重さ以上はしっかり量れる感じなんですよね。

だから、管理部の仕事をしているときに、例えば、月単位以上の集計はできるけど、週単位や日単位の集計はできなかったんですよ。

日単位のことをやり出すと、抜けがめちゃくちゃ出るんで、それは部下にやらせてました。

で、私は月単位以上のことに関しては神がかってたんですよね。

slproImg_201606100843140.jpg

忌野清志郎氏の行きつけだったと言われる喫茶店で朝食いただきました!!

ということで、ニュアンスもくみ取れるかがポイントなんですよね。

最近、時給1100円のアルバイト生活で貧しい生活をしている方がいて、転職の仕方についてアドバイスしたら、伝えたかった空気感のまま活動

してくださったらしくて、ボーナスも出るような良いところにあっという間に就職されたんですよね。

あと女性で婚活頑張ってる方がいたんで、こうした方が良いって言ったら、そのままやってみたら、彼氏できちゃって、、、。

まぁ、このニュアンスってできる限り説明してるんですが、なかなか言語では説明できないんで、感じ取ってもらうしかないんですよね。

そんなわけで、感覚脳使いたいですね。

感覚脳を使うにはパワー脳を鍛えないとですね。

パワー脳を鍛えるには前進ガバイ呼吸法が良いですよ。

ぜひやってください!

記事とは全く関係ないですけど、これかっこいいです!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!