感覚脳と右脳は別物!数字の計算もパズルも感覚的に捉える

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

昨日、実は私の開業記念日でした。

すっかり忘れてましたが、開業して3年が経ちました。

早いです。

これからもっと皆さんのお役に立てるように精進いたします。

引き続き、よろしくお願いします。


1ヶ月ぶりに個人レッスンの新しいお客さんの募集を受け付けます!(2016/6/2現在)

興味がある方は下記よりお申込みください!!


さて、友人やお客さんと話をしていましたら、私が当たり前だと思っていることが全く当たり前じゃなかったりすることがあります。

つい最近、パズルを解くときの解き方というか考え方が他の人と違うというのがわかりました。

例えば、5月の電気料金の請求金額が3,174円だったんですね。

私は4桁の数字を見て、4つの数字を加減乗除して10にする計算をするのが好きなんですが、私はほとんどが1秒ぐらい、遅くても数秒で解けるんですね。

どういうことかというと、

(7-4)×3+1

とすれば10になりますよね。

また、私の携帯番号の下4桁「7852」の場合

5×2×(8-7)

とすれば10になります。

こんな感じのことがしたくなるんです。

で、この4桁の数字の計算の法則性みたいなものが頭に入っているんだと思うんですが、数字4桁を3Dを見るような感覚というか、数字を見てるようで見てないような感覚で捉えると、答えが出てくる感じなんです。

違う言い方で言えば、ごちゃごちゃになった数字を違和感がないように並べ替えるように整理してあげるような感じにしてる感じなんです。

ですから、数字を計算してみたり、いわゆる考えるようなことをして答えを出しているわけではありません。

そんなわけで、4桁の数字を見ると、ごちゃごちゃしてる感じがして、整理したくなるというか、法則性を持たせたくなるんです。

これ変態ですよね。

たぶん、多くの人は意味が分からないですよね。

また、下記のような数独と呼ばれるパズル(数独)があったとしたら、私はこの手のやつを解くのが好きなんですが、こういうのも3Dを見るような感覚で解いていってます。

その時の感覚というのは、何と言って良いかわからないんですが、この問題の法則性というか、流れというか、パターンというか、原理原則というか、そういうのを捉えて、その捉えた感覚を頼りにして、感覚に則って、あとは作業で淡々とやっていくだけなんですね。

だからだと思うのですが、この手のやつを解くのは速い方なんですね。

で、私は感覚的な物を言語化するのがどうも得意なようなんですが(自分では得意という感覚がない)、その言語化をするときに使っている感覚も、この4桁の数字だったり、数独を解くときと全く同じような感覚で捉えています。

人の話を聞くときもそんな感じで聞いています。

そうすると、答えのようなものが自然と浮かんで来る感じなんですね。

ランチを食べに行ったらランチメニューのほとんどが仕込み中という不思議な店に行きました。

ランチを食べに行ったらランチメニューのほとんどが仕込み中という不思議な店に行きました。

で、ですね、最近、わかったのは、この感覚は全部、感覚脳で処理しているんです。

感覚脳で処理しているので、考えているようで考えていない感覚で物事を捉えています。

で、こういう問題を感覚脳ではなく、思考脳を使って問題を解こうとすると、知ってることは解けるけど、知らないことは解けない感じになって、1つ1つ当てはめて、潰していくような感じで問題を解く事になるんじゃ無いかと思うんです。

ちなみに、私の場合、ここ最近、自分がどこの脳を使ってるかわかるんですが、そのときは使ってる部分の温度(実際は温度じゃ無いと思う)、刺激みたいなものが違ってくるんですね。

それでどこを使ってるか判断していて、人と話をしていても、刺激される脳の部分が人によって違います。

ですから、この感覚脳というのは、右脳のことではありません。

右脳というのはどうも学術的には根拠が無いようですが、私が言ってる感覚脳というのは、どちらかというと、脳の後ろ側です。

わからないことから答えを導き出すように考えるには感覚脳が必要です。

そして、ビジネスシーンで、問題を解決していこうとすると、感覚脳を使って答えを導き出すようにしなければ、なかなか問題解決ができず、新しく何かを生み出すようなこともできなくて、言われた事だけをするような感じになってしまうと思います。

感覚脳ではなく、思考脳で物事を捉えると、わからないことなのに、知ってることを当てはめるように考えてしまい、知ってることに当てはまらなかった場合、パニックのようになってしまいますからね。

ですから、恐らく、創造するようにバリバリとビジネスの現場でやってる方というのは、この記事を読まれたら、「あー、その感覚わかる!わかる!」って思われるんじゃないかと思います。

そんなわけで感覚脳を使うのは大切です。

長くなってきたのであれですが、最近、感覚脳のトレーニング法がわかってきて、お客さんにやってもらってるので、次回の記事ではどういうトレーニング法かを書いてみます。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!