凡才視点で天才を見たら、発達障害や非常識野郎に見えたりする件

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

D造です。

今日は世界平和貢献活動の日ですが、そんな日にブログを更新して良いのかとドキドキしています。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。

昨日、「天才と秀才と凡才はそれぞれ脳の使い方が違う件」という記事を書いたのですが、通常であれば連休中日で、アクセスが落ち込む上に、また、私としては大して面白くない記事だろうと思って書いたのですが、アクセスがいつも以上でビックリしました。

これは平日に書いてれば跳ね上がっていたかもしれませんね。

それにしても、未だにどういう記事がアクセスが増えるのかよくわからないです。

天才と秀才と凡才はそれぞれ脳の使い方が違う件
天才と秀才と凡才はそれぞれ脳の使い方が違う件
ここ最近、いろんなことが重なって、自分が脳のどの部分を使ってしゃべったり、考えたりしているかがわかるようになってきました。 これから書く事は私が脳のどこを使っているかわかるようになったことでわかったことと、人に教えてもらったことを混ぜて書きます。 この世の中には天才タイプの人と凡才タイプの人とがいるようです。

昨日の記事は天才か凡才かを決めるのは「感覚を司る感覚脳」を使えるかどうかと書きました。

また、少し前に「私たちは気を抜けば過去を見て生きている。しかし、成功する人は未来を見て生きている。」や「脳があなたを騙している」という記事では、「過去の出来事との照合作業をしてしまって、今を認識していない」といったことを書きましたが、これは「論理や思考を司る思考脳」の仕業です。

ですから、感覚脳を使っていないと今を認識することができないということです。

ということは、凡才は過去の中に生きているということになります。

私たちは気を抜けば過去を見て生きている。しかし、成功する人は未来を見て生きている。
私たちは気を抜けば過去を見て生きている。しかし、成功する人は未来を見て生きている。
私たちは常に目の前で起こる現象に対して判断をくだしています。 それは私たちが危険を回避して、死なないようにするためであり、生命を守るためにそうしています。

脳があなたを騙している
脳があなたを騙している
過去の記憶の照合作業をしていると、自分が考えて出した答えが自分が考えたことのように感じていても、過去の記憶にある「正解と思われる情報」を出してしまいます。 ですから、多くの人が初めてのことをするときに「正解が欲しい」という想いが湧くと思いますが、それは過去の記憶の照合作業をしていると、そういう想いが湧いてきます。

ただ、凡才が感覚脳を使ってないかというとそうではないんです。

例えば、天才が日頃、思考脳を10、感覚脳を50使ってるとしたら、凡才は思考脳を50、感覚脳を10みたいな感じの使い方という感じです。

ですから、凡才は時々今を認識しています。

ちなみに、「思考脳」は記憶や常識を司ります。

ですから、思考脳は常識的な人が多いです。

また、記号を覚えるとか、人の名前を覚えるというのは、天才より優れていたりします。

天才は物事を感覚脳で捉えるから、感覚が働かない記号などの記憶(丸暗記)が不得意だったり、また常識に囚われてなかったりします。

ですから、過去の天才と呼ばれる人が発達障害などと言われたのは、そういう特性だからじゃないかと思います。

つまり、天才は凡才視点で見たら、障害者やキチガイ、頭が悪い人に見えるということですね。

そう考えると、子育てされてる方で、お子さんがアスペルガー症候群やADHDだったり、また引きこもりで悩んでらっしゃる方がいるかもしれませんが、そういうお子さんは天才タイプの可能性があるということですよね。

こう言ってはなんですが、学校で教えてることなんて、バリバリ思考脳教育ですから、感覚脳の天才タイプからすれば、違和感があって、無理だと思いますね。

学校で教えてることなんて、型に当てはめることだけですから、天才を潰すようなことをしているわけですからね。

最近、中華そばにハマってます。

最近、中華そばにハマってます。

私は感覚脳を使えるようになってから、会話の中で思考脳バリバリの反応をされるとイラッとするときがあります。

例えば、私が「これは黒に近いグレーだよね」みたいな感じで、その「グレー感」は感覚でしか捉えられなかったりする話をしていると、思考脳の反応は「わかるわかる!黒だよね〜」みたいな返事が返ってくるんですよ。

そのときに「違うっつーの、グレーはグレーだよ!」ってイラッとするんですよね。

学校の教育なんて、「黒だよね〜」みたいなことを教えまくるんですから、感覚脳を使える子どもだったら、物事がよくわからないし、受け入れるしかないから、めちゃくちゃ混乱すると思いますね。

みんながそんな反応をするわけですから、「そりゃー、不登校になるわ!」って思います。

ちなみに「悟り体験」、「覚醒体験」、「見性体験」というのは、思考脳ベースの生き方から感覚脳ベースの生き方にスイッチすることを言っていると思います。

目の前で起こってる現象が、思考脳では処理できないほどのことが起こって、思考脳が一時的にシャットダウンしたように、強制停止してしまうんです。

そうすると一時的に感覚脳で物事を捉えることになります。

そしたら、思考脳より、感覚脳の方が感覚的で情報が多いから、ぐわーっと開けたようになるんですが、ただ、すぐに思考脳が働き出すから、感覚脳を使った感覚の余韻を思考脳で認識して、そうなるとビックリしたようになって、感動したようになるんだと思います。

「私は悟り体験をした」と言ってる人は、そのときのことを言ってるんだと思います。

ですから、みんなそういう体験をした人というのは、一時的に感覚脳を使うから感覚が鋭くなって、「光を見た」なんて言うんでしょうね。

ただね、悟り体験をしたという人は、やはりそういう体験をしたんでしょうけど、そのあとは思考脳でしゃべってたりします。

ですから、体験は本物かもしれませんが、話はデタラメですね。

結局、「黒だよね〜」みたいな話をしちゃってます。

思考脳の話で、感覚脳を刺激することはできませんから、そんな話を聞いたり、リトリートとか言ってわけのわからないお高い長期セミナー行っても意味がないです。

そんなことより天才とAKB48の握手会に行って、ワイワイやった方が遙かに価値があります。(握手会じゃなくても良いんですが、、、)

会話しなくても、一緒にいるだけで感覚脳が刺激されますからね。

以上です。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!