私たちは気を抜けば過去を見て生きている。しかし、成功する人は未来を見て生きている。

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

とりあえず落ちついてます。


○前進ガバイ動画

チャンネル登録者数があと10人で100人!!(2016/04/13現在)

あと少しですので、登録にご協力ください!!


私たちは常に目の前で起こる現象に対して判断をくだしています。

それは私たちが危険を回避して、死なないようにするためであり、生命を守るためにそうしています。

そのときに、私たちが不安や心配を感じるのは、「危険」と判断した場合ではなく、「わからない」と判断した場合に不安を感じます。

「危険」と判断した場合は、回避すれば良いわけで、危険を回避できるかわからないときに不安を感じます。

ですから、私たちの脳は、ある意味で「わかる」か「わからない」かを判断しているということです。

「わかると判断できる」ということは、知っている、経験済みということです。

ですから、私たちの脳は目の前の現象を過去に経験した物かどうかを照合していると言えます。

例えば、東京に住んでいると電車が時間通りに来るかどうかが不安になることは基本的にありません。

それは「東京の電車はほとんどの場合時間通りに来る」ということを体験上知っているからです。

ですが、バスの場合、時刻表で時間を確認しても、時間からちょっとでも遅れると本当に来るんだろうかと不安になることがあります。

バスの場合、交通渋滞で遅延することもあるので、時間通りに来るかどうかわからないから不安になるわけです。

ということは、、、私たちは常に脳が「わかる」か「わからない」かを照合していて、それは過去と照らし合わせているということであり、そして、私たちが大丈夫と感じているそれは過去に「大丈夫な経験をしている」ということであり、平和に生きようとしたり、不安を回避するように生きていると、結果として、過去の中に生きることになるということです。

先日、友人のお父さんが亡くなったので、お通夜に行ったんです。

そしたら、あるAさんに「えっ?友人のお父さんのお通夜に行くの?そんなにお父さんと親しの?」って聞かれたんです。

結局、そのAさんが言うには、お父さんと付き合いが無ければ通常は行かないものらしいんです。

私は友人がいろいろあってお父さんを本当に大切にしていたのを知っていたので、私はお父さんのことはよく知らないけど、顔を出せば友人の気持ちが少しでも軽くなるかと思っていったんです。

まぁ、Aさんの言ってることが常識なのかは知りませんが、Aさんの過去の体験ではそういうことなんでしょうね。

ですから、Aさんが私の立場だったら、常識で行くべきかどうかを判断されるということになるんじゃないかと思います。

それが間違いだとは思いませんが、もし常識で照らしていたら、相手がどうかは関係なく、過去を見て生きることになります。

よく頭の中で思考がグルグルして、次から次にいろんなことが気になって集中できないという方がいます。

それは、「失敗したくない」とか、「トラブルに巻き込まれたくない」と思って生活しているから、頭が常に過去の知識と照合しまくって、大丈夫かどうかを判断しまくってる状態です。

もう少し言えば、過去と照合しまくってるうちに、自分が過去と照合していることに気付けなくなり、無意識に過去を照合しまくってる状態になって、無意識だから止められないんです。

ちなみに過去との照合作業に明け暮れてる人は、自分が信じてるものと違うことが起こると不安になるものだから、その不安を落ち着けるためにその違うことを叩きたくなります。

世の中のいろんなことをバッシングする人というのは、過去との照合作業に明け暮れてる人ということです。

ゆでたろうの朝食セット。これで360円はスゴくない?

ゆでたろうの朝食セット。これで360円はスゴくない?

そんなわけで、過去との照合作業に明け暮れてると、「過去との照合作業=考える」になってしまっていて、「考える」ということができなくなってしまいます。

例えば、上記のAさんというのは、友人のお父さんが亡くなって、葬儀に行くべきかどうかを考えるときに、考えているようで、常識と照らして判断しているということになります。

そして、「考える」がわからなくなると、自分が何をしたいかがわからなくなってしまいます。

過去の知識や経験、常識との照合作業ばかりしている人は、そうすることが「考える」ですから、自分が何をしたいかを「考える」と、自分がこれまでやってきたことのなかで楽しかった事などを洗い出して、「今からもう一度経験したいことはあるかなぁ」って探している状態になります。

これまでにやってきたことのなかで、楽しかった事があれば、考えなくてもやっているわけで、それなのに、過去の経験の中から探し出そうとするわけです。

そんなことをしていたら、自分が何をしたいかなんてわかるわけないです。

恐らく、悟り体験、見性体験というのは、こういう脳の過去との照合作業が何らかの衝撃によってストップして、現在を認識することを言ってるんだろうと思います。

私も過去との照合作業をしてしまっていることに気付いてないことがあります。

ですから、私は常に自分が考えているそれが過去との照合作業なんじゃないかと疑っています。

そして、私の想像以上のことが起こると脳がクラッシュしたようになります。

酷いときはわけがわからなくなって混乱することもあります。

ただ、クラッシュして、落ちついてくると、今この瞬間を素直に認識して、自分が囚われていた事に気付いたり、また目から鱗が落ちるような感じで、いろんなことがわかったりします。

ある種の覚醒ですよね。

不安や心配でいっぱいの人は、「失敗したくない」という想いがあるから、過去との照合作業に明け暮れて、照合作業が追いつかない状態だと思います。

そういう人は、勝手に、過去の通りになると思い込んでいるだけで、そして、過去の通りになることが安定、安全だと思い込んでるだけです。

ですけど、冷静に考えてみてください。

未来というのは、過去の通りになるかどうかなんて、何一つ保証は無いんです。

で、ここまで言っておいて、「じゃあどうすれば良いんだよ!!」ってことになるんですが、

とりあえず、落ちつこう!

とりあえず、前進ガバイ呼吸法でもやって落ちついてください。

私たちは未来に向かって生きているので、全てのことがどうなるかわからないんです。

どうせわからないんですから、わからないままにして、とりあえず落ちつきましょう。

落ちつくまで時間がかかるかもしれませんが、その場合、焦らずゆっくり落ちついていってください。

で、落ちついたあとのことについては、いろいろあるんですが、簡単に言えば、常識破り、型破りな人とたくさん接して、自分の中にある常識や知識をクラッシュしてもらいましょう!!って感じですかね。

そんなわけですから、長々と書きましたが、今日言いたい事は、

とりあえず落ちつこう!!

ってことです。

たったこれだけのことを言うために、長々書きました。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. syo より:

    今日の記事は心の底から納得できました。これが腑に落ちたということなんだと思います。途中の「とりあえず落ち着こう!」がツボでした。自分の心の中がどうなってるのか少しわかりました。わかりやすく解説いただき、ありがとうございます!!

    • D造 より:

      syoさん
      コメントありがとうございます。
      お役に立てたようで良かったです。
      まずは落ちつくところからですよね。